Select Language

イベントカレンダー

1
Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~ 10:00
Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~ @ 国立民族学博物館 特別展示館
9月 1 @ 10:00 – 11月 23 @ 17:00
Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~ @ 国立民族学博物館 特別展示館
会  期 2022年9月1日(木)~11月23日(水・祝) 会  場 国立民族学博物館 特別展示館 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休 館 日 水曜日(※ただし、11月23日(水)は開館) 主  催 国立民族学博物館 後  援 朝日新聞社、NHK大阪放送局、京都新聞、国立国語研究所、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社 観 覧 料 一般880円(600円)、大学生450円(250円)、高校生以下無料 ※本館展示もご覧になれます。 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程。 ※20名以上の学校団体(大学)については、国立民族学博物館展示割引観覧料相当額(大学生200円)でご覧になれます。 ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。 ▶ 詳しくはこちらから 展示概要 身近にありすぎてほとんど振り返ることのない「コトバ」をテーマに、言語学のみならず、文化人類学、工学系、教育系、脳科学、認知心理学等の50名を超える国内外の研究者が協力して、その不思議をお見せします!さらに展示の一部として、映像作家の山城大督がことばをイメージした作品を公開! Homō loquēns 「しゃべるヒト」 ことばの不思議を科学する 特設サイトはこちら 関連イベント[...]
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
モノからみる海のある暮らし――東南アジア・オセアニアの漁具・舟具・装飾品 13:30
モノからみる海のある暮らし――東南アジア・オセアニアの漁具・舟具・装飾品 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
9月 17 @ 13:30 – 15:00
モノからみる海のある暮らし――東南アジア・オセアニアの漁具・舟具・装飾品 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
みんぱくゼミナール マレー半島やタイ南部の漁船コレック(2020年撮影) 海域世界となる東南アジア島嶼部やオセアニアには、さまざまな漁具や舟、貝などの海産資源を素材とする装飾品があります。両地域での共通性も高いこれらのモノ達から見えてくる人類と海の歴史・文化について紹介します。 講師 小野林太郎(国立民族学博物館准教授) 聴講方法 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) ※ オンライン(ライブ配信)はありません。 日時 2022年9月17日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 会場参加 200名 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2022年8月26日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 イベント予約サイトからのお申込み 期間:2022年8月22日(月)10:00 ~ 2022年9月14日(水)17:00まで 定員になり次第受付終了します。 本人を含む2名までお申し込みできます。 オンライン(ライブ配信)はありません。 イベント予約サイトへ移動 当日参加申込(定員40名) 11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
18
殺魚棒とオタマトーン 14:30
殺魚棒とオタマトーン @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
9月 18 @ 14:30 – 15:30
殺魚棒とオタマトーン @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 特別展「Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~」関連 オタマトーンを持つ明和電機、土佐 撮影:三橋純 1992年、みんぱくにて殺魚棒に出会った土佐は「道具としての芸術を作る」と決意し、現在のオタマトーンまで続く明和電機の軸を生みました。今回のサロンでは、殺魚棒とオタマトーンという「顔がある道具」をとりあげ、道具における機能性と呪術性について解説します。 話者 土佐信道(明和電機代表取締役社長) 菊澤律子(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室 日時 2022年9月18日(日)14:30~15:30(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30