Select Language

イベントカレンダー

1
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ 10:00
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
3月 10 @ 10:00 – 6月 7 @ 17:00
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:2.9MB] 会 期 2022年3月10日(木)~ 2022年6月7日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 休館日 水曜日(※ただし、5月4日[水]は開館、6日[金]は休館) 主 催 国立民族学博物館、五木村 協 力 人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「北東アジア地域研究」(国立民族学博物館拠点) 公益財団法人千里文化財団 後 援 熊本県 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程  ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。  ▶ 詳しくはこちらから 展示概要 焼畑は人類の歴史とともに長い伝統を持ち、現在でも熱帯地域では欠かせない生業基盤のひとつになっている。しかし東南アジアなどでは森林破壊の原因のひとつと見られ負のイメージが強い。 一方で焼畑は、アワ、ヒエ、バナナ、サトイモ、アズキ、ソバ、カブなどが栽培されて、収穫後は畑地を森にもどす再生型の農耕であり、その間には狩猟や採集がおこなわれる。このため今日の日本では自然に優しい持続型農法として注目されている。 本展では、佐々木高明が熊本県五木(いつき)村で撮影した焼畑の写真や現地で使用されてきた道具をはじめとして、日本や世界の焼畑がどの地域でどのような環境のもとおこなわれてきたのか、各地域の焼畑の特徴はなにかを紹介する。また、五木村を中心とした世界の焼畑をとおして、人間と自然との共生のありかたについて考えてみる。 展示記録パノラマムービー 佐々木高明 SASAKI[...]
巡回展「驚異と怪異 世界の幻獣と霊獣たち」【高知県立歴史民俗資料館】 09:00
巡回展「驚異と怪異 世界の幻獣と霊獣たち」【高知県立歴史民俗資料館】 @ 高知県立歴史民俗資料館 3階 総合展示室
4月 29 @ 09:00 – 6月 26 @ 17:00
巡回展「驚異と怪異 世界の幻獣と霊獣たち」【高知県立歴史民俗資料館】 @ 高知県立歴史民俗資料館 3階 総合展示室
会 期:2022年4月29日(金・祝)~2022年6月26日(日) ※ 詳しくは 高知県立歴史民俗資料館ホームページ まで 会 場:高知県立歴史民俗資料館 3階 総合展示室 開場時間:午前9時から午後5時(ただし入場受付は午後4時30分まで) 休館日:会期中無休(ただし天候等により臨時休館あり) ※5月3日(火・祝)は入館無料 主 催:高知県立歴史民俗資料館(公益財団法人 高知県文化財団)、国立民族学博物館、公益財団法人千里文化財団、KUTVテレビ高知 後 援:高知県教育委員会・高知新聞社・朝日新聞高知総局・毎日新聞高知支局・読売新聞高知支局・NHK高知放送局・KCB高知ケーブルテレビ・エフエム高知 概要 本展は、2019年に国立民族学博物館(みんぱく)で開催された特別展「驚異と怪異」の一部を巡回するものです。近世以前、ヨーロッパや中東においては、人魚や一角獣といった不可思議だが実在するかもしれない生物や現象が「驚異」として自然誌の知識の一部とされてきました。また、東アジアにおいては、奇怪な現象や異様な生物の説明として「怪異」という概念が作り上げられてきました。高知展では、みんぱくの資料を中心に独自借用の資料も加え、龍、怪鳥、巨人など世界各地の人びとが創り出してきた不思議な生きものたちを紹介して、人間の想像力の面白さに迫ります。 詳細はこちら みんぱくで開催された特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」情報はこちら (開催期間:2019年8月29日(木)~ 11月26日(火))
休館日
休館日
6月 1 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
2
3
4
5
6
7
8
休館日
休館日
6月 8 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
9
10
11
伝承する人びと――北インド古典音楽の世界 13:30
伝承する人びと――北インド古典音楽の世界 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
6月 11 @ 13:30 – 15:50
伝承する人びと――北インド古典音楽の世界 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
研究公演 チラシダウンロード[PDF:3.4MB] 北インド古典音楽は、1960年代のビートルズや1980年代のワールド・ミュージックの影響、またインド系移民社会の拡大によって世界で受容されています。 本研究公演では4名の音楽家の器楽演奏や語りをとおして、師弟制度の特徴やその変化、また師匠から継承した伝統を日本の地で繋いでいく、現代の北インド古典音楽の伝承について社会的側面と音楽的側面から紹介します。 開催日 2022年6月11日(土) 時 間 13:30-15:50(開場13:00) 参加方法 会場参加 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)   オンライン参加 オンライン(ライブ配信)での参加 参加費 会場参加 無料/要展示観覧券   オンライン参加 無料 定 員 会場参加 130名(要事前申込) 定員に達しましたので申込受付は終了いたしました。 ※ 事前申込みをされた方には、当日11:00から本館2階会場前にて入場整理券を配布します。 オンライン参加 (申込不要) ※ 当日、本ホームページより無料で視聴できます。 主 催 国立民族学博物館 協 賛 在大阪・神戸インド総領事館 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、イベントの内容を変更またはイベントを中止とする場合があります。あらかじめご了承ください。 プログラム 館長挨拶 開会挨拶(在大阪・神戸インド総領事) 第1部 サーランギー演奏(ナカガワユウジ、伴奏 グレン・ニービス)[...]
