国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。
english site

在学生一覧

地域文化学専攻

氏名 研究題目
川上香 トウモロコシと山村の民族誌―その民族植物学的研究
李南瑾 民族工芸復興の人類学的研究―現代中国におけるペー族の絞り染めの事例から
植田めぐ美 16、17世紀ブラジルにおける先住民による他者解釈:「カライーバ」とトゥピ語文献の分析を通して
松永千紗 エスニックタウンの生存戦略―サンノゼ日本街における街の記憶と歴史の活用に着目して
紀科安 台湾鉄器時代における中部地域の集団文化の生成
胡忠正 現代社会における狩猟文化に見る変容:台湾原住民族のブヌン族を中心に
ウルガ 都市に移住した牧民女性の生活変化とアイデンティティー内モンゴル自治区バインノール市海流図鎮の事例から
新海拓郎 生き物の鑑賞基準の成立について―金魚の新品種創出と品評会に着目して―
拉加本 中国青海省海南チベット自治州貴南県におけるチベットの伝統的民間信仰に関する研究―貴南県ボンコル村の事例から―
謝春游 アイデンティティーの形成と食文化の関連性について―広島県中国人移民次世代の食生活を中心に―
今村宏之 「護身術」プンチャック・シラットに関する民族誌的研究――インドネシア、ジョグジャカルタの実践者コミュニティを中心に
チャスチャガン 新疆モンゴル社会における歴史語りに関する人類学的研究
松岡とも子 独立解放から1950年代に描かれた伝統表象―韓国における西洋画を中心に
髙野哲司 日本の都市住民と観賞植物(草本類)との関わりにおける生き物文化研究
西山文愛 鳥類と人との関わり
呂怡屏 民族・民俗資料の文化資源としての活用に関する博物館人類学的研究

比較文化学専攻

氏名 研究題目
ウウユンガ ラクダと人間との共存関係の動態―中国内モンゴル自治区アラシャー盟アラシャー左旗におけるラクダ牧畜
古澤瑞希 佐賀県杵藤地区における鉦を用いる浮立系芸能の伝承と機能
山本恭正 地域社会における文化遺産概念とその意味作用について―文化的景観「信仰の山」を事例として
孫文 近代中国の「蔵羌彝走廊」における黒水人の地域アイデンティティの生成に関する研究―外部介入と開発に着目して―
田中伊佐生 湖南省湘西土家族苗族自治州における土家語の記述言語学的研究
カンティウォンティティポン A Study of the Puja Drumming Culture of Tai Lue Ethnic Groups in Nan Province, Thailand.
八木風輝 中央アジアにおけるカザフ民族音楽の越境的な形成と実践に関する人類学的研究
阮立 コスプレの仕組みと文化的意味に関する人類学的アプローチ―名古屋における世界コスプレサミットの事例から―
サクマシャルゲイ サハリンからの日本人永住帰国者とその家族の生活誌――メディア利用とコミュニケーションの多様性を中心に
星野麗子 中国内陸部における客家文化の観光開発と日常実践をめぐる人類学的研究―四川省洛帯鎮を中心に―
辺清音 チャイナタウンの多声的状況と中華表象の主体的構築>―神戸南京町と長崎新地中華街の文化創造を事例として―
井上恭平 先史アマゾニア、モホス平原における社会動態の考古学的研究―生態環境の改変と複雑社会の視点から―
荘司一歩 先史アンデスにおける生業と社会組織の相互動態的関係
池永禎子 「負の遺産」の継承、その在り方について―ミュージアムが社会に果たす役割とは
劉征宇 中国の食文化の歴史人類学的研究―制度と礼俗を中心として
邱君妮 日本と台湾における歴史的空間・建築物の保存・活用に関する博物館学的研究

★文化科学研究科他専攻及び他研究科の「在学生・修了生からのメッセージ」をご覧になりたい方はこちら