国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2014年02月04日

駐日南アフリカ共和国大使の訪問

 駐日南アフリカ共和国大使館から、昨年来、同国の人と社会と文化などについて日本の方々に周知啓蒙のための事業を民博と共催で行えないかという要請を受け、本館も実現の方向で話を進めてきた。昨年、12月にネルソン・マンデラさんのご逝去もあり、話が一時中断していたが、2月4日にモハウ・ペコ(Mohau N. Pheko)大使閣下とグロリア・ンクワナ(Gloria Ncwana)政治部参事官が直々に訪館されて打ち合わせを行った。本館教授の池谷和信さんが催し物の企画案を提示し、大使も自ら講演を引き受けるなど話し合いが盛り上がった。内容は、南アフリカで進行している都市化とそれへの人々の対応などについての講演、南アフリカの楽器演奏と踊り、本館所蔵の民族資料の展示、映画会などを中心に、これまでメディアなどでは取り上げてこなかった、南アフリカの庶民の生活や文化などについて紹介することで合意した。時期は、10月上旬を念頭に日程を調整中である。私たち日本人にとって、距離だけでなく、国や人々の生活についての知見が少ない南アフリカへの理解がこれを機に深まることを目指して、「南アフリカの日」の催しを展開したいと考えている。

2014年02月04日 13:21 | 全体 海外からの来客