Select Language

イベントカレンダー

1
コレクション展示「現代中国を、カワウと生きる―鵜飼い漁師たちの技」 10:00
コレクション展示「現代中国を、カワウと生きる―鵜飼い漁師たちの技」 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場の一部
6月 30 @ 10:00 – 8月 2 @ 17:00
コレクション展示「現代中国を、カワウと生きる―鵜飼い漁師たちの技」 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場の一部
チラシダウンロード[PDF:1.6MB] 会 期 2022年6月30日(木)~ 2022年8月2日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場の一部 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 休館日 水曜日 主 催 国立民族学博物館 協 力 岐阜市長良川鵜飼伝承館(長良川うかいミュージアム) 公益財団法人千里文化財団 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程  ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。  ▶ 詳しくはこちらから 展示趣旨 鵜飼はカワウやウミウを利用して魚をとる漁法です。 2000年の歴史があるとされる中国の鵜飼は、カワウを利用し、生業として続いています。本展示は、本館の卯田宗平が中国各地で撮影した鵜飼にかかわる写真と動画を中心に、民博が所蔵する鵜飼い船もあわせて公開することで、現代中国をカワウと生きぬく漁師たちの技を紹介するものです。 本展示では現地で撮影した写真や動画のなかで中国の鵜飼を特徴づけるものを選びました。中国における鵜飼の特徴とは、地域による技術の多様さとカワウの人工繁殖、生業としての漁法です。本展示では、このような特徴を踏まえ、写真や動画、標本資料を「中国各地でみられる鵜飼」、「持ち運びが便利な鵜飼船」、「カワウを繁殖させる技術」、「カワウを利用した漁の技術」という4つのテーマに分けて公開しています。 とくに、中国の鵜飼では各地の漁師たちがカワウを自宅で繁殖させ、ヒナを育てて利用しています。こうしたカワウの人工繁殖は、世界中をみても中国でしかおこなわれていません。展示を通して、鵜飼の技術や知識、鵜と人間とのかかわりを理解していただければ幸いです。 卯田宗平人類文明誌研究部 船に20羽ほどのカワウをのせて出漁する漁師たち(山東省微山湖) 各コーナー説明[...]
2
3
4
5
6
休館日
休館日
7月 6 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
7
8
9
はじまりへの旅 13:30
はじまりへの旅 @ みんぱくインテリジェントホール( 講堂)
7月 9 @ 13:30 – 16:30
はじまりへの旅 @ みんぱくインテリジェントホール( 講堂)
みんぱく映画会 チラシダウンロード[PDF:513KB] 開催日 2022年7月9日(土) 時間 13:30~16:30(開場13:00) 場所 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) 参加費 無料/要展示観覧券 定員 定員に達しましたので申込受付は終了いたしました。キャンセル待ちは受け付けておりません。 ただし予約システム上でキャンセルがあれば、残席が発生する場合があります。イベント予約サイトでご確認ください。  ▶ イベント予約サイト 200名(要事前申込) ※事前予約の方へ入場整理券を11:00から本館2階会場入口にて配付します。 主催 国立民族学博物館 新型コロナウイルス感染症の予防のため、開催方法等を変更または中止する場合があります。事前にホームページでご確認ください。 みんぱくワールドシネマ 映像から考える<人類の未来>第51回上映会 はじまりへの旅 / Captain Fantastic 2016年/アメリカ/118分/英語/日本語字幕付き 【開催日】2022年7月9日[土] 13:30~16:30(開場13:00) 【監督】マット・ロス 【出演】ヴィゴ・モーテンセン フランク・ランジェラ 【司会】菅瀬晶子(国立民族学博物館准教授) 【解説】深海菊絵(日本学術振興会特別研究員) 「映画解説」 アメリカ北西部で野性味あふれる自給自足に励む、 独特の教育方針を貫く父と6人の子どもたちが、母の葬儀に向かう波乱の道中を経て、[...]
