国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2012年04月07日

サウジアラビアの在日大使の訪問

 駐日サウジアラビア王国の特命全権大使、アブドウルアジース・トルキスターニ(Abdulaziz A. Turkistani)博士が47日に文化交流の促進と展示見学に訪れた。

大使は早稲田大学の大学院に在籍した経験があり、日本と石油輸出などの経済的関係だけでなく、文化的・学術的交流の必要性を主張され、ジェッダ近くの遺跡発掘への協力を要請した。また、研究者交流、サウジの文献資料や民族資料の提供などについて提案された。

西アジア展示場では、キスワ(カアバ神殿の垂れ幕)の中段に書かれた文字から、大使の父方祖父が製作者の一人であることを指摘された。このキスワは、1970年大阪万博の際にサウジアラビア館に展示されたものをサウジアラビア政府から寄贈されたことを説明した。大使はこのキスワがかなり汚れており、清浄化の処置をするための技術を提供するともいわれた。

   

大使との一連の対話から、サウジアラビアの文化の紹介と交流の拠点を日本におこうという熱意を強く感じ取れた。

2012年04月07日 11:36 | 全体 海外からの来客