国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2015年03月11日

マケドニア大使の訪問

民博はJICA委託の「博物館学研修コース」にマケドニアの国立博物館の研究者を受け入れ、研修終了の数年後に、その研修生を外国人研究員として1年間招聘したことがある。このような人的交流をさらに発展させて本館とマケドニアとの学術・文化交流を促進するために、駐日マケドニア大使が3月12日に訪館された。アンドリヤナ・ツヴェトコビッチ(Andrijana Cvetkovikj)大使は、日本文化の勉学と研究でこれまでに日本の大学や国際日本文化研究センターや地球環境学研究センターなどの研究所に長期留学された経験があり、流ちょうな日本語でマケドニアの歴史・文化、とりわけ伝統行事やイベントなどについて説明された。

2015年03月11日 15:16 | 全体 海外からの来客
2015年03月11日

ロシア国立民族学博物館等からの研究者の訪問

ロシア国立民族学博物館、アメリカ自然史博物館そして韓国国立民俗博物館から、博物館学、文化人類学、民俗建築学などの研究者5名が3月11日に訪れた。これらの研究者は、本館教授の佐々木史郎さんが組織している機関研究プロジェクト「民族学資料の収集・保存・情報化に関する実践的研究―ロシア民族学博物館との国際共同研究」の国際ワークショップ「民族学資料の展示への利用とソースコミュニティとの協力関係」(3月10日~12日)への参加のための訪館である。ロシア国立博物館と韓国民博は本館と学術協定を締結しており、これまでも国際シンポジウムや国際連携展示を行ってきた。韓国民博とは8月から11月にかけて国際連携展示「韓日食博」を本館で、11月からはソウルの韓国民博で開催する予定である。

2015年03月11日 14:25 | 全体 海外からの来客