イベントカレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
躍動するインド世界の布 10:00
躍動するインド世界の布 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
10月 28 2021 @ 10:00 – 1月 25 2022 @ 17:00
躍動するインド世界の布 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:3.4MB] 会期 2021年10月28日(木)~ 2022年1月25日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日(ただし、11月3日は開館、翌4日は休館) 年末年始(12月28日~1月4日) 主催 国立民族学博物館 協力 MINDAS(南アジア地域研究国立民族学博物館拠点) 公益財団法人千里文化財団 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 詳しくはこちらから 展示概要 インドを中心とする南アジア世界において、布は時と場所、使途に応じて、あるいは宗教的規範や社会的慣習によって、用いられるかたちや色、文様が異なり、その扱われ方も場面ごとに明確に定められている。 これまでインドについては、一枚布を巧みに変形させて、多様にまとう着衣文化があることが注目されてきた。だがインドにおける布は、衣装としてだけではなく、人生儀礼における贈与や、神がみへの奉納、社会運動でのシンボルといった多様な役割を担っている。人びとは場面に応じて多種多様な布のなかから目的や機能に適したものを選び、使い分けているのである。そのような人びとと布の多様な関係性は、多宗教、カースト制度、数百を超える言語といったインド社会の特質と深く結びついている。 インド世界の布は、場をくぎり、人をつなぎ、神と人の媒介となり、政治をうごかし、グローバル経済をうみだす。このように躍動する布の現場に光を当て、布の役割や機能を明らかにすることは、グローバル化が進む現代インドの社会や文化の持続と変容の動態をひもとくことにつながる。本展示ではインド社会をつくりだしている人びとの営みを多彩な布とともに紹介する。 イスラームの集会のトロン。バングラデシュ、ダッカ、2010年、五十嵐理奈撮影 インド、グジャラート州、カッチ県の港町ムンドラー郊外にある聖者墓に掛けられたダルガー・チャーダル。中央の赤字の布にはモスクの形にアッラーの美名がプリントされている。2011年、鈴木英明撮影 庶民の市場バラ・バザールの頭上を飾るインド国旗の連続旗。インド、西ベンガル州、コルカタ、2013年、豊山亜希撮影 インドで東アフリカ向けカンガの生産がおこなわれている。インド、グジャラート州、ジェートプル、2006年、金谷美和撮影 野蚕のエリ蚕にヒマの葉を飼料として与える。インド、アッサム州、2019年、上羽陽子撮影 関連催し みんぱくウィークエンド・サロン 神と出会うために——礼拝儀礼布ピチュワーイー 日時:2021年11月7日(日) 14:30~15:15 講師:豊山亜希(近畿大学准教授)    上羽陽子(人類文明誌研究部准教授)[...]
29
30
31