国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

館外での出版物

世界史の中のアラビアンナイト

2011年12月27日刊行

西尾哲夫 著

NHK出版

出版物情報

主題・内容

本当に中東生まれの物語なのか?
私たちにとって中東世界をのぞき見る「窓」となっているアラビアンナイト。しかし、この物語集を今日まで伝世させたのは、魔法が横溢する中東風の異世界幻想ではなかっただろうか。中東に萌芽し、西欧植民地主義によって変容した世界文学の成立過程を、世界史のダイナミズムの中に描き出す。

目次

序章 エブリマンズ・アラビアンナイト
第1章 アラジン、アリババ、シンドバード
第2章 アラビアンナイト成立史
第3章 光は東方より―ガラン版
第4章 東方の夢―失われた写本を求めて
第5章 インドへの道―征せよ、ブリタニア
第6章 エジプト系伝承の集大成―ブーラーク版
第7章 オリエンタリズムの文学的結実―マルドリュス版
終章 シェヘラザードをめぐって―世界文学への道
参考文献
本書関係年表
翻訳本・刊行本の対照表
あとがきに代えて―日本のアラビアンナイト