国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

映像ワークショップ「映像にみる、日本文化へのまなざし」成果報告上映会

総合研究総合研究大学院大学文化科学研究科「魅力ある大学院教育」イニシアティブ
総合日本文化研究実践教育プログラム ― Student Initiative Project採択事業 ─

日時:2007年3月15日(木)11:00~15:00
場所:民博4階 新大学院演習室1

プロジェクトの趣旨

日本の人びとは様々な映像情報や旅行体験を通して、異文化を「見る」ことに関しては豊かな経験をもつ。しかし、異文化に生きる人々から「見られる」経験は多くもたない。本プロジェクトではこのような非対称な関係を意識するなか、「異文化のまなざし」を通して日本文化とは何かを考察する。上映会では、バングラデシュ、インドネシア、タイの3国からのゲストと共に撮影した映像を上映し、それを基に異文化のまなざしに映る日本文化について議論したい。

上映会プログラム

11:00-12:00
映像ワークショップの概要説明
メーキングビデオの上映
12:00-13:00
昼食休憩
13:00-14:00
映像作品の上映
(1) バングラデシュ編
(2) インドネシア編
(3) タイ編
14:00-14:10
休憩
14:10-15:00
「日本文化」考察討論
15:00
終了

プロジェクトメンバー

南出和余
村尾静二
中村真里絵(比較文化学専攻)
梅定娥(国際日本文化学専攻)