国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2013年07月30日

台湾の客家研究者の訪問

 台湾の客家研究者8名が本館の展示見学と今後の客家研究の連携についての会合のために訪れた。これは本館機関研究員の河合洋尚さんの企画によるものである。来館者は、国立台湾交通大学客家文化学院長張維安さん、同副院長潘美玲さんをはじめ、同人文社会学教授黄紹恆さん、国立高雄師範大学副教授の利亮時さん、国立聯合大学客家研究学院助理教授の范以欣さん、国立曁南国際大学東南亜研究所副教授林開忠さんらである。台湾交通大学客家文化学院は、31名の研究者を擁し、台湾・中国だけでなく、東南アジアやアメリカなどのディアスポラをも対象に客家についての歴史・文化・経済・政治、そして出身社会との関係などを研究する世界でも最大規模の客家研究所である。

2013年07月30日 11:48 | 全体 海外からの来客
2013年07月20日

アムステルダム大学の人類学教授Nikoさんの再訪

 アムステルダム大学人類学部教授のニコ・ベズニエ(Niko Besnier)さんが半年ぶりに本館を訪れた。今回は早稲田大学へ招聘されたのを機会に、本館で研究会を開催するためである。今年の2月に私がアムステルダムのトロッペン博物館、ライデンの国立民族学博物館やシーボルトの家などを視察した際には、ニコさんにお世話になった。

2013年07月20日 13:49 | 全体 海外からの来客
2013年07月14日

コーネル大学の教員による国際フォーラム

 コーネル大学人類学部教授兼東アジア研究所長の宮崎広和さんと同大学法学部・人類学部教授のアナリース・ライルズ(Annelise Riles)さんをお招きして本館の丹羽典生准教授との共同企画で「金融のなかの贈与―金融と人類学の交差点」を7月14日に開催した。宮崎さんは本館外国人研究員として7月から2か月間の滞在である。宮崎さんは、フィジー社会の調査研究を行い『希望という方法』(2009年、初版は英語でスタンフォード大学出版、2004年)のほか多くの論文を発表している。

2013年07月14日 13:20 | 全体 海外からの来客
2013年07月10日

「武器からアート」を制作するモザンビークの芸術家

 企画展「武器をアートに―モザンビークにおける平和構築」7月11日~11月5日)のオープンとその開催の意義を問う国際ワークショップにモザンビークから芸術家らが訪れた。これは、本館の吉田憲司教授の長年のフィールドワークによって実現したものである。

2013年07月10日 15:21 | 全体 海外からの来客
2013年07月08日

ニューギニア研究者の訪問

 ニューギニアの社会人類学研究のパイオニアで現在ピッツバーグ大学教授のアンドリュー・ストラサーン(Andrew J. Strathern)さんと奥様のニューギニア研究者パメラ・スチュワート(Pamela J. Stewart)さんが訪問した。1996年私が神戸大学国際文化学部にいたときに国際シンポで招聘し、また2000年に外国人客員として6ヶ月滞在した。親友でもあり、朝9時過ぎから夕方まで、ゆっくりと民博滞在を楽しんでくださった。

2013年07月08日 11:27 | 全体 海外からの来客