Select Language

イベントカレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ 10:00
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
3月 10 @ 10:00 – 6月 7 @ 17:00
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:2.9MB] 会 期 2022年3月10日(木)~ 2022年6月7日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 休館日 水曜日(※ただし、5月4日[水]は開館、6日[金]は休館) 主 催 国立民族学博物館、五木村 協 力 人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「北東アジア地域研究」(国立民族学博物館拠点) 公益財団法人千里文化財団 後 援 熊本県 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程  ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。  ▶ 詳しくはこちらから 展示概要 焼畑は人類の歴史とともに長い伝統を持ち、現在でも熱帯地域では欠かせない生業基盤のひとつになっている。しかし東南アジアなどでは森林破壊の原因のひとつと見られ負のイメージが強い。 一方で焼畑は、アワ、ヒエ、バナナ、サトイモ、アズキ、ソバ、カブなどが栽培されて、収穫後は畑地を森にもどす再生型の農耕であり、その間には狩猟や採集がおこなわれる。このため今日の日本では自然に優しい持続型農法として注目されている。 本展では、佐々木高明が熊本県五木(いつき)村で撮影した焼畑の写真や現地で使用されてきた道具をはじめとして、日本や世界の焼畑がどの地域でどのような環境のもとおこなわれてきたのか、各地域の焼畑の特徴はなにかを紹介する。また、五木村を中心とした世界の焼畑をとおして、人間と自然との共生のありかたについて考えてみる。 展示記録パノラマムービー 佐々木高明 SASAKI[...]
11
12
13
パキスタン北部のシャマン「ビタン」 14:30
パキスタン北部のシャマン「ビタン」 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
3月 13 @ 14:30 – 15:15
パキスタン北部のシャマン「ビタン」 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう シャマンがトランスに用いるビャクシンの葉 イスラーム共和国と銘打っているパキスタンですが、北部の一部地域には並行してシャマニズム(巫術)も残っています。余所者には見せないというその秘術はいったい、どういうものなのか。未見ながらこれまで集めた情報から、その実態と栄枯を探ります。 話者 吉岡乾(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年3月13日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
14
15
16
17
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 10:00
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
3月 17 @ 10:00 – 5月 31 @ 17:00
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
.hover1:hover { opacity: 0.6; } .cover01{ background-image: url("/assets/posts/ai1ec_event/29506/zuroku_c.jpg"); height: 100%; } .cover02:hover { opacity: 0; } チラシダウンロード[PDF:3.9MB] 会 期 2022年3月17日(木)~ 5月31日(火) 会 場 国立民族学博物館 特別展示館 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日(※ただし、5月4日(水)は開館、6日(金)は休館) 主 催 国立民族学博物館 協 賛 在徳島モンゴル国名誉領事館 協 力 国際モンゴル学会、モンゴル科学アカデミー、モンゴル国立公文書館、チンギス・ハーン博物館、ボグド・ハーン宮殿博物館、ザナバザル美術館、HIS Mongolia、ロシア地理学教会、ロシア民族誌博物館、オーブルチェフ記念キャフタ地方伝承博物館、ロシア科学アカデミー・ピョートル大帝記念人類学民族学博物館(クンストカメラ)、ロシア科学アカデミー物質文化史研究所、アメリカ議会図書館、アメリカ自然史博物館、オスロ大学文化史博物館、ウプサラ大学図書館、フィンランド文化遺産庁、デンマーク国立博物館、フランス・オー・ド・セーヌ県立アルベール・カーン美術館、ポーランド科学アカデミー、国立大学法人鳥取大学 乾燥地研究センター、国立大学法人鳥取大学 国際乾燥地研究教育機構、総合地球環境学研究所、千里文化財団[...]
