国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

ポリシー

地域文化学専攻比較文化学専攻

地域文化学専攻

専攻の目的

民族学・文化人類学の分野を中心とする隣接諸科学に関して高度な専門知識を持ち、諸地域における多様な文化についての現地研究等を通じて、高度な研究を行える研究者及び高度な専門性をもって国際的に社会に貢献できる人材の育成を目的とします。

 

専攻の基本方針

地域文化学専攻では、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ及びオセアニアの諸地域に居住する人びとの文化に関する教育研究を行っています。各々の地域の特性や歴史を考慮しながら、民族誌学的方法論に基づく文化の記述、構造の解明、動態の把握を目指します。現地調査から得られたデータを分析し、理論化し、学術的な貢献と実践的な提言ができる人材を養成します。

 

専攻の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

地域文化学専攻では、文化人類学・民族学またはその隣接諸科学の方法論に従って、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ及びオセアニアの諸地域の文化を調査研究し、その成果に基づいて学術的貢献と実践的提言ができる人材の養成を目指しています。本専攻の学生は、以下にあげる知識や能力を身につけるとともに、所定の年限以上在学し、必要な研究指導を受けた上で、所定の単位数以上を修得し、博士論文の審査及び試験に合格することが求められます。

  • 文化人類学・民族学またはその隣接諸科学の高度な専門知識をもち、特定地域の文化の諸側面に関する独創的な研究を主体的に遂行する能力
  • 文化人類学・民族学またはその隣接諸科学の調査研究方法を習得し、その方法に従ってデータを収集・整理・分析し、その成果を著作や展示、映像音響作品などのかたちで明瞭に、説得力をもって提示・発信する能力
  • 研究対象地域の文化に関する先行研究を踏まえつつ、その地域を横断または包摂するような超域的な文化動態にも関心をもち、先端的な問題を提起するとともに、新たな研究方法の開発を進める能力
  • 研究対象地域の文化に関する高度な専門知識に基づいて、当該地域の人びとが直面する現代的課題に取り組み、解決策を提案または実施する能力
  • 国際的な水準からみて十分な研究能力を備え、その成果を日本及び世界に広く発信するとともに、諸外国の研究者と対話し、研究を先導する発信力とリーダーシップ
 

専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

地域文化学専攻では、学生はアジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ及びオセアニアの諸地域の文化に関する講義や演習を受講することで、研究対象地域の文化に関する専門知識を習得します。それと同時に、基盤機関を同じくする比較文化学専攻の講義や演習の受講を通じて、多様な地域の文化を比較し、人類の普遍性と特殊性を考究する視点も身につけます。

演習では、学生一人ひとりが自分の研究を主体的に構想し、実行し、その成果を提示する能力を身につけます。1年次の地域文化学基礎演習I・II(1年生ゼミ)では、関心を深化させ、計画を主体的に策定する能力に加えて、現地調査や文献調査などの方法の習得を目指します。2年次以降の地域文化学演習I・II(論文ゼミ)では、調査を終えた学生がデータの整理・分析を進めながら、その成果を段階的に発表することで、多角的で独創的な議論を展開する力を培い、博士論文の完成を目指します。

本専攻を置く国立民族学博物館では、国内外の研究者が数多く集い、共同研究会やシンポジウムが頻繁に開催されるとともに、展示や講演会など市民を対象とする活動も行われています。本専攻の学生はそれらに積極的に参加することで、国際的・学際的な研究力、リーダーシップ、社会的実践力を培うことができます。

各学生には指導教員1名と副指導教員1名がつき、入学から学位取得までの全過程において、個別の目標、関心、資質に応じたきめ細かい指導を行います。

講義および演習科目の学習成果は、レポートや試験、ゼミにおける発表やディスカッションなどで評価することとし、各科目の具体的な到達目標および評価方法はシラバスに記載されています。最終的に提出される博士論文に関しては、本専攻で定めた学位論文評価基準にそって評価されます。

カリキュラム・モデル
 

専攻の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像
  • 世界の多様な地域の文化について深い関心を抱き、とりわけ文化人類学・民族学の基礎研究に強い意欲をもって、在学中の研究活動を遂行できる学生
  • 研究対象地域の文化に関するデータ収集のための調査に必要な方法論上の基礎知識と基礎的語学力を備え、在学中に調査を遂行できる学生
  • 特定地域を横断または包摂するような超域的な文化動態を広い視点から調査研究する意欲をもつ学生
  • 世界の多様な地域の人びとが直面する現代的課題に積極的に関与しようとする意欲をもつ学生
  • 学術論文の十分な読解力と基礎的な執筆力を備える学生
入学者選抜の基本的な考え方

第一次選抜(書類審査)では、修士論文または他の学術論文について、独創性、研究史の把握、実証性、論理性の各項目に基づき評価します。また、研究内容(研究活動の概要、これまでに行った研究の要旨、これから志望する研究)については、計画の妥当性、計画の具体性、学問的意義、発展性の各項目に基づき評価します。
第二次選抜(面接審査)では、これまでに行った研究、修士論文等の内容、これから志望する研究に関する口頭試問を通して討論能力、語学力、研究意欲等を評価します。
書類審査、面接審査の各項目の評価を総合的に判断し、合否を判定します。

 
 

