国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2014年02月20日

ニューメキシコ大学マックスウェル博物館の元学芸員の訪問

 ニューメキシコ大学附属マックスウェル博物館を20126月、私と本館助教の伊藤敦規さんが訪れたときに案内してくださった学芸員、キャサリン・クライン(Kathryn Klein)博士が日本での織物の調査中に訪館した。マックスウェル博物館では、私たちの訪問時、マヤなど中米の織物の特別展を開催しており、色彩豊かな多彩な民族衣装を見学することができた。クラインさんは、その後夫君のマレーシア転勤に伴って移り住み、マレーシアのテキスタイルの研究と博物館・美術館の顧問として人びとを参加させる展示活動に従事している。

2014年02月20日 13:23 | 全体 海外からの来客
2014年02月04日

駐日南アフリカ共和国大使の訪問

 駐日南アフリカ共和国大使館から、昨年来、同国の人と社会と文化などについて日本の方々に周知啓蒙のための事業を民博と共催で行えないかという要請を受け、本館も実現の方向で話を進めてきた。昨年、12月にネルソン・マンデラさんのご逝去もあり、話が一時中断していたが、2月4日にモハウ・ペコ(Mohau N. Pheko)大使閣下とグロリア・ンクワナ(Gloria Ncwana)政治部参事官が直々に訪館されて打ち合わせを行った。本館教授の池谷和信さんが催し物の企画案を提示し、大使も自ら講演を引き受けるなど話し合いが盛り上がった。

2014年02月04日 13:21 | 全体 海外からの来客