10
11
12
13
休館日
休館日
7月 13 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
14
15
16
鵜と人間――ウミウ産卵の謎解きから 13:30
鵜と人間――ウミウ産卵の謎解きから @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
7月 16 @ 13:30 – 15:00
鵜と人間――ウミウ産卵の謎解きから @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
みんぱくゼミナール 人工孵化で誕生したウミウ(2014年) コレクション展「現代中国を、カワウと生きる――鵜飼い漁師たちの技」関連 1500年以上の歴史をもつ日本の鵜飼において、2014年5月にめずらしい出来事が起こりました。鵜が産卵したのです。なぜこれがめずらしいのか。本講演ではウミウ産卵の謎を解きながら日本の動物利用の特徴を紹介します。 講師 卯田宗平(国立民族学博物館准教授) 聴講方法 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) ※ オンライン(ライブ配信)はありません。 日時 2022年7月16日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 会場参加 200名 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2022年6月24日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 イベント予約サイトからのお申込み 期間:2022年6月20日(月)10:00 ~ 2022年7月13日(水)17:00まで 定員になり次第受付終了します。 本人を含む2名までお申し込みできます。 オンライン(ライブ配信)はありません。 イベント予約サイトへ移動 当日参加申込(定員40名) 11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
17
18
19
20
休館日
休館日
7月 20 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
21
22
23
24
北アメリカ北西海岸地域のトーテムポールについて 14:30
北アメリカ北西海岸地域のトーテムポールについて @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
7月 24 @ 14:30 – 15:15
北アメリカ北西海岸地域のトーテムポールについて @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう みんぱくの新しいトーテムポール(2020年6月建立) 北アメリカ北西海岸地域の沿岸にすむ先住民ハイダ人やクワクワカワクゥ人らは、動物や人間などを彫刻した巨大な木柱「トーテムポール」を制作することで知られています。トーテムポールとは何か、その制作の歴史や現状について紹介します。 話者 岸上伸啓(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年7月24日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
25
26
27
休館日
休館日
7月 27 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
28
29
30
みんぱく夏休みこどもワークショップ 「フィールドワークに挑戦!――資料をまもる、博物館のしごと」 10:30
みんぱく夏休みこどもワークショップ 「フィールドワークに挑戦!――資料をまもる、博物館のしごと」 @ 国立民族学博物館 第3セミナー室(本館2F)、本館展示場、収蔵庫(前室から見学)など
7月 30 @ 10:30 – 15:40
みんぱく夏休みこどもワークショップ 「フィールドワークに挑戦!――資料をまもる、博物館のしごと」 @ 国立民族学博物館 第3セミナー室(本館2F)、本館展示場、収蔵庫(前室から見学)など
みんぱくでは、世界のさまざまな国や地域から人びとの生活にかかわる資料を収集してきました。その数は、35万点近くにもおよびます。これらのたいせつな資料をまもり、つぎの世代に引き継いでいくことは、博物館の大きなしごとです。資料をまもり、活用していくためには、継続的な研究や調査、さまざまな工夫が必要です。このワークショップでは、資料をまもることを考え、体験し、その成果をオリジナルの報告書としてまとめます。 チラシダウンロード[PDF:7.6MB] 開  催  日 7月30日(土) 時     間 10:30~15:40(10:00 ~受付開始) 会     場 国立民族学博物館 第3セミナー室(本館2F)、本館展示場、収蔵庫(前室から見学)など 講     師 末森薫(国立民族学博物館准教授) 成果物展示期間 2022年8月上旬まで(お盆前には郵送にて返却します) 展 示 場 所 探究ひろば横休憩所(予定) 対     象 小学4年生~6年生 定     員 12名 持  ち  物 デジタルカメラ、昼食、飲み物 ※デジタルカメラをお持ちでない方は、ご相談ください。 参 加 方 法 500円/観覧料不要   事前申込制(先着順)  ・イベント予約サイトまたは往復はがきにて要事前申込。 ・1通につき1名の応募に限る。 応 募 期 間 2022年7月6日(水)10:00~ 定員に達し次第受付終了 (往復はがきは7月6日(水)到着分から) 備     考 <報告書について> 当日制作された報告書は、館内で展示したあと郵送にて返却いたします。 <保護者の方へ>[...]
31
中国ムスリムの婚姻 14:30
中国ムスリムの婚姻 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
7月 31 @ 14:30 – 15:00
中国ムスリムの婚姻 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 来客を迎える新郎新婦 回族と呼ばれる中国のムスリム(イスラーム教徒)たちは族内婚を重視する傾向にあります。一方で、近年、漢族をはじめとする非ムスリムとの通婚も増加しています。回族の婚姻がどのようなもので、それがどのように変化してきたのかを考えます。 話者 奈良雅史(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年7月31日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)