国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2012年07月30日

ハワイ大学のミクロネシア言語学者の訪問

 ミクロネシア諸語、とりわけポーペイ語研究の権威、ケン・レー(Kenneth Rehg)  教授が、菊沢律子准教授が組織した国際シンポジウム「手話言語と音声言語のシンポジウム(1)-言語の記述・記録・保存」に参加するために7月28日~30日のあいだ本館を訪れた。レー教授とは1982~83年のミクロネシア連邦チューク州のモートロック調査を共同で行った。ポーペイ州には20世紀初頭にサタワン、ルクノール、エタールなどモートロック諸島からの移住した人々の子孫が数千人住んでいる。その調査以来、ハワイ大学で何度かお会いしたが、レー教授のみんぱくを訪問するのは初めてで、20年ぶりの再会である。

2012年07月30日 14:01 | 全体 海外からの来客
2012年07月21日

モンゴルでの国際共同研究

 園田直子教授を代表者として、本館から森田恒之名誉教授を含む11名の教員、滋賀県立琵琶湖博物館から楠岡泰研究員が参加して、モンゴル国で615日から21日にかけて博物館・博物館学に関する共同研究、ワークショップと講演会を行った。この事業は、日本学術振興会研究拠点形成事業-アジア・アフリカ学術基盤形成型の一環として実施したもので、日本・モンゴル外交関係樹立40周年となる今年度は、モンゴルでの開催となった。

2012年07月21日 13:51 | 全体 国際学術協定ほか