Select Language

イベントカレンダー

1
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 10:00
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
3月 17 @ 10:00 – 5月 31 @ 17:00
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
.hover1:hover { opacity: 0.6; } .cover01{ background-image: url("/assets/posts/ai1ec_event/29506/zuroku_c.jpg"); height: 100%; } .cover02:hover { opacity: 0; } チラシダウンロード[PDF:3.9MB] 会 期 2022年3月17日(木)~ 5月31日(火) 会 場 国立民族学博物館 特別展示館 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日(※ただし、5月4日(水)は開館、6日(金)は休館) 主 催 国立民族学博物館 協 賛 在徳島モンゴル国名誉領事館 協 力 国際モンゴル学会、モンゴル科学アカデミー、モンゴル国立公文書館、チンギス・ハーン博物館、ボグド・ハーン宮殿博物館、ザナバザル美術館、HIS Mongolia、ロシア地理学教会、ロシア民族誌博物館、オーブルチェフ記念キャフタ地方伝承博物館、ロシア科学アカデミー・ピョートル大帝記念人類学民族学博物館(クンストカメラ)、ロシア科学アカデミー物質文化史研究所、アメリカ議会図書館、アメリカ自然史博物館、オスロ大学文化史博物館、ウプサラ大学図書館、フィンランド文化遺産庁、デンマーク国立博物館、フランス・オー・ド・セーヌ県立アルベール・カーン美術館、ポーランド科学アカデミー、国立大学法人鳥取大学 乾燥地研究センター、国立大学法人鳥取大学 国際乾燥地研究教育機構、総合地球環境学研究所、千里文化財団[...]
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
巡回展「驚異と怪異 世界の幻獣と霊獣たち」【高知県立歴史民俗資料館】 09:00
巡回展「驚異と怪異 世界の幻獣と霊獣たち」【高知県立歴史民俗資料館】 @ 高知県立歴史民俗資料館 3階 総合展示室
4月 29 @ 09:00 – 6月 26 @ 17:00
巡回展「驚異と怪異 世界の幻獣と霊獣たち」【高知県立歴史民俗資料館】 @ 高知県立歴史民俗資料館 3階 総合展示室
会 期:2022年4月29日(金・祝)~2022年6月26日(日) ※ 詳しくは 高知県立歴史民俗資料館ホームページ まで 会 場:高知県立歴史民俗資料館 3階 総合展示室 開場時間:午前9時から午後5時(ただし入場受付は午後4時30分まで) 休館日:会期中無休(ただし天候等により臨時休館あり) ※5月3日(火・祝)は入館無料 主 催:高知県立歴史民俗資料館(公益財団法人 高知県文化財団)、国立民族学博物館、公益財団法人千里文化財団、KUTVテレビ高知 後 援:高知県教育委員会・高知新聞社・朝日新聞高知総局・毎日新聞高知支局・読売新聞高知支局・NHK高知放送局・KCB高知ケーブルテレビ・エフエム高知 概要 本展は、2019年に国立民族学博物館(みんぱく)で開催された特別展「驚異と怪異」の一部を巡回するものです。近世以前、ヨーロッパや中東においては、人魚や一角獣といった不可思議だが実在するかもしれない生物や現象が「驚異」として自然誌の知識の一部とされてきました。また、東アジアにおいては、奇怪な現象や異様な生物の説明として「怪異」という概念が作り上げられてきました。高知展では、みんぱくの資料を中心に独自借用の資料も加え、龍、怪鳥、巨人など世界各地の人びとが創り出してきた不思議な生きものたちを紹介して、人間の想像力の面白さに迫ります。 詳細はこちら みんぱくで開催された特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」情報はこちら (開催期間:2019年8月29日(木)~ 11月26日(火))
30