国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2010年04月23日

台湾国立台北芸術大学の黄貞燕助教授の来館

本館との学術協定に基づいて博物館学プロジェクトを展開している台湾国立台北芸術大学博物館研究所の黄貞燕助教授が今年の8月から9月にかけて実施する事 業打ち合わせに来館した。本館の吉田憲司教授と福岡正太准教授が中心になって本年は「民族文化の展示」に関するプロジェクトを行うが、そのプロジェクトに 台湾側からは、台湾博物館、台湾歴史博物館(2011年開館予定)、台湾国立台北芸術大学およびその他の機関からの研究者30名が参加する予定である。台 湾では、ナショナリズムと文化復興の動きが高揚しており、新しい歴史博物館や美術館、芸術館などの創設が相次いでいる。「台湾における多様な文化の維持と アイデンティティの確認のための文化の見直しなどの博物館活動に、みんぱくの民族資料の収集や展示、映像音響資料の活用法などが役立っている」と黄さんは 謝辞を述べている。

2010年04月23日 18:10 | 全体 海外からの来客
2010年04月10日

中国公共文化事業代表団の来館

王秀雲中国人民対外友好協会文化交流部主任を団長とする中国公共文化事業代表団が来館された。黒竜江省、甘粛省、浙江省、湖北省、雲南省、海南省など、中 国各地の博物館館長や専門家を中心に、文化行政に携わる方なども含め31名に及ぶ大デレゲーションであった。まず、田村副館長、および塚田誠之教授、韓敏 教授から説明があり、博物館機能を備えた研究機関としての役割や理念、研究内容に関する話に耳を傾けられ、続いて本館展示を熱心に見学した。当館所蔵の豊 富な民族資料にことのほか感動されていた様子であり、さらに展示方法にも大きな啓発を受けられたようであった。今日の訪問をきっかけにして、今後当館と各 博物館や研究者との交流が始まり、ひいては日中間の学術交流や博物館交流の進展につながることを大いに期待したいところである。

2010年04月10日 17:30 | 全体 海外からの来客
2010年04月02日

韓国順天市の訪問団の来館

2010年04月02日 17:15 | 全体 海外からの来客