Select Language

イベントカレンダー

1
ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会 10:00
ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会 @ 国立民族学博物館 特別展示館
9月 2 @ 10:00 – 11月 30 @ 17:00
ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会 @ 国立民族学博物館 特別展示館
チラシダウンロード[PDF:2.6MB] シャトルバス詳細はこちら 会期 2021年9月2日(木)~ 11月30日(火) 会場 国立民族学博物館 特別展示館 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日(※ただし、11月3日は開館、翌4日は休館) 主催 国立民族学博物館 協力 公益財団法人千里文化財団 総合地球環境学研究所 後援 朝日新聞社 NHK大阪放送局 京都新聞社 産経新聞社 日本経済新聞社 毎日新聞社 読売新聞社 協賛 一般社団法人檸檬新報舎 大塚オーミ陶業株式会社 株式会社ゼネラルアサヒ 錦城護謨株式会社 高野山真言宗社会人権局 真言宗西光院 助成 公益財団法人朝日新聞文化財団 社会福祉法人産経新聞厚生文化事業団 観覧料 一般880円(600円)、大学生450円(250円)、高校生以下無料 ※本館展示もご覧になれます。 ※期間中一部展示替えを行います。 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※20名以上の学校団体(大学)については、国立民族学博物館展示割引観覧料相当額(大学生200円)でご覧になれます。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程  ※障害者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下の方が同園内を通行される場合は、万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。  ▶詳しくはこちらから 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止または内容を一部変更する場合がございますのであらかじめご了承ください。[...]
躍動するインド世界の布 10:00
躍動するインド世界の布 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
10月 28 2021 @ 10:00 – 1月 25 2022 @ 17:00
躍動するインド世界の布 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:3.4MB] 会期 2021年10月28日(木)~ 2022年1月25日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 休館日 水曜日(ただし、11月3日は開館、翌4日は休館) 年末年始(12月28日~1月4日) ※1月5日(水)は通常の休館日のため、年始は1月6日(木)から開館します。 主催 国立民族学博物館 協力 MINDAS(南アジア地域研究国立民族学博物館拠点) 公益財団法人千里文化財団 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 詳しくはこちらから 展示概要 インドを中心とする南アジア世界において、布は時と場所、使途に応じて、あるいは宗教的規範や社会的慣習によって、用いられるかたちや色、文様が異なり、その扱われ方も場面ごとに明確に定められている。 これまでインドについては、一枚布を巧みに変形させて、多様にまとう着衣文化があることが注目されてきた。だがインドにおける布は、衣装としてだけではなく、人生儀礼における贈与や、神がみへの奉納、社会運動でのシンボルといった多様な役割を担っている。人びとは場面に応じて多種多様な布のなかから目的や機能に適したものを選び、使い分けているのである。そのような人びとと布の多様な関係性は、多宗教、カースト制度、数百を超える言語といったインド社会の特質と深く結びついている。 インド世界の布は、場をくぎり、人をつなぎ、神と人の媒介となり、政治をうごかし、グローバル経済をうみだす。このように躍動する布の現場に光を当て、布の役割や機能を明らかにすることは、グローバル化が進む現代インドの社会や文化の持続と変容の動態をひもとくことにつながる。本展示ではインド社会をつくりだしている人びとの営みを多彩な布とともに紹介する。 イスラームの集会のトロン。バングラデシュ、ダッカ、2010年、五十嵐理奈撮影 インド、グジャラート州、カッチ県の港町ムンドラー郊外にある聖者墓に掛けられたダルガー・チャーダル。中央の赤字の布にはモスクの形にアッラーの美名がプリントされている。2011年、鈴木英明撮影 庶民の市場バラ・バザールの頭上を飾るインド国旗の連続旗。インド、西ベンガル州、コルカタ、2013年、豊山亜希撮影 インドで東アフリカ向けカンガの生産がおこなわれている。インド、グジャラート州、ジェートプル、2006年、金谷美和撮影 野蚕のエリ蚕にヒマの葉を飼料として与える。インド、アッサム州、2019年、上羽陽子撮影 展示記録パノラマムービー 関連催し みんぱくウィークエンド・サロン 神と出会うために——礼拝儀礼布ピチュワーイー 日時:2021年11月7日(日)[...]
