国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2013年04月18日

サウジアラビア大使からの贈り物

 駐日サウジアラビア大使館からムサ・ムハンマド・オマル(Musa Muhammed Omar)大使館顧問、ムーサ・ビンスべート(Musa Bin Subait)通信管理事務員ら3名が来館し、サウジアラビアの遊牧民の民族資料35点と9種類の図書の寄贈を受けた。これは昨年4月に同国大使アブドゥルアジーズ・トルキスターニ(Abdulaziz A. Turkistani)が訪館された際に、サウジアラビアの人びとの生活と文化を日本の人びとに知ってもらうためにそれらを贈ると語ったものである。まことに光栄なことである。

2013年04月18日 16:36 | 全体 海外からの来客
2013年04月12日

博物館学研修生の訪問

 本年度の国際協力機構(JICA)委託事業「博物館学研修コース」は4月12日から7月19日まで行われ、アルメニア、エジブト、パレスチナ、ミャンマー、グアテマラ、エクアドル、ペルーの7か国から10名の研修生を受け入れている。研修生は、各国の博物館の副館長や中堅学芸員で、所蔵品の収集・整理・記録化や補修・保存、写真や映像撮影、資料データのデジタル化など、多種目の「授業科目」を選択的に学ぶ。本館での授業のほか、滋賀県立琵琶湖博物館の協力による博物館実習、東日本大震災の被災地研修、東京の博物館見学、広島の原爆資料館訪問など、実地研修も予定されている。

2013年04月12日 15:55 | 全体 海外からの来客