国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

民博通信

『民博通信』は、本館において現在計画中、および進行中の研究について、その学術的な特色、独創的な点、期待される成果などを、研究者を中心に広く発信するのが目的です。使用言語は、日本語です。年4回発行。

お問い合わせは、国立民族学博物館 編集室まで。
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
Fax: 06-6878-7503
email: editorial★minpaku.ac.jp
★を@に置き換えて送信ください。

2018 No.163

評論・展望 イスラームの語源は「平和」か ─中東地域における文化資源の現代的変容と 個人空間の再世界化の研究にむけて
2018年12月28日発行

バックナンバー

目次

評論・展望
イスラームの語源は「平和」か─中東地域における文化資源の現代的変容と個人空間の再世界化の研究にむけて
西尾哲夫
研究プロジェクト
データベースの自由検索が不自由なとき─標本資料の検索を変える一試み
基幹研究●朝鮮半島関連の資料データベースの強化と国際的な接合に関する日米共同研究
太田心平
現代日本の看取りに「文化」という語の使用は可能か
共同研究●現代日本における「看取り文化」の再構築に関する人類学的研究
渥美一弥
ドメスティケーションが生起する条件─しない/できない事例から考える
共同研究●もうひとつのドメスティケーション―家畜化と栽培化に関する人類学的研究
卯田宗平
紛争下の文化遺産─復元を考える
共同研究●考古学の民族誌―考古学的知識の多様な形成・ 利用・変成過程の研究
山藤正敏
リスクと不確実性の対立を超えて
共同研究●確率的事象と不確実性の人類学―「リスク社会」化に抗する世界像の描出
阿由葉大生
移ろいのなかで育まれる人と知
共同研究●個–世界論―中東から広がる移動と遭遇のダイナミズム
齋藤剛
共感の当事者性・生成する主体の当事者性・方法としての当事者性
共同研究●放射線影響をめぐる「当事者性」に関する 学際的研究
関礼子
海外研究動向
現場と研究者をつなぐ─韓国農楽の2010年代の研究動向
神野知恵
ただいまオンエアー─みんぱく映像民族誌
三島禎子
研究情報
研究成果の公開
みんぱくのうごき

No.162 All No.164

お問い合わせは、国立民族学博物館 編集室まで。
〒565-8511 大阪府吹田市千里万博公園10-1
Fax: 06-6878-7503
email: editorial★minpaku.ac.jp
★を@に置き換えて送信ください。