2
3
Love Stone Project-UM(つるつる編) 10:30
Love Stone Project-UM(つるつる編)
11月 3 @ 10:30 – 15:00
Love Stone Project-UM(つるつる編)
特別展「ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会」関連 チラシダウンロード[PDF:6.7MB] みんぱく本館前の広場に展示されるハート型の石を磨いて、みんなで作品を完成させます。特別展期間中、作品は本館前の広場に展示されます。 開 催 日 2021年9月11日(土) ごつごつ編 中止   2021年10月3日(日) ざらざら編 中止   2021年11月3日(水・祝) つるつる編 時  間 10:30~15:00(整理券配布10:00~/受付終了14:45) ※整理券がなくなり次第、配布終了。 ※気候により終了時間が変更となる場合があります。 会  場 国立民族学博物館 本館前庭(雨天中止、小雨決行) 講  師 冨長敦也(彫刻家) 広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授) 対  象 子どもから大人までどなたでもご参加いただけます (小学2年生以下は保護者同伴で参加) 参加方法 事前申込不要/参加費無料   ※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、1つの石につき1グループでの参加をお願いいたします。 ※10:00より参加整理券を配布します。参加をご希望の方は、ワークショップ会場内の受付にお声がけください。 主  催 国立民族学博物館 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止する場合がございますのであらかじめご了承ください。 参加をご希望の方は、当日お越しいただく前にホームページをご確認いただくようお願いいたします。 こちらの石を磨きます[...]
4
休館日
休館日
11月 4 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
5
6
7
みんぱく映画会関連企画上映会「そして瞽女はいなくなった――ドキュメンタリーで辿る盲目の女性旅芸人の実像 」 11:00
みんぱく映画会関連企画上映会「そして瞽女はいなくなった――ドキュメンタリーで辿る盲目の女性旅芸人の実像 」 @ 国立民族学博物館 第4セミナー室 (本館2階)
11月 7 @ 11:00 – 12:30
みんぱく映画会関連企画上映会「そして瞽女はいなくなった――ドキュメンタリーで辿る盲目の女性旅芸人の実像 」 @ 国立民族学博物館 第4セミナー室 (本館2階)
みんぱく映画会 雁木のある町中を歩く 特別展「ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会」関連 1970年代に制作された2本のドキュメンタリー映像をみながら、瞽女文化について深く考え、語り合う企画です。近代化の流れの中で、瞽女の数は減少していきます。しかし、瞽女文化から私たちが学ぶべきものはたくさんあるでしょう。多様で個性的な瞽女が活躍していたことを知っていただく機会になれば幸いです。 開催日 2021年11月7日(日) 時間 11:00~12:30(10:30開場) 場所 国立民族学博物館 第4セミナー室(本館2階) 参加費 無料/要展示観覧券 定員 会場参加のみ 25名(要事前申込) ※オンライン(ライブ配信)の実施はありません。 定員に達しましたので申込受付は終了いたしました。 主催 国立民族学博物館 開催内容が変更となっております。 また、新型コロナウイルス感染症の予防のため、開催方法等を変更または中止する場合があります。事前にホームページでご確認ください。 プログラム 10:30 開場 11:00 司会者挨拶、趣旨説明(広瀬浩二郎) 11:10 2本のドキュメンタリー作品の上映  ①「ごぜ 盲目の旅芸人」(『生きている人間旅行』)  ②「ヤングにもてる90歳-ゴゼ・伊平たけさん」(『生きている人間旅行』) 12:00 解説、質疑応答(斎藤弘美&広瀬浩二郎) 12:30 終了[...]
神と出会うために——礼拝儀礼布ピチュワーイー 14:30
神と出会うために——礼拝儀礼布ピチュワーイー @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
11月 7 @ 14:30 – 15:15
神と出会うために——礼拝儀礼布ピチュワーイー @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 礼拝儀礼布ピチュワーイー。インド、ラージャスターン州、ナートドワーラー、1984年収集、本館蔵、H0118550、177×130cm インドの富裕なヒンドゥー商人たちが篤く信仰する神シュリーナート・ジー。その御姿を描いた壁掛ピチュワーイーは、信者のみならずコレクターからも熱視線が注がれてきました。精緻な筆致で色鮮やかに表現されたヒンドゥー教絵画の豊穣な世界を読み解きます。 話者 豊山亜希(近畿大学准教授) 上羽陽子(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2021年11月7日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
8
9
10
休館日
休館日
11月 10 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
11
12
13
身体で聴く「土の音」―― 触れて打つ、揺らして拡げる 13:30
身体で聴く「土の音」―― 触れて打つ、揺らして拡げる @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
11月 13 @ 13:30 – 15:15
身体で聴く「土の音」―― 触れて打つ、揺らして拡げる @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
研究公演 チラシダウンロード[PDF:7.6MB] 特別展「ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会」関連 特別展「ユニバーサル・ミュージアム」では、「音にさわる」実験的な展示を試みる。“触”の理念を深化させる企画として、本公演ではライブ・即興演奏の迫力を通じて、聴覚のみならず、全身で音を味わう空間を創出したい。陶器の音具(おんぐ)を叩いたり、転がしたりすることによって創られる音が空気を振動させる。その波動が会場内から世界全体へ拡がっていく感覚を共有しよう! 手話通訳あり! 聴覚障害者の参加を歓迎します。「聞こえない音をきく」ためにどんなことができるのか、みんなでいっしょに考えてみましょう。 開催日 2021年11月13日(土) 時 間 13:30-15:15(開場13:00) 参加方法 会場参加 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)   オンライン参加 オンライン(ライブ配信)での参加 参加費 会場参加 無料/要展示観覧券   オンライン参加 無料 定 員 会場参加 160名(要事前申込) ※ 事前申込をされた方には、当日11:00から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて整理券を配布します。 定員に達しましたので申込受付は終了いたしました。 オンライン参加 300名(要事前申込) ※ 本研究公演は会場参加のほか、オンライン(ライブ配信)でもご参加いただけます。 主 催 国立民族学博物館 新型コロナウイルス感染症の予防のため、開催方法等を変更または中止する場合があります。事前にホームページでご確認ください。 オンライン(ライブ配信) 当日の開催内容を、下記リンクから動画でご覧いただけます。 YouTubeでみる プログラム 13:00[...]
