Select Language

イベントカレンダー

1
2
巡回展「子ども/おもちゃの博覧会」【島根県立古代出雲歴史博物館】 09:00
巡回展「子ども/おもちゃの博覧会」【島根県立古代出雲歴史博物館】 @ 島根県立古代出雲歴史博物館
7月 2 @ 09:00 – 8月 22 @ 18:00
巡回展「子ども/おもちゃの博覧会」【島根県立古代出雲歴史博物館】 @ 島根県立古代出雲歴史博物館
会期:2021年7月2日(金)~8月22日(日) 会場:島根県立古代出雲歴史博物館特別展示室 島根県立古代出雲歴史博物館ホームページはこちら 開館時間:9:00~18:00(入館は17:30まで) 休館日:2021年7月27日(火)、8月17日(火) 観覧料:一般1000円、大学生500円、小中学生300円 主催:島根県立古代出雲歴史博物館 共催:国立民族学博物館 協力:一般財団法人日本玩具文化財団、公益財団法人千里文化財団 後援:島根県内マスコミ(19社) 概要 本展は、平成31年3~5月に民博で開催した特別展「子ども/おもちゃの博覧会」を、島根県立古代出雲歴史博物館(島根県出雲市)において、巡回展として開催するものである。 展示は、大人とは異なる存在としての近代日本における「子ども」の誕生を、子どもに関する玩具を始めとした様々な生活用品などのモノの展示を通して明らかにすることを目的とする。 近代以降に商品化された子どもの生活に関する多種多様なモノは、現在、民博所蔵のビッグバン旧蔵資料を始め、各地の博物館・資料館や旧家に大規模コレクションとして残されている。展示では、これらの資料を通して、近代以降、質量ともに充実する子どもに関するモノと、子どもの社会やそれを取り巻く社会全体との関係を検証し、モノに映しだされたその時代の生活意識や社会意識を読み解くことで、近代日本の子ども観の形成過程を実証的に提示する。 本展は、これまでの文献や絵画資料などを中心とした子ども像の探求とは異なる視点から、近代日本の子ども観の形成過程を広く一般に展示公開するものである。 詳細はこちら みんぱくで開催された時の展示情報はこちら (開催期間:2019年3月21日(木・祝)~ 5月28日(火))
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
人はなぜ共に歌うのか?――インド北東部ナガの伝統ポリフォニーの事例から【オンライン(ライブ配信)のみに変更】 13:30
人はなぜ共に歌うのか?――インド北東部ナガの伝統ポリフォニーの事例から【オンライン(ライブ配信)のみに変更】
7月 17 @ 13:30 – 15:00
人はなぜ共に歌うのか?――インド北東部ナガの伝統ポリフォニーの事例から【オンライン(ライブ配信)のみに変更】
みんぱくゼミナール チャケサン・ナガの小学生と一絃琴タティ コロナウイルス感染症拡大防止のためオンラインでの開催となります。(事前申し込みの方のみ) 会場での聴講はできませんのでご注意ください。 オンライン開催のため、受講証への押印はありませんのでご了承ください。 インド北東部の山岳民族ナガは、稀少な伝統合唱文化を伝承しています。棚田での農作業では自然と声を重ね、相互扶助の精神が歌の中に息づいています。人はなぜ共に歌うのか、この根源的な問いを取り上げます。 講師 岡田恵美(国立民族学博物館准教授) 聴講方法 オンライン(ライブ配信) 日時 2021年7月17日(土)13:30~15:00 定員 オンライン(ライブ配信) 300名 申込方法は下記をご覧ください。 事前申込先着順です。 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2021年6月25日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 オンライン予約 期間:2021年6月21日(月)9:00 ~ 7月14日(水) 定員になり次第受付終了します。 イベント予約サイトへ移動 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31