国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2013年06月30日

台湾の博物館訪問(1)―国立台湾歴史博物館

 ナショナリズムの高まりのなかで新設された国立台湾歴史博物館を含め4つの博物館の見学と講演のために6月26日から30日まで本館の野林厚志教授と台湾を訪れた。
 26日午後、桃園飛行場から台南に直行し、2011年10月に開館した国立台湾歴史博物館を訪れた。この博物館設立のねらいは、歴史の多重性と民族集団の多元性の相互作用のもとに生み出された台湾の人と社会と文化のダイナミズムを展示によって示すことにある。呂理政館長は本館に何回も足を運び、また世界の博物館を見て回り、博物館構想を練りあげてこの博物館を実現させた。キーコンセプトは、「過去をとおして今を知り、未来に思いをはせる」ことにある。 

2013年06月30日 16:20 | 国際学術協定ほか
2013年06月30日

台湾の博物館訪問(2)―平埔族展

 特別展「平埔を見つめる:台湾平埔族の歴史と文化」が4階で開催されている。台湾の西部一帯の平原に住み17世紀ころから漢人と接触・同化した台湾原住民諸族は漢人から「平埔族」(平坦地に住む人)と呼ばれてきた。この特別展は、「平埔族」とは誰のことか?という問題設定から、そのルーツ(出自)とルート(文化変容)の過程を明らかにしている。古地図や歴史資料、写真、生活用具・衣服・装飾品などの民族資料がその歴史を裏付けてくれる。この特別展は本館と共同主催、天理大学附属天理参考館との共同開催。本館からは数十点の資料を里帰りさせており、9月から国際巡回展として本館で展示されることになっている。

2013年06月30日 16:15 | 国際学術協定ほか
2013年06月30日

台湾の博物館訪問(3)―被災地小林村訪問

 6月27日は、2009年8月9日朝に台風豪雨による土砂災害で埋まった高雄県甲仙郷小林村へ、歴史博物館のスタッフの案内で向かった。マンゴーの畑が連なる山あいの道を1時間半、被災者が住む復興住宅地についた。そこには「小林平埔族群文物館」が、災害復興事業の一環として建てられている。小林村の生活と文化を後世に伝える資料館で、民具類数百点が展示されている。当日、山の家にいて災害を免れた長老の方が民具類を美しい日本語で説明してくれた。平埔(シラヤ)族の言語学と民話の調査を小林村で行った台北帝大の浅井恵倫(1994~1967年)の業績につてもパネルで紹介されていた。

2013年06月30日 16:10 | 国際学術協定ほか
2013年06月30日

台湾の博物館訪問(4)―国立台湾博物館と講演

 628日は午前10時から、本館との学術協定校、台北国立芸術大学の黄貞燕教授の要請で講演会「オセアニアの伝統政治と公共圏」を行った。会場は国立台湾博物館で陳濟民館長が進行役をつとめ、大学・博物館の研究者や大学院生など80名ほどが集まった。旧友の王高山国立台北芸術大学教授や神戸大学時代の教え子も来てくれた。私はオセアニアには、国際的なNGONPO、教会などによる集団、民主化を求めるグループ、国家に抗う地域集団などが形成されており、住民と国家の間に中間集団的な集まりとしての公共圏が存在することを報告した。

2013年06月30日 16:05 | 国際学術協定ほか
2013年06月30日

台湾の博物館訪問(5)―国立台湾大学と順益台湾原住民博物館

 628日夕方、国立台湾大学の人類学博物館と台湾原住民族図書資料中心を訪れた。博物館には1928年に創設された台北帝国大学の土俗学・人種学教室に所属していた移川子之蔵(18841947年)、宮本延人(190187年)、馬淵東一(190988年)らが収集した資料が当時の木製展示ケースに入れられたまま展示されている。図書館には、台湾原住民に関する膨大な文献図書資料が収集されている。

2013年06月30日 16:00 | 国際学術協定ほか
2013年06月21日

アマゾン研究者の訪問

 長いことアマゾン先住民社会で調査研究を行ってきたウイリアム・バレエ(William Balée)さん(チューレーン大学人類学部教授)が企画展「アマゾンの生き物文化」を観覧するために訪れた。ブラジル・アマゾンのカアポール(Ka’apor)、シング川流域のテンベ(Tembe)やボリビア・アマゾンのシリオノ(Siriono)など多くのアマゾン先住民社会で植物利用、歴史生態や文化について民族誌や多くの著書を出している。バレエさんは、本館の池谷和信教授とアマゾン研究をとおして親交があり訪館となった。

2013年06月21日 14:40 | 全体 海外からの来客
2013年06月18日

エジプトからのJICA集団研修生の受け入れ

 日本のODA支援事業として創設された「大エジプト博物館保存修復センター」の保存専門家7名を6月17日~28日までの12日間にわたり本館でうけいれて研修を行った。受け入れ担当教員は日高真吾准教授で、研修内容は、「二酸化炭素殺虫処理法の実践的研究」に関するものである。
 大エジプト博物館は、近年の開館が予定されており、保存修復センターは古代王朝の埋蔵品など膨大な考古学的収蔵品の修復と保存に責任をもつ研究所でもある。今回はそれらの埋蔵品を虫害から防除するための機器を使用しての研修である。本館は、2009年から毎年、保存修復センターの保存専門家を対象に収蔵品の修復と保存科学の知識と手法につての研修を、エジプト現地と本館で行っており、本年は本館(日本)で行うものである。

2013年06月18日 11:32 | 全体 海外からの来客
2013年06月13日

マダガスカル展のパートナーの訪問

 本館の飯田卓准教が企画した春の特別展「マダガスカル 霧の森のくらし」(3月14日~6月11日)では、マダガスカルのアンタナナリヴ大学文明研究所芸術・考古学博物館から貴重な文化財を借用して展示している。シャンタル・ラディミラヒ(Chantal Radimilahy)さんはその館長で、3月の開会式にも出席した。5月には飯田さんの国際シンポに出席するために訪れた。

2013年06月13日 13:27 | 全体 海外からの来客
2013年06月06日

アメリカ自然史博物館からの訪問

 アメリカ自然史博物館のアジア展示は、数年後に大改修を行う予定である。そのために、デービッド・ハーベイ(David Harvey)さん(副館長)、ローレル・ケンドール(Laurel Kendall)さん(人類学部門長)、そしてロス・マクフィー(Ross MacPhee)さん(哺乳類学部門学芸員)の3名が本館の展示のコンセプト、展示方法や演示手法を視察に訪れた。ケンドールさんは韓国研究者で私がアメリカ自然史博物館を訪れた時にお世話くださった方で、3年ぶりの再会である。また、自然史博物館には本館の太田心平助教が上級研究員として兼業在籍しているという御縁もあり、太田さんの主催で国際ワークショップ「文理融合実践としての新しいアジア展示がもつ可能性」を開催した。博物館における自然、人びと、文化の関わりとその相互作用と変化について話し合った。

2013年06月06日 14:15 | 全体 海外からの来客