Select Language

イベントカレンダー

1
梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」
梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」
9月 3 – 12月 1 終日
梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」
会期の変更について 当館では、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を防止する観点から、2月28日以来、臨時休館を続けてまいりましたが、6月18日(木)に本館展示を再開いたしました。 開幕を延期としておりました、梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」の開幕日について、下記の予定となりました。 梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」 2020年9月3日(木)~10月20日(火)12月1日(火) 12月1日(火)まで会期を延長いたします。 みんぱく初代館長を務めた梅棹忠夫(1920-2010)は、多数の学術調査に参加した知の先覚者です。彼は、調査成果を論文などにまとめる方法を『知的生産の技術』(1969年)で述べましたが、具体的に資料を加工する過程は示しませんでした。この企画展では、梅棹のアーカイブズ資料とデジタル・データベースで彼の方法の舞台裏を紹介します。 チラシダウンロード[PDF:1.3MB] 会期 2020年9月3日(木)~10月20日(火)12月1日(火) 場所 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日 観覧料 一般580円、大学生250円、高校生以下無料詳細はこちら 主催 国立民族学博物館 展示趣旨 みんぱく初代館長を務めた梅棹忠夫(1920-2010)は、多数の学術調査に参加した知の先覚者です。彼は、調査成果を論文などにまとめる方法を『知的生産の技術』(1969年)で述べましたが、具体的に資料を加工する過程は示しませんでした。この企画展では、梅棹のアーカイブズ資料とデジタル・データベースで彼の方法の舞台裏を紹介します。 モンゴルのフィールドノート 写真撮影:尼川匡志 ビルマ独立記念祭での民族衣装(1961年 写真撮影 梅棹忠夫) フィールドノートから内容別に転記したローマ字カード(写真撮影 尼川匡志) 「知的生産の技術」のための「こざね」(写真撮影 尼川匡志) 関連イベント みんぱくウィークエンド・サロン デジタル技術でみる「梅棹忠夫アーカイブズ」 日時:2020年9月13日(日) 14:30~15:00[...]
特別展「先住民の宝」
特別展「先住民の宝」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
10月 1 – 12月 15 終日
特別展「先住民の宝」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
世界には、現在70カ国以上の国々に、約3億7,000万人の先住民が暮らしており、その民族の数は少なくとも5,000と言われています。本特別展でいう宝とは、圧政や差別に苦しみながらも、日々を力強く、そして希望を失わず生きてきた彼らにとっての心の拠り所であり、民族としての誇りでもあります。先住民の思いをのせた約740点におよぶ展示品とともに、先住民の世界を紹介します。 会場:国立民族学博物館 特別展示館 会期:2020年10月1日(木)~12月15日(火) 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日 主催:国立民族学博物館 協力:UMAKノルウェー・アークティック大学博物館・芸術学院、公益財団法人アイヌ民族文化財団、株式会社札幌丸井三越、集英社「週刊ヤングジャンプ」、千里文化財団、総合地球環境学研究所、北海道大学アイヌ・先住民研究センター、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター境界研究ユニット(UBRJ) 観覧料:一般880円(600円)、大学生450円(250円)高校生以下無料 ※本館展示もご覧になれます。 観覧料について ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程。 ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生・一般の方は自然文化園(中央口、西口、北口)窓口で、当館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下が自然文化園(有料区域)を通行される場合は、自然文化園(中央口、西口、北口)有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※東口からは、自然文化園(有料区域)を通行せずに来館できます。 ※自然文化園(有料区域)をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。 展示趣旨 先住民としての誇り、伝統、希望。 世界には、現在70カ国以上の国々に、約3億7,000万人の先住民が暮らしており、その民族の数は少なくとも5,000と言われています。本特別展でいう宝とは、圧政や差別に苦しみながらも、日々を力強く、そして希望を失わず生きてきた彼らにとっての心の拠り所であり、民族としての誇りでもあります。先住民の思いをのせた約740点におよぶ展示品とともに、先住民の世界を紹介します。 特別展「先住民の宝」解説動画 第1回『総論』(信田敏宏) 第1回『総論』(信田敏宏) 第2回『オランアスリ(マレーシア)』(信田敏宏) 第3回『北西海岸先住民(カナダ)』(岸上伸啓) 第4回『マヤ(グアテマラ)』(鈴木紀) 第5回『タオ(台湾)』(野林厚志) 第6回『サン、ソマリ(アフリカ)』(池谷和信) 展示予定資料 『ゴールデンカムイ』原画展示 『ゴールデンカムイ」(原作:野田サトル)珠玉のデジタル原画とともに、作品にも登場するアイヌの民具を展示します。『ゴールデンカムイ』は、明治後期の北海道を舞台に、日露戦争の帰還兵・杉元佐一とアイヌの少女・アシリパが伝説の金塊を求め、陸軍第七師団や新撰組の残党らと激しい争いを繰り広げる冒険活劇。 『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で好評連載中、2018年にはアニメ化され第一期、第二期がオンエア、第三期の製作も決定した人気作です。 関連イベント
2
3
4
カナダ北西海岸先住民文化の歴史と現状 14:30
カナダ北西海岸先住民文化の歴史と現状 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
10月 4 @ 14:30 – 15:15
カナダ北西海岸先住民文化の歴史と現状 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
ハイダのトーテムポールの建立 ヨーロッパ人が到来する以前からカナダの太平洋沿岸地域に住んでいる人びとは、北西海岸先住民と呼ばれています。昔からポトラッチ儀礼や、木製のトーテムポールや仮面などを作ることで有名です。彼らの文化の歴史と現状をスライド画像を用いて紹介します。 講師 岸上伸啓(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2020年10月4日(日)14:30~15:15(14:00開場) 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ先 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
