国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

民博通信

『民博通信』は、本館において現在計画中、および進行中の研究について、その学術的な特色、独創的な点、期待される成果などを、研究者を中心に広く発信するのが目的です。使用言語は、日本語です。年4回発行。

お問い合わせは、国立民族学博物館 編集室まで。
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
Fax: 06-6878-7503
email: hensyu@idc.minpaku.ac.jp

民博通信

2016 No.155

評論・展望 手話言語学が拓くコトバの研究の未来
2016年12月26日発行

バックナンバー

評論・展望

手話言語学が拓くコトバの研究の未来

菊澤律子

研究プロジェクト

アイヌ民族資料の活用のために

基幹研究 民博が所蔵するアイヌ民族資料の形成と記録の再検討
齋藤玲子

日本の文化展示場における資料情報の活用に向けて

基幹研究 日本の文化展示場関連資料の情報公開プロジェクト
日髙真吾

悪魔を懲らしめるチベットの護符

共同研究 チベット仏教古派及びポン教の護符に関する記述研究
脇嶋孝彦

「表象」という視点の持つ力

共同研究 表象のポリティックス―グローバル世界における先住民/少数者を焦点に
窪田幸子

ビールを飲むジャガーの人類学的生息地

共同研究 エージェンシーの定立と作用―コミュニケーションから構想する次世代人類学の展望
杉島敬志

スペイン帝国の文書流通プロセスを支えた力

共同研究 近代ヒスパニック世界における文書ネットワーク・システムの成立と展開
吉江貴文

ソースコミュニティと共に考える資料収蔵と取扱いのあり方

共同研究 米国本土先住民の民族誌資料を用いるソースコミュニティとの協働関係構築に関する研究
水谷裕佳

海外研究動向

障害研究の世界的展開

戸田美佳子

芸能のグローバルな伝播・発展に関する研究動向

竹村嘉晃

研究情報

研究成果の公開

みんぱくのうごき

お問い合わせは、国立民族学博物館 編集室まで。
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
Fax: 06-6878-7503
email: hensyu@idc.minpaku.ac.jp