Select Language

イベントカレンダー

1
特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」
特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
3月 4 – 5月 18 終日
特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
◯ 「2021年度ディスプレイ産業賞」入選しました ▸ 詳しくはこちら 展示概要 未曽有(みぞう)の被害をもたらした2011年の東日本大震災では、復興の原動力としての「地域文化」に大きな注目がよせられました。地域文化とは、その土地の自然に適合しながら形成された生活環境、その土地に人が住むことで蓄積されてきた歴史、そして、これらの生活環境や歴史の営みのなかで生み出されたくらしの総体であり、「地域で受け継がれてきた生活の記憶」ともいえるものです。また、地域文化は有形無形のさまざま形で受け継がれています。そしてこれらの地域文化は、地域に住む人びとの感情、あるいは人生の節目や季節の移り変わり目と結びつき、地域住民の豊かな人間性や創造性を育んでいきます。このことから、地域文化は災害からの復興を支える力をもった存在になりうるのです。 しかしながら、日常のくらしの営みのなかでは、地域文化の存在は当たり前のものであり、ほとんど意識されることがありません。むしろ変化の大きな現代社会のなかでは、容易に忘れ去られる危機に常に直面しています。 そこで、本展示では災害からの復興を支える地域文化をめぐる活動について、東日本大震災から10年が経つ今、あらためて振り返ります。また、豊かな社会の礎(いしずえ)となる地域文化の大切さとその継承について考えていきます。 東日本大震災での文化財レスキューの様子 大阪府浪速区に伝えられている津波碑 和歌山県白浜町富田に伝えられる津浪警告板 地域文化を伝える古文書の調査 地域で伝えられてきた被災文化財の修復 地域の復興を後押しする郷土芸能-鵜鳥神楽 関連映像 「復興を支える地域の文化―3.11から10年」展示解説映像 ●実行委員長・当館 日髙真吾教授による展示解説映像 展示解説ビデオ「牡鹿半島の民俗誌」内容編 ●実行委員・武蔵野美術大学 加藤幸治教授による展示解説映像 上まりこさんに聞く「展覧会をつくる」しごと|国立民族学博物館 特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」にて ●展示のデザインを担当した上まりこさんによる展示デザインのコンセプト解説 パノラマムービー 特別展「復興を支える地域の文化―3.11から10年」 「阪神虎舞みんぱく公演」 「じゃんがら念仏踊りみんぱく公演」 「シンポジウム『多角的な視点から捉える地域の文化―博物館における研究の可視化・高度化』」 関連催し 研究公演 阪神虎舞みんぱく公演 新型コロナウイルスの感染動向をふまえ、本公演はオンライン配信のみで開催します。 日付:2021年3月6日(土)13:20~15:00(開場12:50) 出演:阪神虎舞 パネリスト:橋本裕之(大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員・坐摩神社権禰宜)[...]
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31