Select Language

イベントカレンダー

1
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ 10:00
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
3月 10 @ 10:00 – 6月 7 @ 17:00
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:2.9MB] 会 期 2022年3月10日(木)~ 2022年6月7日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 休館日 水曜日(※ただし、5月4日[水]は開館、6日[金]は休館) 主 催 国立民族学博物館、五木村 協 力 人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「北東アジア地域研究」(国立民族学博物館拠点) 公益財団法人千里文化財団 後 援 熊本県 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程  ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。  ▶ 詳しくはこちらから 展示概要 焼畑は人類の歴史とともに長い伝統を持ち、現在でも熱帯地域では欠かせない生業基盤のひとつになっている。しかし東南アジアなどでは森林破壊の原因のひとつと見られ負のイメージが強い。 一方で焼畑は、アワ、ヒエ、バナナ、サトイモ、アズキ、ソバ、カブなどが栽培されて、収穫後は畑地を森にもどす再生型の農耕であり、その間には狩猟や採集がおこなわれる。このため今日の日本では自然に優しい持続型農法として注目されている。 本展では、佐々木高明が熊本県五木(いつき)村で撮影した焼畑の写真や現地で使用されてきた道具をはじめとして、日本や世界の焼畑がどの地域でどのような環境のもとおこなわれてきたのか、各地域の焼畑の特徴はなにかを紹介する。また、五木村を中心とした世界の焼畑をとおして、人間と自然との共生のありかたについて考えてみる。 展示記録パノラマムービー 佐々木高明 SASAKI[...]
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 10:00
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
3月 17 @ 10:00 – 5月 31 @ 17:00
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
.hover1:hover { opacity: 0.6; } .cover01{ background-image: url("/assets/posts/ai1ec_event/29506/zuroku_c.jpg"); height: 100%; } .cover02:hover { opacity: 0; } チラシダウンロード[PDF:3.9MB] 会 期 2022年3月17日(木)~ 5月31日(火) 会 場 国立民族学博物館 特別展示館 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日(※ただし、5月4日(水)は開館、6日(金)は休館) 主 催 国立民族学博物館 協 賛 在徳島モンゴル国名誉領事館 協 力 国際モンゴル学会、モンゴル科学アカデミー、モンゴル国立公文書館、チンギス・ハーン博物館、ボグド・ハーン宮殿博物館、ザナバザル美術館、HIS Mongolia、ロシア地理学教会、ロシア民族誌博物館、オーブルチェフ記念キャフタ地方伝承博物館、ロシア科学アカデミー・ピョートル大帝記念人類学民族学博物館(クンストカメラ)、ロシア科学アカデミー物質文化史研究所、アメリカ議会図書館、アメリカ自然史博物館、オスロ大学文化史博物館、ウプサラ大学図書館、フィンランド文化遺産庁、デンマーク国立博物館、フランス・オー・ド・セーヌ県立アルベール・カーン美術館、ポーランド科学アカデミー、国立大学法人鳥取大学 乾燥地研究センター、国立大学法人鳥取大学 国際乾燥地研究教育機構、総合地球環境学研究所、千里文化財団[...]