比較文化学専攻

専攻の目的

民族学・文化人類学の分野を中心とする隣接諸科学に関して高度な専門知識をもち、人類社会に共通する文化についての比較研究等を通じて、高度な研究を行える研究者及び高度な専門性をもって国際的に社会に貢献できる人材の育成を目的とします。

 

専攻の基本方針

比較文化学専攻では、比較社会、比較宗教、比較技術、比較言語、比較芸術、文化資源という 6つの分野に関する教育研究を行っています。諸文化の比較研究によって各々に通底する普遍性の発見と理論的解釈を目指します。従来の文化人類学的方法論に加えて、情報科学などの隣接諸科学の成果を導入し、新しい方法の開発を積極的に進める高度な研究能力を備えた人材を養成します。

 

専攻の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

比較文化学専攻では、文化人類学・民族学またはその隣接諸科学の方法論に従って、諸文化の比較研究によって各々に通底する普遍性の発見と理論的解釈を目指し、その成果に基づいて学術的貢献と実践的提言ができる人材の養成を目指しています。本専攻の学生は、以下にあげる知識や能力を身につけるとともに、所定の年限以上在学し、必要な研究指導を受けた上で、所定の単位数以上を修得し、博士論文の審査及び試験に合格することが求められます。

  • 文化人類学・民族学またはその隣接諸科学の高度な専門知識をもち、人類の諸文化の比較を通じた独創的な研究を主体的に遂行する能力
  • 文化人類学・民族学またはその隣接諸科学の調査研究方法を習得し、その方法に従ってデータを収集・整理・分析し、その成果を著作や展示、映像音響作品などのかたちで明瞭に、説得力をもって提示・発信する能力
  • 高度な専門性の上にたった領域横断的・学際的な視野をもち、先端的な領域を切り開くとともに、情報科学などの隣接諸科学の成果を導入・応用して新たな研究方法の開発を進める能力
  • 複雑化するグローバルな現代社会の諸課題に深い関心をもち、多角的に研究するとともに、社会的要請に応えて実践的問題に取り組み、解決を導き出す能力
  • 国際的な水準からみて十分な研究能力を備え、その成果を日本及び世界に広く発信するとともに、諸外国の研究者と対話し、研究を先導する発信力とリーダーシップ
 

専攻の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

比較文化学専攻では、諸文化の比較研究によって各々に通底する普遍性の発見と理論的解釈を目指すため、比較社会、比較宗教、比較技術、比較言語、比較芸術の科目群を設定するとともに、文化資源の科目群において資料の整理・分析・管理等について情報科学などの成果も交えて学びます。また、個々の多様な文化に関しては、基盤機関を同じくする地域文化学専攻の講義や演習の受講を通じて学びます。

演習では、学生一人ひとりが自分の研究を主体的に構想し、実行し、その成果を提示する能力を身につけます。1年次の比較文化学基礎演習Ⅰ・Ⅱ(1年生ゼミ)では、関心を深化させ、計画を主体的に策定する能力に加えて、現地調査や文献調査などの方法の習得を目指します。2年次以降の比較文化学演習Ⅰ・Ⅱ(論文ゼミ)では、調査を終えた学生がデータの整理・分析を進めながら、その成果を段階的に発表することで、多角的で独創的な議論を展開する力を培い、博士論文の完成を目指します。

本専攻を置く国立民族学博物館では、国内外の研究者が数多く集い、共同研究会やシンポジウムが頻繁に開催されるとともに、展示や講演会など市民を対象とする活動も行われています。本専攻の学生はそれらに積極的に参加することで、国際的・学際的な研究力、リーダーシップ、社会的実践力を培うことができます。

各学生には指導教員1名と副指導教員1名がつき、入学から学位取得までの全過程において、個別の目標、関心、資質に応じたきめ細かい指導を行います。

講義および演習科目の学習成果は、レポートや試験、ゼミにおける発表やディスカッションなどで評価することとし、各科目の具体的な到達目標および評価方法はシラバスに記載されています。最終的に提出される博士論文に関しては、本専攻で定めた学位論文評価基準にそって評価されます。

カリキュラム・モデル
 

専攻の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像
  • 人類の諸文化について広い関心を抱き、とりわけ学問的理論化やその社会的応用に強い意欲をもって、在学中の研究活動を遂行できる学生
  • 研究対象とする文化に関するデータ収集のための調査に必要な方法論上の基礎知識と基礎的語学力を備え、在学中に調査を遂行できる学生
  • 文化人類学・民族学のみならず隣接諸科学にも強い関心をもち、横断的・学際的な領域を切り開こうとする意欲をもつ学生
  • 複雑化するグローバルな現代社会の諸課題に積極的に関与しようとする意欲をもつ学生
  • 学術論文の十分な読解力と基礎的な執筆力を備える学生
入学者選抜の基本的な考え方

第一次選抜(書類審査)では、修士論文または他の学術論文について、独創性、研究史の把握、実証性、論理性の各項目に基づき評価します。また、研究内容(研究活動の概要、これまでに行った研究の要旨、これから志望する研究)については、計画の妥当性、計画の具体性、学問的意義、発展性の各項目に基づき評価します。
第二次選抜(面接審査)では、これまでに行った研究、修士論文等の内容、これから志望する研究に関する口頭試問を通して討論能力、語学力、研究意欲等を評価します。
書類審査、面接審査の各項目の評価を総合的に判断し、合否を判定します。