国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2011年06月24日

アムステル大学のNiko, Besnier教授の訪問

Niko Besnier教授は、オセアニアのツバル、トンガ王国、日本などでフィールドワークを行い、言語コミュニケーション、海外移住、トランスジェンダーなどについて多くの成果をあげている。
 
ツバルでは、ゴシップによる世論形成、トンガでは近代化、日本では在日トンガ人ラグビー選手などについて成果を発表している。
 
今回は、日本の言語教育学会の招聘で、関西大学で基調講演を行うために来日した。
 
トンガ王国におけるニュージーランドやアメリカからの帰還者(犯罪や不法滞在などによる強制追放者)の増加とそのトンガにおける処遇についてなど、新しい 現象について議論した。なお、彼の近著 On the edge of the Global: Modern Anxieties in a Pacific Island. Stanford University Press, 2011を届けてくれた。
2011年06月24日 15:35 | 全体 海外からの来客