国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

館長室だより

館長室だより
2019年01月04日

2019年年頭のあいさつ

皆さん、明けましておめでとうございます。

 

今年は、関西各地では初日の出も目にすることができて、皆さん、おだやかですがすがしい新年をお迎えになったことかと思います。年の初めにあたりまして、ご挨拶させていただきたいと思います。

 

昨年は、みんぱくでも、6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、展示場の設備の損傷をはじめ、研究室、図書室における蔵書の落下などの被害が発生し、臨時休館せざるを得なくなりました。また、その後も、台風21号による被害が建屋の各所で発生するなど、昨年は、災害に見舞われた1年であったかと思います。

 

多くの方々のご協力により、その後、復旧作業は順調に進み、8月23日(木)に本館展示場の一部の公開を再開し、9月13日(木)に本館展示を全面的に再開することができました。単に復旧、つまり旧に復するというだけでなく、被害を受けた設備の素材や設置の工法を見直し、みんぱくは以前より災害に強い体に生まれ変わってまいりました。この間の、皆様のご支援や温かい励ましのお言葉に対し、心より御礼を申し上げます。

2019年01月04日 16:29 | 全般
みんぱくの国際交流の一端を館長室が紹介します
<< 2017年7月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31