Select Language

イベントカレンダー

1
国立民族学博物館・五木村 共催展示「佐々木高明の見た焼畑ー五木村から世界へー」 09:00
国立民族学博物館・五木村 共催展示「佐々木高明の見た焼畑ー五木村から世界へー」 @ ヒストリアテラス五木谷
10月 3 @ 09:00 – 12月 13 @ 17:00
国立民族学博物館・五木村 共催展示「佐々木高明の見た焼畑ー五木村から世界へー」 @ ヒストリアテラス五木谷
会期 2020年10月3日(土)~2020年12月13日(日) 場所 ヒストリアテラス五木谷(〒868-0201 熊本県球磨郡五木村甲2672-58) ※休館日/月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日) ※開館時間/9:00~17:00 ※入館料/大人(高校生以上)300円・小人(小学生・中学生)200円 ヒストリアテラス五木谷ホームページ 主催 五木村 国立民族学博物館 後援 熊本日日新聞社 株式会社人吉新聞社 チラシダウンロード[PDF:3.4MB] 佐々木高明(ささきこうめい) 1929-2013 年。民族学者、地理学者。国立民族学博物館2代目館長。文学博士。日本や世界の焼畑研究の第一人者。主な著作は、『稲作以前』『日本の焼畑』『照葉樹林文化の道』『日本文化の多様性』など。1958-60 年の五木村での調査を出発点として世界的に焼畑研究を展開した。紫綬褒章、今和次郎賞、南方熊楠賞などを受章(賞)している。 関連企画公開セミナー なぜ、いま、焼畑なのか 『佐々木高明の見た焼畑―五木村から世界へ―』展から考える 五木村歴史文化交流館「ヒストリアテラス五木谷」にて開催中の『佐々木高明の見た焼畑―五木村から世界へ―』(2020年11月29日(日)まで)に関連して、公開セミナーを開催します。 1958~60年に五木村で調査を行った焼畑研究の第一人者・佐々木高明氏の研究成果を通して、焼畑文化の意義や私たちの今後の在り方について、一緒に考えてみませんか。 なお、各回とも当日13時より展示解説を行います。 ◆2020年10月17日(土)14:00-16:00 人びとのくらしと焼畑―日本文化の多様性を探る ◆2020年10月25日(日)14:00-16:00 焼畑は、いつ、どのように始まったのか?―稲作以前の農民像を探る ◆2020年11月1日(日)14:00-16:00 展示から見た地域社会―五木村にとっての博物館の役割 ◆2020年11月15日(日)14:00-16:00 焼畑と在来作物―現代社会における食と農のあり方を考える チラシダウンロード[PDF:1.2MB]
梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」
梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」
9月 3 – 12月 1 終日
梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」
会期の変更について 当館では、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を防止する観点から、2月28日以来、臨時休館を続けてまいりましたが、6月18日(木)に本館展示を再開いたしました。 開幕を延期としておりました、梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」の開幕日について、下記の予定となりました。 梅棹忠夫生誕100年記念企画展「知的生産のフロンティア」 2020年9月3日(木)~10月20日(火)12月1日(火) 12月1日(火)まで会期を延長いたします。 みんぱく初代館長を務めた梅棹忠夫(1920-2010)は、多数の学術調査に参加した知の先覚者です。彼は、調査成果を論文などにまとめる方法を『知的生産の技術』(1969年)で述べましたが、具体的に資料を加工する過程は示しませんでした。この企画展では、梅棹のアーカイブズ資料とデジタル・データベースで彼の方法の舞台裏を紹介します。 チラシダウンロード[PDF:1.3MB] 会期 2020年9月3日(木)~10月20日(火)12月1日(火) 場所 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日 観覧料 一般580円、大学生250円、高校生以下無料詳細はこちら 主催 国立民族学博物館 展示趣旨 みんぱく初代館長を務めた梅棹忠夫(1920-2010)は、多数の学術調査に参加した知の先覚者です。彼は、調査成果を論文などにまとめる方法を『知的生産の技術』(1969年)で述べましたが、具体的に資料を加工する過程は示しませんでした。この企画展では、梅棹のアーカイブズ資料とデジタル・データベースで彼の方法の舞台裏を紹介します。 モンゴルのフィールドノート 写真撮影:尼川匡志 ビルマ独立記念祭での民族衣装(1961年 写真撮影 梅棹忠夫) フィールドノートから内容別に転記したローマ字カード(写真撮影 尼川匡志) 「知的生産の技術」のための「こざね」(写真撮影 尼川匡志) 関連イベント みんぱくウィークエンド・サロン デジタル技術でみる「梅棹忠夫アーカイブズ」 日時:2020年9月13日(日) 14:30~15:00[...]
2
休館日
休館日
12月 2 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
3
4
5
6
7
8
9
休館日
休館日
12月 9 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
10
11
12
13
14
15
16
休館日
休館日
12月 16 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
17
18
19
20
21
22
23
休館日
休館日
12月 23 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
24
25
26
27
28
29
30
休館日
休館日
12月 30 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
31