14
音にさわる――地球の鳴らし方 10:30
音にさわる――地球の鳴らし方
11月 14 @ 10:30 – 16:00
音にさわる――地球の鳴らし方
特別展「ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会」関連 チラシダウンロード[PDF:6.7MB] 音が鳴る焼きもの作品をつかって、“音にさわる“体験をします。 ※11月13日開催の研究公演『身体で聞く「土の音」』でパフォーマンス演奏に使用された音具に触れたり音を鳴らしたりすることで、音の響きを間近で体感できるワークショップです。 開 催 日 11月14日(日) 時  間 ①10:30~12:30 ②14:00~16:00 会  場 国立民族学博物館 本館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) 講  師 渡辺泰幸(造形作家) 永田砂知子(打楽器奏者) 広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授) 対  象 小学3年生以上 定  員 各回10名(要事前申込/先着順) 参加方法 参加費無料   イベント予約サイトまたは往復はがきにて要事前申込。 1通につき2名まで申込可能。 応募期間 2021年10月28日(木)10:00~定員に達し次第受付終了 (往復はがきは10月28日到着分から) 申込受付は終了いたしました。 主催 国立民族学博物館[...]
15
16
17
休館日
休館日
11月 17 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
18
19
20
感性を開いて、見えないものを見つめる 10:30
感性を開いて、見えないものを見つめる
11月 20 @ 10:30 – 16:00
感性を開いて、見えないものを見つめる
特別展「ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会」関連 チラシダウンロード[PDF:6.7MB] アイマスクで目隠しをして、視覚以外の感覚をたよりに粘土をつかった立体作品づくりに挑戦します。完成した作品は、本館エントランスホールで展示します。(希望者のみ) 開 催 日 11月20日(土) 時  間 ①10:30~12:30 ②14:00~16:00 会  場 国立民族学博物館 特別展示館地下休憩所、特別展示場 講  師 片山博詞(彫刻家) 広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授) 対  象 小学3年生以上 定  員 各回10名(要事前申込/先着順) 参加方法 参加費無料(大学生・一般の参加者は要特別展示観覧券)   イベント予約サイトまたは往復はがきにて要事前申込。 1通につき2名まで申込可能。 応募期間 2021年10月28日(木)10:00~定員に達し次第受付終了 (往復はがきは10月28日到着分から) 申込受付は終了いたしました。 主催 国立民族学博物館 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止する場合がございますのであらかじめご了承ください。 中止の場合はホームページにてお知らせする他、お申込の方へは個別でご連絡いたします。 講師[...]
