国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

館外での出版物

部分的つながり([叢書]人類学の転回)

2015年11月20日刊行

マリリン・ストラザーン 著、大杉高司、浜田明範、田口陽子、丹羽充、里見龍樹 訳

水声社

出版物情報

主題・内容

今日、最も大きな影響力をもつ人類学者の理論的主著。メラネシアのイニシエーション、カヌー、笛、小屋、仮面、編み袋、樹木、ヤム畑などの事例をもとに私たちが自明視する人・事物・自然の対立に揺さぶりをかける。

目次

人類学をかく
部分的つながり(新版への序文)
謝辞
I 人類学を書く
1 喚起としての民族誌
2 複雑な社会、不完全な知識
1 フェミニズム批評
2 侵入と比較
II 部分的つながり
1 木と笛は満ちみちて
2 中心と周辺
1 歴史批評
2 人工器官的な拡張
原注
訳注
参照文献
固有名詞索引
『部分的つながり』というサイボーグ――部分的な訳者あとがき