国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2010年03月03日

フェアトレードのキープレイヤーによる国際シンポ

 機関研究「支援の人類学」の一環として国際シンポジウム「フェアトレード・コミュニケーション-商品が運ぶ物語」 と国際フォーラムが鈴木紀准教授によって開催され、フェアトレードの国際機関、日米欧の団体、生産者団体の代表者7名が参加した。日本ではまだなじみが浅 く、市場規模も小さいフェアトレードですが、「公正な貿易」によって開発途上国の商品生産者を支援するこの取り組みは、グローバルには5000品目、4千 億円の貿易額に拡大している。わたしは、衣類、果物、コーヒーなどフェアトレードの品物を目にするとすすんで購入している。

2010年03月03日 16:24 | 全体 海外からの来客