国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2012年12月15日

アメリカ・パデュー大学のノラン教授の訪問

 開発人類学や実践人類学の研究者として著名なリオール・W・ノラン(Riall W. Nolan)教授が1215日、本館の鈴木紀准教授主催の国際ワークショップ「グローバル支援のための実践人類学:研究と実践のキャリア・プランニング」に参加するために訪れた。ノランさんは、国際的なNGOやアジア、アフリカ、オセアニアの諸機関で支援や開発に関する教育と研究を長年にわたって行ってきた。現在は、パデュー大学の大学院で開発人類学の人材養成を行っている。アメリカのパデュー大学や北アリゾナ大学など8大学では、開発人類学や実践人類学を専門にする人材養成の大学院があり、多くの博士号取得者を国家公務員、国際機関、企業などに送り出しているという。それに比べ、現在の社会的経済的ニーズの高い開発や実践に対する日本の人類学の学問的かかわりや人材養成に対する消極性ないしは体系的な体制の未整備さをあらためて痛感した。

2012年12月15日 13:58 | 全体 海外からの来客