Select Language

イベントカレンダー

1
躍動するインド世界の布 10:00
躍動するインド世界の布 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
10月 28 2021 @ 10:00 – 1月 25 2022 @ 17:00
躍動するインド世界の布 @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:3.4MB] 会期 2021年10月28日(木)~ 2022年1月25日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 休館日 水曜日(ただし、11月3日は開館、翌4日は休館) 年末年始(12月28日~1月4日) ※1月5日(水)は通常の休館日のため、年始は1月6日(木)から開館します。 主催 国立民族学博物館 協力 MINDAS(南アジア地域研究国立民族学博物館拠点) 公益財団法人千里文化財団 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 詳しくはこちらから 展示概要 インドを中心とする南アジア世界において、布は時と場所、使途に応じて、あるいは宗教的規範や社会的慣習によって、用いられるかたちや色、文様が異なり、その扱われ方も場面ごとに明確に定められている。 これまでインドについては、一枚布を巧みに変形させて、多様にまとう着衣文化があることが注目されてきた。だがインドにおける布は、衣装としてだけではなく、人生儀礼における贈与や、神がみへの奉納、社会運動でのシンボルといった多様な役割を担っている。人びとは場面に応じて多種多様な布のなかから目的や機能に適したものを選び、使い分けているのである。そのような人びとと布の多様な関係性は、多宗教、カースト制度、数百を超える言語といったインド社会の特質と深く結びついている。 インド世界の布は、場をくぎり、人をつなぎ、神と人の媒介となり、政治をうごかし、グローバル経済をうみだす。このように躍動する布の現場に光を当て、布の役割や機能を明らかにすることは、グローバル化が進む現代インドの社会や文化の持続と変容の動態をひもとくことにつながる。本展示ではインド社会をつくりだしている人びとの営みを多彩な布とともに紹介する。 イスラームの集会のトロン。バングラデシュ、ダッカ、2010年、五十嵐理奈撮影 インド、グジャラート州、カッチ県の港町ムンドラー郊外にある聖者墓に掛けられたダルガー・チャーダル。中央の赤字の布にはモスクの形にアッラーの美名がプリントされている。2011年、鈴木英明撮影 庶民の市場バラ・バザールの頭上を飾るインド国旗の連続旗。インド、西ベンガル州、コルカタ、2013年、豊山亜希撮影 インドで東アフリカ向けカンガの生産がおこなわれている。インド、グジャラート州、ジェートプル、2006年、金谷美和撮影 野蚕のエリ蚕にヒマの葉を飼料として与える。インド、アッサム州、2019年、上羽陽子撮影 展示記録パノラマムービー 関連催し みんぱくウィークエンド・サロン 神と出会うために——礼拝儀礼布ピチュワーイー 日時:2021年11月7日(日)[...]
2
3
4
5
6
7
8
みんぱくトラの巻 10:00
みんぱくトラの巻
1月 8 @ 10:00 – 1月 9 @ 17:00
みんぱくトラの巻
チラシダウンロード[PDF:6.5KB] 2022年の干支「トラ」に関する展示物を紹介するガイドマップを配布します。 展示場観覧後にアンケートにご協力いただいた方には、みんぱくオリジナルトラ缶バッジをプレゼント! (数に限りがございます。ガイドマップ、缶バッジともに各日先着150名) 開催日 2021年12月26日(日) 2022年1月8日(土)、9日(日) 時間 10:00~17:00(16:30受付終了) ※ただし、配布予定枚数がなくなり次第受付を終了します。 場所 国立民族学博物館 本館エントランス 対象 こどもから大人まで、どなたでもご参加いただけます。 配布予定枚数 各日先着150枚 参加方法 当日随時受付 参加費 無料(本館展示場の観覧には、展示観覧券が必要です。) 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、イベントを中止する場合がございます。 中止の場合はホームページでお知らせいたしますので、ご参加を希望されるかたは事前にホームページを確認のうえご来館ください。 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8532(土日祝を除く10:00~17:00)
9
トライブ・アイデンティティとしての布 14:30
トライブ・アイデンティティとしての布 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
1月 9 @ 14:30 – 15:00
トライブ・アイデンティティとしての布 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 伝統的な橙と黒の配色にベストやタイを取り入れたチャケサン・トライブ インド北東部の山岳民族ナガは、言語が異なる多数のトライブで構成されています。伝統文化の復興や再評価が高まる中で、独自の配色やデザインを施した織物や刺繍は、伝統衣装のみならず現代のファッションにも取り込まれ、各トライブの象徴として機能しています。 話者 岡田恵美(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年1月9日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
10
11
12
13
14
15
16
モーディー首相、サリーになる 14:30
