国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長だより

館長だより
2016年07月19日

国立台湾原住民博物館建設に向けて桃園市長らの訪問

 台湾政府は「国立台湾原住民博物館」(仮称)建設の計画を温めているそうで、その実現を目指し、桃園市から鄭文燦市長、高安邦教育局局長、蒋絜安客家局局長をはじめ40名の方々が7月19日に民博視察に訪れた。この計画は、台湾には原住民族の歴史と社会と文化を紹介する独立した博物館がなく、その建設を望む声が強いことを物語っている。現在台湾では、16民族が「原住民族」として政府から認定され、その人口は台湾総人口2340万人の2パーセント、約50万人を数える。
 桃園市は、台北市の北、桃園国際空港を有し、産業振興だけでなく国際観光開発を重要政策に指定している。そのために、国立原住民博物館の誘致運動を展開しているとのこと。

2016年07月19日 12:44 | 全体 新着記事