国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2016年01月22日

モンゴル国科学アカデミー総裁の訪問

 モンゴル国科学アカデミー総裁バットボルド・エンフトプシン(Batbold.Enkhtuvshin)さんが、これまで民博が進めてきたモンゴル国との学術・文化交流の実績に対して、感謝の意を表すために2016年1月22日に館長室を訪れた。民博は、モンゴルの民族芸能集団を招聘して研究公演を行い、博物館学研修をモンゴルで実施し、また毎年秋には在大阪モンゴル国総領事館との共催で「モンゴル秋祭り」を開催するなど、モンゴルの社会と文化の日本への紹介に努めてきた。これらの貢献に対してバットボルド総裁は、モンゴル政府からの感謝状を民博館長の私に贈呈してくださった。
 バットボルド総裁の訪日は、2016(平成28)年4月から、人間文化研究機構が推進する基幹研究「北東アジア地域研究」に関して同機構とモンゴル国科学アカデミーとの間で締結する学術協定の調印およびその研究拠点の開所式への出席が主目的であった。その基幹研究は、本館に幹事拠点を設置し、中国・モンゴル・韓国・北朝鮮・ロシアにまたがる広大な地域の総合研究を行うものである。
 北東アジア地域研究拠点の開所式には、バットボルドさんのほかソドブジャムツ・フレルバータル在日モンゴル国大使、チョノイ・クランダ在大阪モンゴル国総領事、ニコライ・クラ―ディンロシア科学アカデミー準会員、日本側からは立本成文人間文化研究機構長をはじめ、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター、東北大学東北アジア研究センター、富山大学極東地域研究センター、島根県立北東アジア研究センターの拠点代表者等の参列のもとに、1月22日に民博で挙行された。
 本研究は、北東アジア地域の自然環境と文化・文明、国際関係と国際政治、環境問題と地域資源、経済開発と国際分業、国家形成と統治システムなどの現代的課題について追究することにある。そのために、5研究機関が国際共同研究等を組織して、研究成果を紡ぎ合わせて、対立や混乱などを超えた「共生」の地域像を導き出すことを目指している。

  モンゴル科学アカデミー バットボルド総裁からモンゴル語の「みんぱく」のかけ軸の寄贈

  芳名帳にみんぱくの印象を記入する同歴史考古学研究所チョローン所長

2016年01月22日 11:10 | 全体 新着記事