国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2011年09月08日

フランスのデカルト大学のC.Z.ギルモト教授の訪問

フランスのデカルト大学の人口開発研究所(Centre Population et De'veloppement:CEPED)のギルモト(Christophe Z. Guilmoto)教授は、インドとヴェトナムにおいて人口統計学的手法によって家族の動態を研究している。今回の訪問は二つの目的があり、ひとつは本館の鈴木七美教授が組織した国際シンポジウム「アジアにおける生殖補助技術と子どもの誕生・親族・ジェンダー」において、ヴェトナムの「息子優先選択」の実態についての報告、と二つ目は本館との学術協定の打ち合わせのためである。

昨年度のシンポジウムに参加された同研究所長イブ・シャルビ(Yves CHARBIT)教授は、本館の社会人類学的研究とCEPEDの人口学的研究の協力によって新しい研究分野を開拓したいと希望を述べていた。当面、「家族、社会、国家」を基本的なテーマにすえて、学術協定の締結へ向けてシンポジウムを共同開催する方向で進むことで合意した。

2011年09月08日 11:00 | 全体 海外からの来客