国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2015年05月22日

オーストラリアのカーティン大学からのお客さん

パースのカーティン大学教授のマイケル・オラフリン(Michael O’Loughlin)さんが神戸大学名誉教授の横尾能範さんと5月22日に博物館見学に訪れた。横尾さんは、私が神戸大学国際文化学部長をしていた2003年、カーティン大学との学術協定を締結し、授業料免除・単位互換の学生交換プログラムを推進してくださった情報工学の教員である。締結以降、毎年1年間、二人の学生がカーティン大学で、先方からは一名が国際文化学部でそれぞれ勉強して単位を取得していた。オラフリン教授は、東南アジア諸国連合の教育機関(RECSAM)や西オーストラリア州教育省にもつとめ、現在カーティン大学の留学生センター長についている。横尾さんとは旧来の友人で、民博のオセアニアのアボリジニ展示をはじめ本館の展示を3時間かけて観覧してくださった。

2015年05月22日 14:32 | 全体 海外からの来客
2015年05月21日

アムール河のナーナイ族からのお客様

 企画展「岩に刻まれた古代美術―アムール川の少数民族の聖地シカチ・アリャン」が5月21日に開催され(7月21日まで)、その公開式典に在大阪ロシア連邦領事ユーリー・ボリソヴィチさん、ロシアのアムール河流域に居住するナーナイ族のシカチ・アリャン村の村長ニーナ・イグナチェヴナさん、中学校教諭のヴィクトリヤ・レオンチエヴナさんと5名の中・高校生が参加した。シカチ・アリャン村の生徒さんたちは、素晴らしい「アイシマ」の舞いとアンサンブルを披露してくれた。

2015年05月21日 16:27 | 全体 海外からの来客