国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2015年06月23日

パプアニューギニア大使の訪問

パプアニューギニアの駐日大使ガブリエル・ジェイ・ケイ・ドゥサバ(Gabriel J.K. Dusava)さんが、二等書記官のベンジャミン・カミル(Benjamin Kamil)さんと大阪芸術大学教員の佐藤真由美さんとともに6月23日見学に訪れた。本館は創設直後、1974年8月からパプアニューギニア(PNG)の民族資料収集を行い、現在までに仮面、神像、儀礼具、武器や生活用具等、約5000点を収集・保管し、200点を展示している。大使は,民博のPNGの民族資料の収集・所蔵数が大規模でPNGの各地から集められていることに強い関心を示した。
2015年06月23日 18:42 | 全体 海外からの来客
2015年06月09日

カンボジアの映画監督の訪問

 カンボジアから国際的に著名な映画監督でボパナ(Bophana)映像音響資源センター長のリティ・パン(Rithy PANH)さんが、本館教授の寺田吉孝さんとカンボジアの伝統芸能の映像記録化等について話し合うために訪れた。パンさんのお話によるとポルポト解放後、カンボジアにはただ一人の映画制作者が残ったという。それから、パンさんら若い映像研究者が、記録映画だけでなく映画界を発展させてきたという。同センターの映像音響資源センターには日本の若い研究者、新井かずみさんがコミュニケーション専門家としてつとめている。
2015年06月09日 22:08 | 全体 海外からの来客