国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2010年08月30日

韓国釜山外国語大学東南アジア研究所長の訪問

韓国釜山外国語大学東南アジア研究所長のパク・チャンシク(朴章植)さんと所員のペ・スーギョン(裵修卿)さんが本館を訪問し、田村克己副館長などと意見 交換した。パク所長は、大阪外国語大学(当時)に留学し、ビルマ語を専攻して修士課程を修了しており、当時から田村副館長と研究上の交流があった。その後 母国に戻り、韓国唯一のビルマ語専攻を釜山外大に設けるなど活躍を続けており、この度、彼の東南アジア研究所が、我が国の大型科研にあたるような HK(ヒューマニティ・コリア)の研究資金を獲得したことから、本館との研究交流を進めることを希望している。田村副館長は、東南アジア研究の研究者とし て全面的に協力していくこと、館の他の研究者にも呼びかけて組織的な交流を進めていくことを述べた。館長室での懇談のあと、田村副館長の案内で、4階の研 究室を訪れ、吉本忍教授や信田敏宏准教授など、本館の東南アジア研究者と意見交換を行った。

2010年08月30日 17:54 | 全体 海外からの来客