国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2016年09月29日

アルメニア大使の訪問

 民博では、企画展「ハチュカル―アルメニアの十字架石碑をめぐる物語」を9月29日から10月11日まで開催する。その開幕式典に駐日アルメニア共和国のグラント・ポゴシャン特命全権大使が列席された。ポゴシャン大使は、日本在住40年で国際基督教大学教授として数学などの授業を担当し、4年前から大使に就任された。アルメニアの知名度をたかめるための広報活動を積極的に展開して、昨年度は1万人を超す日本人がアルメニアを旅行するようになったという。

2016年09月29日 13:13 | 全体 新着記事
2016年08月04日

順益台湾原住民博物館理事長の訪問

 民博では今、企画展「台湾原住民族をめぐるイメージ」を開催している。この展示は、今春に順益台湾原住民博物館が行った特別展「学生創作ポスター展」をベースに、本館収蔵の台湾原住民族資料等をくわえて発展させたもので、野林厚志教授の企画のもと8月4日から10月4日の2か月間開催される。
 8月4日に挙行された本企画展の開幕式典には、順益台湾原住民博物館理事長の林純姫さんが参列してくださった。また台湾政府からも、台北駐日経済文化代表処顧問・台湾文化センター長の朱文清さんと在大阪弁事処文化教育課長の羅國隆さんも列席された。林理事長は初めての訪館で、民博の研究を基盤にした広範な展示をはじめとする博物館活動に強い関心を示された。

2016年08月04日 11:54 | 全体 新着記事
2016年07月19日

国立台湾原住民博物館建設に向けて桃園市長らの訪問

 台湾政府は「国立台湾原住民博物館」(仮称)建設の計画を温めているそうで、その実現を目指し、桃園市から鄭文燦市長、高安邦教育局局長、蒋絜安客家局局長をはじめ40名の方々が7月19日に民博視察に訪れた。この計画は、台湾には原住民族の歴史と社会と文化を紹介する独立した博物館がなく、その建設を望む声が強いことを物語っている。現在台湾では、16民族が「原住民族」として政府から認定され、その人口は台湾総人口2340万人の2パーセント、約50万人を数える。
 桃園市は、台北市の北、桃園国際空港を有し、産業振興だけでなく国際観光開発を重要政策に指定している。そのために、国立原住民博物館の誘致運動を展開しているとのこと。

2016年07月19日 12:44 | 全体 新着記事
2016年06月09日

オーストラリア国立博物館長の訪問

 オーストラリア国立博物館長マシュー・トリンカ(Mathew Trinca)さんが、企画展「ワンロード:現代アボリジニ・アートの世界」の開幕式に出席するために6月9日に本館を訪れた。私は、トリンカ館長とは今年(2016年)の1月にキャンベラのオーストラリア国立博物館でお会いし、本館の企画展の展示についての説明を受け、同館に展示中の民博の企画展に出品するアボリジニ絵画を紹介された。

2016年06月09日 10:57 | 全体 新着記事
2016年05月24日

韓国外務省東南アジア・太平洋局副局長の訪問

 韓国政府はアセアン諸国との文化交流を積極的に推進するために「韓国文化センター」の設立を計画している。この計画は2004年に釜山で行われた韓国とアセアン諸国との会議の際に立案されたものである。そのセンターの設立に向けて韓国外務省東南アジア・太平洋局の副局長・Ryu, Jeong-hyunさんと審議官のHam Jeong-hanさん、建築管理専門官のKim,Myeong-gwonさん、そして駐大阪大韓民国総領事館専門調査役のChoi Yu Sun(崔有繕)さんが民博の見学に訪れた。私が民博のミッションと活動を、本館准教授福岡正太さんが東南アジアにおける民族音楽と民族芸能の映像記録化や民族資料の収集についてそれぞれ説明した。

2016年05月24日 13:55 | 全体 新着記事