Select Language

イベントカレンダー

1
コレクション展示「現代中国を、カワウと生きる―鵜飼い漁師たちの技」 10:00
コレクション展示「現代中国を、カワウと生きる―鵜飼い漁師たちの技」 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場の一部
6月 30 @ 10:00 – 8月 2 @ 17:00
コレクション展示「現代中国を、カワウと生きる―鵜飼い漁師たちの技」 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場の一部
チラシダウンロード[PDF:1.6MB] 会 期 2022年6月30日(木)~ 2022年8月2日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場の一部 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 休館日 水曜日 主 催 国立民族学博物館 協 力 岐阜市長良川鵜飼伝承館(長良川うかいミュージアム) 公益財団法人千里文化財団 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程  ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。  ▶ 詳しくはこちらから 展示趣旨 鵜飼はカワウやウミウを利用して魚をとる漁法です。 2000年の歴史があるとされる中国の鵜飼は、カワウを利用し、生業として続いています。本展示は、本館の卯田宗平が中国各地で撮影した鵜飼にかかわる写真と動画を中心に、民博が所蔵する鵜飼い船もあわせて公開することで、現代中国をカワウと生きぬく漁師たちの技を紹介するものです。 本展示では現地で撮影した写真や動画のなかで中国の鵜飼を特徴づけるものを選びました。中国における鵜飼の特徴とは、地域による技術の多様さとカワウの人工繁殖、生業としての漁法です。本展示では、このような特徴を踏まえ、写真や動画、標本資料を「中国各地でみられる鵜飼」、「持ち運びが便利な鵜飼船」、「カワウを繁殖させる技術」、「カワウを利用した漁の技術」という4つのテーマに分けて公開しています。 とくに、中国の鵜飼では各地の漁師たちがカワウを自宅で繁殖させ、ヒナを育てて利用しています。こうしたカワウの人工繁殖は、世界中をみても中国でしかおこなわれていません。展示を通して、鵜飼の技術や知識、鵜と人間とのかかわりを理解していただければ幸いです。 卯田宗平人類文明誌研究部 船に20羽ほどのカワウをのせて出漁する漁師たち(山東省微山湖) 各コーナー説明[...]
2
3
4
【成果発表】みんぱく夏休みこどもワークショップ 「フィールドワークに挑戦!――資料をまもる、博物館のしごと」みんなの研究報告書 10:00
【成果発表】みんぱく夏休みこどもワークショップ 「フィールドワークに挑戦!――資料をまもる、博物館のしごと」みんなの研究報告書 @ 国立民族学博物館 探究ひろば横休憩所
8月 4 @ 10:00 – 8月 11 @ 17:00
【成果発表】みんぱく夏休みこどもワークショップ 「フィールドワークに挑戦!――資料をまもる、博物館のしごと」みんなの研究報告書 @ 国立民族学博物館 探究ひろば横休憩所
2022年7月30日(土)、みんぱく夏休みこどもワークショップ 「フィールドワークに挑戦!――資料をまもる、博物館のしごと」を実施しました。 「資料をまもる、博物館のしごと」をテーマに資料を守る大切さやその方法について、みんぱくの研究者・末森先生からお話を聞いたり、バックヤードや展示場で機器をつかった調査をしました。結果をまとめた「研究報告書」は本館2階で8月11日まで展示しています。 展示期間 2022年8月4日(木)~8月11日(木・祝) 場  所 国立民族学博物館 探究ひろば横休憩所 協  力 イカリ消毒株式会社 みんぱく夏休みこどもワークショップ 「フィールドワークに挑戦!――資料をまもる、博物館のしごと」 ワークショップ・報告書展示の様子 ワークショップ概要(7月30日開催) 開催日:2022年7月30日(土) 時 間:10:30~15:40(10:00 ~受付開始) 会 場:国立民族学博物館 第3セミナー室(本館2F)、本館展示場、収蔵庫(前室から見学)など 対 象:小学4年生~6年生 定 員:12名(事前申込制・先着順) 参加費:500円/観覧料不要 持ち物:デジタルカメラ、昼食、飲み物 講 師:末森薫(国立民族学博物館准教授) 講師プロフィール 末森 薫(すえもり かおる/国立民族学博物館准教授) 博物館における資料保存・管理の実証的研究に携わる。また、中国甘粛省(かんしゅくしょう)にある石窟寺院(せっくつじいん)、エジプトやバーレーンの考古遺跡等をフィールドとして、美術史・考古学、文化財科学の視点より研究を進めている。著書に『敦煌莫高窟と千仏図――規則性がつくる宗教空間』(2020年、法藏館)がある。
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
ソースコミュニティを敬う博物館活動 13:30
ソースコミュニティを敬う博物館活動 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
8月 20 @ 13:30 – 15:00
ソースコミュニティを敬う博物館活動 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
みんぱくゼミナール 「もの語り」の収録時間はビデオテーク全番組の2倍に及ぶ アメリカ先住民ホピの人びとを招いて、自分たちの文化に由来するとされる資料を確認してもらうと、次々に代替不可能性(個性)が語られていきました。博物館資料とソースコミュニティの人びととの「再会」の意味を探ります。 講師 伊藤敦規(国立民族学博物館准教授) 聴講方法 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) ※ オンライン(ライブ配信)はありません。 日時 2022年8月20日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 会場参加 200名 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2022年7月29日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 イベント予約サイトからのお申込み 期間:2022年7月19日(火)10:00 ~ 2022年8月17日(水)17:00まで 定員になり次第受付終了します。 本人を含む2名までお申し込みできます。 オンライン(ライブ配信)はありません。 イベント予約サイトへ移動 当日参加申込(定員40名) 11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
21
22
23
24
25
26
27
28
ソースコミュニティに優しい資料画像の公表プロセス 14:30
ソースコミュニティに優しい資料画像の公表プロセス @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
8月 28 @ 14:30 – 15:30
ソースコミュニティに優しい資料画像の公表プロセス @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう ローレンス・スフキー作ブレスレットの熟覧の様子(H0268550) 各地の博物館で資料を確認したソースコミュニティの人びとは作者の思想や感情が創作的に表現されている点を指摘しました。フォーラムとしてのミュージアムという思想を補強すべく取り組んでいる、ソースコミュニティに優しい公表プロセスのモデルづくりを紹介します。 話者 伊藤敦規(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年8月28日(日)14:30~15:30(14:00開場) 定員 42名[当日先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
29
30
31