12
13
14
15
休館日
休館日
6月 15 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
16
17
18
フランスのモン難民から考えるグローバル化 13:30
フランスのモン難民から考えるグローバル化 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
6月 18 @ 13:30 – 15:00
フランスのモン難民から考えるグローバル化 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
みんぱくゼミナール 南フランスの畑で働くモン難民(2016年) 大規模な人や資本の移動をとおして、これまで遠くにいた他者が隣人になり、異なる人びとがよりいっそう社会的・経済的につながり合うようになっています。この状況をどう理解すればよいのか、フランスに住むモン難民の事例から考えます。 講師 中川理(国立民族学博物館准教授) 聴講方法 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) ※ オンライン(ライブ配信)はありません。 日時 2022年6月18日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 会場参加 200名 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2022年5月27日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 イベント予約サイトからのお申込み 期間:2022年5月23日(月)10:00 ~ 2022年6月15日(水)17:00まで 定員になり次第受付終了します。 本人を含む2名までお申し込みできます。 オンライン(ライブ配信)はありません。 イベント予約サイトへ移動 当日参加申込(定員40名) 11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
19
20
21
22
休館日
休館日
6月 22 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
23
24
25
26
音楽の祭日2022 in みんぱく  10:30
音楽の祭日2022 in みんぱく  @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
6月 26 @ 10:30 – 16:30
音楽の祭日2022 in みんぱく  @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
チラシダウンロード[PDF:7MB] 「音楽の祭日」は、プロ・アマを問わずにみんなで音楽を楽しむイベントです。フランスで1982年にはじまった「音楽の祭典」にならい、 日本では2002年に関西からスタートしました。「音楽は全ての人のもの」という精神にのっとり、1年のうちで昼が一番長い夏至の前後の日に開催されます。本年、みんぱくでは6月26日(日)に開催いたします。 開催日時 2022年6月26日(日) 1部 10:30~11:50 2部 13:00~14:40 3部 15:10~16:30 場所 ①国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) ②オンライン(ライブ配信) 主催 国立民族学博物館 主管 音楽の祭日 Fête de la Musique au Japon日本事務局 参加方法 ①会場参加 定員に達しましたので申込受付は終了いたしました。キャンセル待ちは受け付けておりません。 参加無料 各部定員100名 要事前申込 ※ 会場参加は各部ごとにお申込みが必要です。 ※ 受付期間:5月30日(月)10:00 ~ 6月20日(月)17:00   ※ 定員になり次第受付終了 ②オンライン参加[...]
27
28
29
休館日
休館日
6月 29 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
30
コレクション展示「現代中国を、カワウと生きる―鵜飼い漁師たちの技」 10:00
コレクション展示「現代中国を、カワウと生きる―鵜飼い漁師たちの技」 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場の一部
6月 30 @ 10:00 – 8月 2 @ 17:00
コレクション展示「現代中国を、カワウと生きる―鵜飼い漁師たちの技」 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場の一部
チラシダウンロード[PDF:1.6MB] 会 期 2022年6月30日(木)~ 2022年8月2日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場の一部 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 休館日 水曜日 主 催 国立民族学博物館 協 力 岐阜市長良川鵜飼伝承館(長良川うかいミュージアム) 公益財団法人千里文化財団 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程  ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。  ▶ 詳しくはこちらから 展示趣旨 鵜飼はカワウやウミウを利用して魚をとる漁法です。 2000年の歴史があるとされる中国の鵜飼は、カワウを利用し、生業として続いています。本展示は、本館の卯田宗平が中国各地で撮影した鵜飼にかかわる写真と動画を中心に、民博が所蔵する鵜飼い船もあわせて公開することで、現代中国をカワウと生きぬく漁師たちの技を紹介するものです。 本展示では現地で撮影した写真や動画のなかで中国の鵜飼を特徴づけるものを選びました。中国における鵜飼の特徴とは、地域による技術の多様さとカワウの人工繁殖、生業としての漁法です。本展示では、このような特徴を踏まえ、写真や動画、標本資料を「中国各地でみられる鵜飼」、「持ち運びが便利な鵜飼船」、「カワウを繁殖させる技術」、「カワウを利用した漁の技術」という4つのテーマに分けて公開しています。 とくに、中国の鵜飼では各地の漁師たちがカワウを自宅で繁殖させ、ヒナを育てて利用しています。こうしたカワウの人工繁殖は、世界中をみても中国でしかおこなわれていません。展示を通して、鵜飼の技術や知識、鵜と人間とのかかわりを理解していただければ幸いです。 卯田宗平人類文明誌研究部 船に20羽ほどのカワウをのせて出漁する漁師たち(山東省微山湖) 各コーナー説明[...]