モーディー首相、サリーになる @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
1月 16 @ 14:30 – 15:15
モーディー首相、サリーになる @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう モーディー首相と戦闘機がプリントされたサリー インドは世界最大の民主主義国家です。2019年の総選挙では、インド人民党党首ナレンドラ・モーディー氏と戦闘機がプリントされたサリーが売り出され、女性支持者のあいだで飛ぶように売れました。サリーの縁飾りは弾丸。愛国のファッション・サリーです。 話者 杉本星子(京都文教大学教授) 上羽陽子(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年1月16日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
17
18
19
20
21
22
みんぱく映像民族誌シアター 13:30
みんぱく映像民族誌シアター @ シアターセブン(阪急十三駅 西改札口より徒歩約5分) / オンライン(ライブ配信)
1月 22 @ 13:30 – 16:00
みんぱく映像民族誌シアター @ シアターセブン(阪急十三駅 西改札口より徒歩約5分) / オンライン(ライブ配信)
チラシダウンロード[PDF:6.1MB] 「土と火と水の葬送――バリ島の葬式」 本館製作オリジナルDVD「みんぱく映像民族誌」シリーズから、次の収録作品を上映し、監修者によるトークもおこないます。  ・第40集『土と火と水の葬送――バリ島の葬式』 開催日 2022年1月22日(土) 場所 シアターセブン〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ5階※館外での開催となります。ご注意ください。 時間 13:30~16:00(開場 13:00) 定員 ①会場参加 26名(要事前申込・先着順) ②オンライン参加 100名(要事前申込・先着順) 申込方法 ①会場参加、②オンライン参加ともに、下記のイベント予約サイトよりお申込みください。 参加費 無料 ※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、イベントを変更・中止する場合がございます。 また、ご来場に際しては感染症対策にご協力ください。 申込方法 申込期間:2021年12月13日(月)~2022年1月14日(金)17:00まで 参加方法は、会場参加/オンライン参加、いずれかからお選びください。 ※予約状況は下記のイベント予約サイトでご確認ください。 ①会場参加 参加費:無料 定員:26名(要事前申込・先着順) 本人を含め2名までお申込みできます。 ②オンライン参加 参加費:無料 定員:100名(要事前申込・先着順) イベント予約サイトへ移動 土と火と水の葬送――バリ島の葬式 国立民族学博物館製作オリジナルDVD「みんぱく映像民族誌」シリーズから、第40集『土と火と水の葬送――バリ島の葬式』収録作品を上映します。 インドネシアのバリ島におけるバリ・ヒンドゥー教の葬式は、土葬にはじまり、洗骨の火葬をへて、遺灰の水葬でおわります。一大ページェントをつぶさに追い、葬送儀礼がそれを執り行う家族の威信を守り、財の平均化をめざすシステムになっていることを紹介します。[...]
23
24
25
26
27
28
29
みんぱく映像民族誌シアター 14:00
みんぱく映像民族誌シアター @ シアターセブン(阪急十三駅 西改札口より徒歩約5分) / オンライン(ライブ配信)
1月 29 @ 14:00 – 16:00
みんぱく映像民族誌シアター @ シアターセブン(阪急十三駅 西改札口より徒歩約5分) / オンライン(ライブ配信)
チラシダウンロード[PDF:6.1MB] 「アシェンダ!――エチオピア北部地域社会の女性のお祭り」 本館製作オリジナルDVD「みんぱく映像民族誌」シリーズから、次の収録作品を上映し、監修者によるトークもおこないます。  ・第38集『アシェンダ!――エチオピア北部地域社会の女性のお祭り』 開催日 2022年1月29日(土) 場所 シアターセブン〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ5階※館外での開催となります。ご注意ください。 時間 14:00~16:00(開場 13:30) 定員 ①会場参加 26名(要事前申込・先着順) ②オンライン参加 100名(要事前申込・先着順) 申込方法 ①会場参加、②オンライン参加ともに、下記のイベント予約サイトよりお申込みください。 参加費 無料 ※新型コロナウイルス感染症の状況によっては、イベントを変更・中止する場合がございます。 また、ご来場に際しては感染症対策にご協力ください。 申込方法 申込期間:2021年12月20日(月)~2022年1月21日(金)17:00まで 参加方法は、会場参加/オンライン参加、いずれかからお選びください。 ※予約状況は下記のイベント予約サイトでご確認ください。 ①会場参加 参加費:無料 定員:26名(要事前申込・先着順) 本人を含め2名までお申込みできます。 ②オンライン参加 参加費:無料 定員:100名(要事前申込・先着順) イベント予約サイトへ移動 アシェンダ!――エチオピア北部地域社会の女性のお祭り 国立民族学博物館製作オリジナルDVD「みんぱく映像民族誌」シリーズから、第38集『アシェンダ!―エチオピア北部地域社会の女性のお祭り―』収録作品を上映します。 アシェンダはエチオピア北部において開催されるお祭りです。はなやかに着飾った若い女性グループが太鼓をたたきながら家々の軒先で歌い踊ると同時に、道行く人々を祝福します。政策のなかで変容するアシェンダを通して、人々が祭祀に求める世界を考えます。[...]
30
31