Select Language

イベントカレンダー

1
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア 10:00
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
9月 8 @ 10:00 – 12月 13 @ 17:00
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:6.1MB] 会 期 2022年9月8日(木)~ 12月13日(火) 会 場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日 ※ ただし、11月23日(水・祝) は開館、翌24日(木)は休館 観覧料 一般580円、大学生250円、高校生以下無料 主 催 国立民族学博物館 協 力 国立科学博物館、沖縄県立博物館・美術館、沖縄県立埋蔵文化財センター、公益財団法人千里文化財団、NIHUグローバル地域研究プログラム「海域アジア・オセアニア研究」国立民族学博物館拠点 特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」 後 援 日本オセアニア学会、東南アジア考古学会、日本動物考古学会 キャッチフレーズ モノからみる東南アジアとオセアニア 展示概要 東南アジアやオセアニアの海域世界には、海と密接に関わりながら、島や大陸の沿岸部にくらしてきた「海の民」とも呼べる人びとのくらしが営まれてきました。その長い歴史のなかで日常的に利用され、洗練されてきた様々なモノがあります。 「カニ筌漁師と筌と舟」フィリピン・セブ州マクタン島 2005年 辻貴志 撮影 「潜水メガネを使ったクモガイの採捕の様子」フィリピン・セブ州マクタン島 2005年 辻貴志 撮影 たとえば漁具は、島世界にくらす人びとの必需品ですが、そこには海や捕獲対象となる生き物たちと向かい合ってきた人類の知恵と工夫があふれています。舟は海上で人びとの命を守る最も大切なモノともなります。そのため海の民たちは舟や櫂に彫刻や彩色を施し、美しく装飾してきました。同時に舟は死者や霊を乗せ、この世とあの世をつなぐモノとなることもあります。 「木彫や装飾が美しい儀礼用櫂」(標本番号 H0168179、H0173470、H0138462、H0162458) 「クラカヌー用[...]
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
マダガスカルの霊長類と人 14:30
マダガスカルの霊長類と人 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
12月 11 @ 14:30 – 15:15
マダガスカルの霊長類と人 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう ワオキツネザルの親子(ベレンティ保護区、2005年、撮影:栗林愛) マダガスカルはアフリカ大陸南東のインド洋上にある巨大な島です。そこでは、動植物の90%以上が固有種と言われており、霊長類だけでも約100種の固有種がいます。マダガスカルの霊長類(キツネザル)とそこで暮らす人びとについて紹介します。 話者 市野進一郎(国立民族学博物館特任助教) 場所 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室 日時 2022年12月11日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[当日先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階会場前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
12
13
14
15
16
17
神殿をつくることから生まれた文明――古代アンデスの祭祀建造物 13:30
神殿をつくることから生まれた文明――古代アンデスの祭祀建造物 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
12月 17 @ 13:30 – 15:00
神殿をつくることから生まれた文明――古代アンデスの祭祀建造物 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
みんぱくゼミナール チャビン・デ・ワンタル神殿内部の石彫(ジェイソン・ネスビット撮影2018年) 古代アンデス文明の展開のなかで、神殿を建造することは極めて重要な意味を持っていました。人びとはなぜ3000年間もの間、繰り返し神殿を作り続けたのか、神殿が文明の形成に果たした役割を探ります。 講師 松本雄一(国立民族学博物館准教授) 聴講方法 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) ※ オンライン(ライブ配信)はありません。 日時 2022年12月17日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 会場参加 200名 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2022年11月25日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 イベント予約サイトからのお申込み 期間:2022年11月21日(月)10:00 ~ 2022年12月14日(水)17:00まで 定員になり次第受付終了します。 本人を含む2名までお申し込みできます。 オンライン(ライブ配信)はありません。 イベント予約サイトへ移動 当日参加申込(定員40名) 11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31