国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2013年11月22日

モンゴル・ハラホリン博物館長の訪問

 モンゴルのチンギス・ハーンの築いた古都にあるハラホリン(カラコルム)博物館長のナランゲレル・ジーナ(Narangerel Giinaa)さんと大谷大学教授松川節さん、そしてエルミタージュ州立博物館東方部門のモンゴル研究者のイリーヒナ・ジュリア(Elikhina Julia)さんが11月22日に訪れた。
 私を含む本館の12人の「博物館学研修」プロジェクトのスタッフが、2012年6月にハラホリン博物館を訪問して、文化遺産の予防・保存科学について講演会と共同研究を行った。ハラホリン博物館は、日本のODAで2010年に建設され、モンゴル中央部の考古学遺跡などを近代的な手法で展示している。ナランゲレル館長は今年就任したばかりで、本館との交流を強く望まれていた。大谷大学の松川さんは、長年ハラホリン地方の考古学と歴史学の研究を行ってきており、今回は大谷大学(松川さん)主催の国際会議に館長を招聘したものである。

2013年11月22日 15:17 | 全体 海外からの来客