2
3
台湾原住民族と焼畑農耕 14:30
台湾原住民族と焼畑農耕 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
4月 3 @ 14:30 – 15:00
台湾原住民族と焼畑農耕 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう パイワン族が焼畑で栽培し収獲したアワ。(1997年、撮影:野林厚志) 企画展「焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ」関連 焼畑農耕はかつて台湾の原住民族の生計を支え、集団の規模を大幅に増減させずに、集団の生態学的な健康を維持する有効な生業活動でした。日本統治時代や中華民国の施政下、衰退した焼畑農耕を歴史資料や民族誌を手掛かりに解説し、その生態学的、文化的意義を考えます。 話者 野林厚志(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年4月3日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
4
5
6
7
8
9
10
モンゴルの“民族衣装”の100年前と今 14:30
モンゴルの“民族衣装”の100年前と今 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
4月 10 @ 14:30 – 15:30
モンゴルの“民族衣装”の100年前と今 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう トルゴ社のアヴァンギャルド・デール。 2015年、ウランバートル市。島村一平撮影 日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展 「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」関連 素朴なモンゴルの“民族衣装”デールは実は「人民服」だった?!現代のモンゴルの衣装は、煌びやかな100年前の衣装に負けないくらい進化を遂げている?!このサロンでは、写真とともにモンゴル衣装の100年を見ていきます。そこでは今までのモンゴル像とは異なる、新たなモンゴルの姿に出逢えることでしょう。 話者 島村一平(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年4月10日(日)14:30~15:30(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
11
12
13
14
15
16
古代オアシス都市における人びとの暮らしと宗教――カフィル・カラ遺跡の発掘調査から 13:30
古代オアシス都市における人びとの暮らしと宗教――カフィル・カラ遺跡の発掘調査から @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
4月 16 @ 13:30 – 15:00
古代オアシス都市における人びとの暮らしと宗教――カフィル・カラ遺跡の発掘調査から @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
みんぱくゼミナール カフィル・カラ遺跡城塞部の大型建物跡 [2015年、寺村撮影] カフィル・カラ遺跡(ウズベキスタン)での食糧庫跡やゾロアスター教関連の木彫板の発見など、発掘調査の成果を紹介しながら、当時の人びとの暮らしぶりや宗教について考えます。 講師 寺村裕史(国立民族学博物館准教授) 聴講方法 ①国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) ②オンライン(ライブ配信) 日時 2022年4月16日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 ①会場参加 160名 ②オンライン(ライブ配信) 300名 申込方法は下記をご覧ください。 いずれも事前申込先着順です。 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2022年3月25日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 オンライン予約 期間:2022年3月22日(火)10:00 ~ 2022年4月13日(水)17:00まで 定員になり次第受付終了します。 会場参加については本人を含む2名までお申し込みできます。 イベント予約サイトへ移動 当日参加申込(会場参加のみ定員30名) 11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
17
特別研究 第6回オンライン研究会 Performing Arts and Conviviality 10:00
特別研究 第6回オンライン研究会 Performing Arts and Conviviality @ オンライン開催
4月 17 @ 10:00 – 12:00
特別研究 第6回オンライン研究会 Performing Arts and Conviviality @ オンライン開催
特別研究「パフォーミング・アーツと積極的共生」関連 日時 2022年4月17日(日)10:00 – 12:00 場所 オンライン開催 使用言語 英語 対象者 一般公開(参加無料/要事前申込/定員50名) 参加申込 登録フォーム (4月15日締切) 問い合わせ E-mail:fken●minpaku.ac.jp ※●を@に置き換えてご送信ください。 Program From Anger to Bond: Imagining a New Buraku Community through Taiko Drumming. Terada Yoshitaka (National Museum of[...]
ネパールの焼畑 14:30
ネパールの焼畑 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
4月 17 @ 14:30 – 15:15
ネパールの焼畑 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 上:手鍬で穴をあけトウモロコシを播種、   火入れ後11日目(1996年5月) 下:鎌を使った焼畑の2回目の除草   (1992年8月) 企画展「焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ」関連 ネパールではヒマラヤの前山マハーバーラト山脈において、マガールという民族(先住民)が焼畑をつくり、主にトウモロコシを栽培しています。焼畑の用益権や循環システムはどのようなものかを紹介し、今日までつくられてきた要因を考えます。 話者 南真木人(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年4月17日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
18
19
20
21
22
23
森のくらし――焼畑から見るSDGs 13:00
森のくらし――焼畑から見るSDGs @ 国立民族学博物館 第3セミナー室(本館2F)、企画展示場
4月 23 @ 13:00 – 15:30
森のくらし――焼畑から見るSDGs @ 国立民族学博物館 第3セミナー室(本館2F)、企画展示場
チラシダウンロード[PDF:4MB] 企画展「焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ」関連 ワークシートをつかって、森にくらす人びとについてしらべたり、スケッチしたりします。 どんな発見があるかな? 開 催 日 4月23日(土) 時  間 13:00~15:30(12:30 ~受付開始) 会  場 国立民族学博物館 第3セミナー室(本館2F)、企画展示場 サポーター 池谷和信(国立民族学博物館教授、フィールドワーカー) 大林龍矢(漫画家、イラストレーター) 対  象 小学5年生以上~ 定  員 10名 参加方法 参加費無料(大学生・一般の参加者は要展示観覧券) 事前申込制(先着順)  ・イベント予約サイトまたは往復はがきにて要事前申込。 ・1通につき2名まで申込可能。 応募期間 2022年3月24日(木)10:00~ 定員に達し次第受付終了 (往復はがきは3月24日到着分から) 主  催 国立民族学博物館 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止する場合がございますのであらかじめご了承ください。 中止の場合はホームページにてお知らせする他、お申込の方へは個別でご連絡いたします。 サポーター[...]
