国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2010年08月30日

台湾国立台北芸術大学文化資源学院院長などの来館

台湾国立台北芸術大学文化資源学院院長の王嵩山教授、世界宗教博物館江韶瑩館長が、台北芸術文化研究中心の黄貞燕助教授とともに館長室を表敬訪問され、田村克己副館長、文化資源研究センターの吉田憲司教授、福岡正太准教授と意見交換した。
黄 貞燕助教授は、博物館学プロジェクト実施の打ち合わせのため4月にも来館し、館長室を訪問されているが、今回は、台北芸大はじめ、台湾各地の博物館の研究 者、学芸員など30名が、本館の吉田教授、福岡准教授の両名が中心になって実施する同プロジェクトの研修事業を受けるために来館した。同プロジェクトは、 一部、本館と台北芸大の学術交流協定にもとづくものであり、田村副館長から今後交流協定の趣旨にのっとって、研究上の協力や成果の公開の必要性が述べら れ、王院長などの同意をえた。今後も意見交換を重ねながら、相互の発展につなげていくことが望まれる。

2010年08月30日 17:55 | 全体 海外からの来客