18
19
焼畑は環境破壊か――佐々木高明の研究とその後 13:30
焼畑は環境破壊か――佐々木高明の研究とその後 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
3月 19 @ 13:30 – 15:00
焼畑は環境破壊か――佐々木高明の研究とその後 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
みんぱくゼミナール 焼畑の火入れの前に枝木を伐採(熊本県五木村、1960年、撮影:佐々木高明) 企画展「焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ」関連 国立民族学博物館2代目館長・佐々木高明は焼畑研究の第一人者です。本ゼミナールでは、日本や世界の焼畑の歴史と現状をわかりやすく紹介しながら、現代社会のなかでの焼畑の意義について考えます。 講師 池谷和信(国立民族学博物館教授)、佐藤廉也(大阪大学教授)、米家泰作(京都大学教授) 聴講方法 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) 日時 2022年3月19日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 会場参加 160名 ※ オンライン(ライブ配信)の実施はありません。 ※ 申込方法は下記をご覧ください。事前申込先着順です。 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 申込方法 オンライン(ライブ配信)の実施はありません。 手話通訳を希望される方は、2022年2月25日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 オンライン予約 期間:2022年2月21日(月)10:00 ~ 3月16日(水)17:00まで 定員になり次第受付終了します。 本人を含む2名までお申し込みできます。 イベント予約サイトへ移動 当日参加申込(定員30名) 11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。 お問い合わせ[...]
20
絆――人をつなぐ太鼓 14:00
絆――人をつなぐ太鼓 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
3月 20 @ 14:00 – 16:30
絆――人をつなぐ太鼓 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
研究公演 チラシダウンロード[PDF:9.8MB] 複数の打ち手が振りをつけながら太鼓を打つ和太鼓の演奏スタイルは戦後間もない1950年代に生まれました。1970年代以降急激に人気を博し、今では日本を代表する音楽ジャンルの一つとして定着しています。本公演で演奏する「和太鼓 絆」は、人権意識を高めることや反差別を活動の目的としている点で、国内で活動する数千ものグループの中で異彩を放っています。異なる背景をもつ人びとが、違いを違いとして認め合い、楽しみながら学び合う社会を作るために、太鼓は何ができるのでしょうか。太鼓の響きや打ち手の姿が伝える何かを全身で体験してみてください。 開催日 2022年3月20日(日) 時間 14:00~16:30(開場 13:30) 場所 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) 参加費 無料(会場参加の方は要展示観覧券) 定員 130名(会場参加)、300名(オンライン参加) 事前申込 定員に達しましたので申込受付は終了いたしました。 要事前申込み ※ イベント申込等の詳細については下記をご確認ください。 ※ 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、イベントの開催方法を変更またはイベントを中止とする場合があります。   あらかじめご了承ください。 ※ 会場参加で事前申込をされた方には、当日11:00から本館2階会場前にて入場整理券を   配布します。 主催 国立民族学博物館 プログラム 14:00 開演挨拶 14:05 –[...]
21
特別研究 第5回オンライン研究会 Performing Arts and Conviviality 10:00
特別研究 第5回オンライン研究会 Performing Arts and Conviviality @ オンライン開催
3月 21 @ 10:00 – 12:00
特別研究 第5回オンライン研究会 Performing Arts and Conviviality @ オンライン開催
特別研究「パフォーミング・アーツと積極的共生」関連 日時 2022年3月21日(月・祝)10:00 – 12:00 場所 オンライン開催 使用言語 英語 対象者 一般公開(参加無料/要事前申込/定員50名) 参加申込 登録フォーム (3月18日締切) 問い合わせ E-mail:fken●minpaku.ac.jp ※●を@に置き換えてご送信ください。 Program Singing Solo, Sharing Time: Singing Contests of Filipinos in Japan. Michiyo Yoneno-Reyes (University of Shizuoka) New Collaborations[...]