24
難民の声を劇に――オーストリアの地方都市の演劇活動 14:30
難民の声を劇に――オーストリアの地方都市の演劇活動 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
4月 24 @ 14:30 – 15:00
難民の声を劇に――オーストリアの地方都市の演劇活動 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 難民申請者と住民有志による演劇練習風景 2018年3月 オーストリアのある地方都市で、住民と難民の有志が展開する演劇活動についてお話します。2015年夏、中東や北アフリカなどの紛争地からおびただしい数の人びとがヨーロッパをめざす動きが起こりました。EUは各国に申請者を割り当てることとし、申請者は各地の収容施設に送られました。そこでさまざまな出会いが起こります。 話者 森明子(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年4月24日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
25
シンポジウム: 「文明の生態史観」と地球社会 13:00
シンポジウム: 「文明の生態史観」と地球社会 @ オンライン開催
4月 25 @ 13:00 – 17:00
シンポジウム: 「文明の生態史観」と地球社会 @ オンライン開催
特別研究「グローバル地域研究と地球社会の認知地図―わたしたちはいかに世界を共創するのか?」関連 日時 2022年4月25日(月)13:00 – 17:00 場所 オンライン(Zoom) 言語 日本語・英語(同時通訳あり) 主催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立民族学博物館 特別研究「グローバル地域研究と地球社会の認知地図―わたしたちはいかに世界を共創するのか?」 共催 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 基幹研究プロジェクト 地域研究推進事業「グローバル地域研究」プログラム 対象者 一般公開(参加無料/要事前申込) 参加申込 登録フォーム (4月23日締切) 問い合わせ E-mail:kenjikuroda[at]minpaku.ac.jp ※[at]を@に置き換えてご送信ください。 チラシダウンロード[PDF:629KB] 趣旨説明 西尾哲夫(国立民族学博物館) アフガニスタンにいるモンゴル系の人びとを訪問した後(参照「モゴール族探検記」)、梅棹忠夫はインドに向かう車中で、ローマ字のタイプ打ちでメモをとっていた。その旅が、文明の生態史観となる。ちなみに梅棹は1952年からローマ字で日記をつけていた。アフガニスタンでの調査から帰国後、突然、ローマ字をやめた日記になる。その1956年4月16日に、桑原先生に「歴史家になりたい、という話をはじめてした」とある。「中洋の国ぐに」との出あいで、梅棹のなかで何かが大きく変わろうとしていた。 かつて和辻哲郎は、インド洋を渡ってアラビア半島のアデンを経由し、地中海へと入る長い船旅での観察をもとにして風土的文化類型論を構築した。また井筒俊彦は、イスラーム神秘主義のなかに人間存在の普遍性をさぐって、東洋的哲学を構築しようとした。梅棹忠夫にあっては、「中洋」という文明圏の発見が、その後の地球的規模の文明論の構築へとつながっていった。その意味で、西洋と東洋のあいだに位置する地域へのまなざしは、西洋化によってその知的洗練を受けた日本人が、自らの歴史意識をはぐくんできた「東洋」と、西洋における歴史意識の展開において重要な役割をはたしつづけてきた「オリエント」をグローバルな視点から再定位する作業にほかならない。 「中洋」という言葉は市民権を得ているわけではないが、後に梅棹が推進していく中東イスラーム世界を対象とする地域研究の体制づくりは、石油をめぐる日本と中東世界との経済関係強化という国策がその背景にあったにせよ、日本における当該研究を進展させただけでなく、国益にそった地域研究を地球規模の問題群にアプローチする学問的営みへと変えることにつながっていった。[...]