5
6
7
8
9
10
11
ネパールの先住民運動 14:30
ネパールの先住民運動 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
10月 11 @ 14:30 – 15:00
ネパールの先住民運動 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
ネパールの民族政党「人民解放党」の行進 ネパールの先住民(アーディバーシー)とは誰のことで、何を求めてどのような運動をしているのでしょう。1990年代に始まった運動の経緯と過程をふまえつつ、2008年の王制廃止後、連邦民主共和国となってからの先住民の動向を考えます。 講師 南真木人(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2020年10月11日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ先 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
12
13
14
15
16
17
アイヌ文学の世界――韓・日との比較 13:30
アイヌ文学の世界――韓・日との比較 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
10月 17 @ 13:30 – 15:00
アイヌ文学の世界――韓・日との比較 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
「世界のはじまりの話」絵:小笠原小夜 アイヌ民族が伝承してきた物語は、登場するキャラクターや語り方などによっていくつかのジャンルに分けられてきました。朝鮮半島や日本の物語と比較し、共通点や違いについて考えてみます。 講師 齋藤玲子(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2020年10月17日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ先 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
18
オラン・アスリと精霊 14:30
オラン・アスリと精霊 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
10月 18 @ 14:30 – 15:00
オラン・アスリと精霊 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
つむじ風の精霊 特別展「先住民の宝」では、マレーシアの先住民オラン・アスリの彫像や仮面が展示されています。これらの彫像や仮面には、それぞれ精霊の名前がついています。オラン・アスリと精霊について詳しく解説します。 講師 信田敏宏(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2020年10月18日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ先 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
19
20
21
22
23
24
25
旅と映画とマヤ民族 14:30
旅と映画とマヤ民族 @ 国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)
10月 25 @ 14:30 – 15:00
旅と映画とマヤ民族 @ 国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば)
グアテマラのサン・フランシスコ・エル・アルトの市場に客を運ぶ路線バス 特別展「先住民の宝」では、グアテマラのマヤ民族を取り上げています。マヤ民族とはどのような人々なのか、「旅」と「映画」を手掛かりに考えます。私が1983年と2019年に行ったグアテマラへの旅を比較し、その間に何が生じたのかを「映画」から読み取ります。   講師 鈴木紀(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 本館展示場(ナビひろば) 日時 2020年10月25日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ先 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 TEL:06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
26
27
28
29
30
31
みんぱく先住民の宝ワークショップ「ペーパークラフトでトーテムポールをつくろう」 13:00
みんぱく先住民の宝ワークショップ「ペーパークラフトでトーテムポールをつくろう」 @ 国立民族学博物館 くつろぎスペース(本館BF)
10月 31 @ 13:00 – 11月 1 @ 15:30
みんぱく先住民の宝ワークショップ「ペーパークラフトでトーテムポールをつくろう」 @ 国立民族学博物館 くつろぎスペース(本館BF)
特別展「先住民の宝」関連 カナダのトーテムポールには、さまざまな動物が彫られています。これらの動物は、家族の祖先と深い関わりがあると考えられています。みんぱくにあるトーテムポールを観察したら、動物を組み合わせてオリジナルのトーテムポールをつくりましょう。 日時 A 10月31日(土)13:00~15:30B 11月 1日(日)13:00~15:30 場所 国立民族学博物館 くつろぎスペース(本館BF) 講師 田主誠(版画・造形作家) 岸上伸啓(国立民族学博物館教授[併任]) 対象 小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴) 参加費 300円 定員 各回22名(要事前申込/先着順) 応募方法 往復ハガキまたは申込フォームにてご応募ください。※1通につき2名まで応募可能。 ※10月1日(木)~ 定員に達し次第受付終了。 ※日程 A[10月31日(土)]は受付終了いたしました。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止する場合がございますのであらかじめご了承ください。 中止の場合はホームページにてお知らせする他、お申込の方へは個別でご連絡いたします。 チラシダウンロード[PDF:2MB] トーテムポールって何? トーテムポールとは、北アメリカ北西海岸地域の先住民が、祖先や特別な出来事の記念物、墓標や家柱として作った木の柱です。それには、その所有者の家族とゆかりの深いワシやワタリガラス、サンダーバード、ビーバー、人間の姿などが彫りこまれています。現在では、北西海岸先住民の文化を代表するモノのひとつです。 講師 田主誠(版画・造形作家) 版画・造形作家。国内では現代日本美術展、シェル美術賞展(佳作賞)など、国外ではユーゴスラビア国際版画ビエンナーレ展など多数出品。 1995年ニューヨーク国際メディアフェスティバル銀賞受賞。 岸上伸啓(国立民族学博物館教授[併任]) 国立民族学博物館[...]