21
展示の舞台裏――始まるまでと、始まってから 14:30
展示の舞台裏――始まるまでと、始まってから @ 国立民族学博物館 第4セミナー室(本館2F)
11月 21 @ 14:30 – 15:00
展示の舞台裏――始まるまでと、始まってから @ 国立民族学博物館 第4セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 開梱作業の様子 来館者のみなさまに安心して展示をご覧いただくため、そして資料や作品に適切な展示環境をととのえるため、展示が始まるまで、また展示が始まってからも、さまざまな活動や心くばりをしています。保存科学の視点もまじえながら、展示の舞台裏を紹介します。 話者 園田直子(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第4セミナー室(本館2F) 日時 2021年11月21日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 30名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
22
「博物館とこども」 博物館におけるこども向け教育普及事業をテーマとしたオンライントーク(全2回) 13:30
「博物館とこども」 博物館におけるこども向け教育普及事業をテーマとしたオンライントーク(全2回) @ オンライン(Zoom)開催
11月 22 @ 13:30 – 15:30
「博物館とこども」 博物館におけるこども向け教育普及事業をテーマとしたオンライントーク(全2回) @ オンライン(Zoom)開催
博物館社会連携事業強化プロジェクト チラシダウンロード[PDF:2.6MB] 開催日時 第1回 2021年10月25日(月)13:30 – 15:30 「博物館をあじわう:常設展示に関するこども向け観覧支援ツールの開発について」 第2回 2021年11月22日(月)13:30 – 15:30 「博物館をとどける:こども向けアウトリーチプログラムについて」 終了しました。 開催方法 オンライン(Zoom)開催 対象 博物館関係者、学校関係者、博物館課程を受講している大学生等 定員 各回50名(先着順) 参加費 無料/要事前申込 主催 国立民族学博物館 お問合わせ先 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 E-mail: workshopinfo★minpaku.ac.jp ※★印を@に変更して送信ください。 電話 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~16:00) 本事業は国立民族学博物館「博物館・展示を活用した最先端研究の可視化・高度化事業」の成果の一部です。 趣旨 博物館は、こどもたちにとって新しい世界や価値観と出会うことができる、かけがえのない場です。こどもたちの経験を豊かにし、意味あるものにするために、博物館はどのような環境をデザインすることができるでしょうか? このオンライントークでは、館種を越えて、博物館におけるこども向けの事業についての情報共有や意見交換をおこない、よりよい実践や活動を考えます。 【第1回】「博物館をあじわう:常設展示に関するこども向け観覧支援ツールの開発について」 第1回はこどもを対象としたパンフレットやワークシートなど、こどもの観覧を支援するツールについて考えます。[...]
23
世界の感触を取り戻せ! ――目の見えない者は、目に見えない物を知っている【オンライン(ライブ配信)のみ】 10:30
世界の感触を取り戻せ! ――目の見えない者は、目に見えない物を知っている【オンライン(ライブ配信)のみ】 @ オンライン(ライブ配信)
11月 23 @ 10:30 – 12:00
世界の感触を取り戻せ! ――目の見えない者は、目に見えない物を知っている【オンライン(ライブ配信)のみ】 @ オンライン(ライブ配信)
みんぱく映画会 チラシダウンロード[PDF:2.5MB] 特別展「ユニバーサル・ミュージアム ―― さわる!“触”の大博覧会」関連 『瞽女さんの唄が聞こえる』は、「最後の高田瞽女(ごぜ)」と称される杉本キクエ、およびその二人の弟子の日常を活写したドキュメンタリーである。本作は2009年、瞽女が日本社会から消滅した後にDVDの形で発売された。「瞽女さんの唄が聞こえない」今、あえてこのDVDをじっくり鑑賞する意義は何なのだろうか。特別展「ユニバーサル・ミュージアム ーーさわる!“触”の大博覧会」の趣旨である「触覚の復権」を意識しつつ、瞽女文化の普遍的な価値、新展開の可能性について考えたい。 開催日 2021年11月23日(火・祝) 時間 10:30~12:00 参加形式 オンライン(ライブ配信)のみ ※ 会場ではご参加いただけませんのでご注意ください。 参加費 無料 定員 300名(要事前申込) 主催 国立民族学博物館 新型コロナウイルス感染症の予防のため、開催方法等を変更または中止する場合があります。事前にホームページでご確認ください。 プログラム 10:30 – 10:40 司会者挨拶、趣旨説明(広瀬浩二郎) 10:40 – 11:10 映画「瞽女さんの唄が聞こえる」上映 11:10 – 11:40 対談「瞽女文化と現代」 斎藤弘美&広瀬浩二郎[...]
24
休館日
休館日
11月 24 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
25
26
27
28
非接触社会から触発は生まれない ―― 2025大阪・関西万博に向けて 14:30
非接触社会から触発は生まれない ―― 2025大阪・関西万博に向けて @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
11月 28 @ 14:30 – 15:15
非接触社会から触発は生まれない ―― 2025大阪・関西万博に向けて @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 70年万博の跡地で、あらためて「人類の進歩と調和」の意味を考える 「ポストオリパラの文化戦略」をテーマとする特別展は、2025年の大阪・関西万博へリンクします。「世界を見せる」従来の万博から、「世界観に触れる」新たな万博へ。特別展終了後、「さわる展示」がどのように深化していくのか。「大阪」「障害」をキーワードに、未来社会のデザインについて夢を語ります。 話者 広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2021年11月28日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
29
30