26
27
28
29
巡回展「驚異と怪異 世界の幻獣と霊獣たち」【高知県立歴史民俗資料館】 09:00
巡回展「驚異と怪異 世界の幻獣と霊獣たち」【高知県立歴史民俗資料館】 @ 高知県立歴史民俗資料館 3階 総合展示室
4月 29 @ 09:00 – 6月 26 @ 17:00
巡回展「驚異と怪異 世界の幻獣と霊獣たち」【高知県立歴史民俗資料館】 @ 高知県立歴史民俗資料館 3階 総合展示室
会 期:2022年4月29日(金・祝)~2022年6月26日(日) ※ 詳しくは 高知県立歴史民俗資料館ホームページ まで 会 場:高知県立歴史民俗資料館 3階 総合展示室 開場時間:午前9時から午後5時(ただし入場受付は午後4時30分まで) 休館日:会期中無休(ただし天候等により臨時休館あり) ※5月3日(火・祝)は入館無料 主 催:高知県立歴史民俗資料館(公益財団法人 高知県文化財団)、国立民族学博物館、公益財団法人千里文化財団、KUTVテレビ高知 後 援:高知県教育委員会・高知新聞社・朝日新聞高知総局・毎日新聞高知支局・読売新聞高知支局・NHK高知放送局・KCB高知ケーブルテレビ・エフエム高知 概要 本展は、2019年に国立民族学博物館(みんぱく)で開催された特別展「驚異と怪異」の一部を巡回するものです。近世以前、ヨーロッパや中東においては、人魚や一角獣といった不可思議だが実在するかもしれない生物や現象が「驚異」として自然誌の知識の一部とされてきました。また、東アジアにおいては、奇怪な現象や異様な生物の説明として「怪異」という概念が作り上げられてきました。高知展では、みんぱくの資料を中心に独自借用の資料も加え、龍、怪鳥、巨人など世界各地の人びとが創り出してきた不思議な生きものたちを紹介して、人間の想像力の面白さに迫ります。 詳細はこちら みんぱくで開催された特別展「驚異と怪異――想像界の生きものたち」情報はこちら (開催期間:2019年8月29日(木)~ 11月26日(火))
30
焼畑から見た日本の文化 13:00
焼畑から見た日本の文化 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
4月 30 @ 13:00 – 16:00
焼畑から見た日本の文化 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
みんぱく映画会 チラシダウンロード[PDF:4.2MB] 企画展「焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ」関連 日本列島では山地部を中心にして先史時代以来現在まで焼畑がおこなわれてきました。 本映画会は2部構成で、第1部では戦後までおこなわれていた四国の焼畑を映像で紹介し、第2部では長年にわたって焼畑の調査・研究をしてきた研究者をまじえて日本の焼畑の過去、現在、未来について討論します。日本文化にとって焼畑とは何かを考える機会になるでしょう。 開催日 2022年4月30日(土) 時間 13:00~16:00(12:30開場) 場所 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) 参加費 無料/要展示観覧券 定員 定員に達しましたので申込受付は終了いたしました。 会場参加のみ 160名(要事前申込) ※オンライン(ライブ配信)の実施はありません。 主催 国立民族学博物館 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、イベントの内容を変更またはイベントを中止とする場合があります。事前に本ホームページでご確認ください。 プログラム 開会挨拶 池谷和信 第1部 映画上映 上映作品「椿山――焼畑に生きる」 休憩 第2部 ディスカッション 「日本の焼畑を考える」 野本寛一、川野和昭、池谷和信 上映作品「椿山――焼畑に生きる」 1977年/日本/日本語/95分/日本語字幕なし 監督・プロデューサー:姫田忠義  配給:民族文化映像研究所[...]