国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

館外での出版物

言葉から文化を読む――アラビアンナイトの言語世界(フィールドワーク選書15)

2015年8月31日刊行

西尾哲夫 著

臨川書店

出版物情報

主題・内容

「アラブの春」に連なる昨今の中東事情とアラビア語をめぐる複雑な社会状況を詳述しながら、アラブ文化、中東イスラーム世界の深部へと分け入り、人びとの世界観を明らかにしていく。言語学の理論では説明できない現象が次々とおこる現場で、言語学者は何を感じ、何を考えたのか。アラビアンナイト、ベリーダンス、シェイクスピア・・・・言語研究のフィールド調査が拓く、壮大な研究世界!

目次

はじめに アラブ世界でのフィールドワーク
第一章 カイロの日本人留学生――アラビア語が通じない!
第二章 シナイ半島の遊牧民――山の民ジバーリ部族
第三章 アラビアンナイト――中東と西欧の合わせ鏡
第四章 ベリーダンス――音文化をめぐって
第五章 沙漠のシャイロック――アラブ社会の異人観
第六章 言語と文化はどうかかわるのか?――新しい視点を求めて
あとがき