ヒップホップから見た現代モンゴル社会――映画『モンゴリアン・ブリング』から考える 13:30
ヒップホップから見た現代モンゴル社会――映画『モンゴリアン・ブリング』から考える @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
3月 21 @ 13:30 – 16:20
ヒップホップから見た現代モンゴル社会――映画『モンゴリアン・ブリング』から考える @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
みんぱく映画会 チラシダウンロード[PDF:6.8MB] 日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」関連 開催日 2022年3月21日(月・祝) 時間 13:30~16:20(開場13:00) 場所 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) 参加費 無料(会場参加の方は要展示観覧券) 定員 160名(会場参加)、300名(オンライン参加) 事前申込 定員に達しましたので申込受付は終了いたしました。 要事前申込み ※ イベント申込等の詳細については下記をご確認ください。 ※ 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、イベントの開催方法を変更またはイベントを   中止とする場合があります。あらかじめご了承ください。 ※ 会場参加で事前申込をされた方には、当日11:00から本館2階会場前にて入場整理券を   配布します。 主催 国立民族学博物館 概要 本イベントは、モンゴルのヒップホップをテーマにしたドキュメンタリー映画『モンゴリアン・ブリング』(2012年オーストラリア映画 ベンジ・ビンクス監督)を上映すると同時に当時の監督や出演者が国境を越えた座談会をするというものである。この映画は、モンゴルの都市社会の厳しい現実と若者文化をありのままに描き出したドキュメンタリー作品である。モンゴル経済が急速に発展する一方で、貧富の格差や環境問題にあえいでいる。そうした社会背景の下でたくましく生きるラッパーたちを描き出している。 プログラム 司会:島村一平(国立民族学博物館准教授) 13:00 – 開場[...]
22
23
24
25
26
Ainu|ひと 13:30
Ainu|ひと @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
3月 26 @ 13:30 – 16:00
Ainu|ひと @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
みんぱく映画会 チラシダウンロード[PDF:3.2MB] 開催日 2022年3月26日(土) 時間 13:30~16:00(開場13:00) 場所 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) 参加費 無料(会場参加の方は要展示観覧券) 定員 160名(会場参加)、300名(オンライン参加) 事前申込 申込受付は終了いたしました。 要事前申込み ※ イベント申込等の詳細については下記をご確認ください。 ※ 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、イベントの開催方法を変更またはイベントを   中止とする場合があります。あらかじめご了承ください。 ※ 会場参加で事前申込をされた方には、当日11:00から本館2階会場前にて入場整理券を   配布します。 主催 国立民族学博物館 概要 本館の「アイヌの文化」展示場は、1979年に公開、2016年度にリニューアルした。メイン展示のひとつ、伝統家屋「チセ」は、アイヌ文化研究に多大な貢献をした故・萱野茂氏をはじめ北海道平取(びらとり)町の方々により建設された。リニューアルに際しては、公開時に携わった方たちの子・孫世代によって、祭壇の移動、茅の葺き替え、関連する儀式がおこなわれた。また、平取町出身・在住の工芸家の作品も多数展示している。この地でアイヌ文化の伝承を続けてきた「ひと」たちを追ったドキュメンタリー映画を上映し、監督に製作の経緯や作品に込めた思いを聞く。 プログラム 司会:齋藤玲子(国立民族学博物館准教授) 13:00 – 13:35 趣旨説明[...]
27
日本の焼畑 14:30
日本の焼畑 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
3月 27 @ 14:30 – 15:00
日本の焼畑 @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 焼畑作業のために集落から離れた小屋(熊本県五木村、1960年、撮影:佐々木高明) 企画展「焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ」関連 焼畑は、森の一部を伐採・火入れをして耕作したあとに森にもどす循環型の資源利用です。このため、植生の違いに応じて山菜やタケノコの採集、イノシシの狩猟などもともないます。ここでは、日本の焼畑を事例にして、世界の焼畑のなかでの特性、日本文化のなかでの焼畑の持つ意義について紹介します。 話者 池谷和信(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年3月27日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
28
29
30
31