Select Language

イベントカレンダー

1
Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~ 10:00
Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~ @ 国立民族学博物館 特別展示館
9月 1 @ 10:00 – 11月 23 @ 17:00
Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~ @ 国立民族学博物館 特別展示館
チラシダウンロード[PDF:3.0MB] 会  期 2022年9月1日(木)~11月23日(水・祝) 会  場 国立民族学博物館 特別展示館 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休 館 日 水曜日(※ただし、11月23日(水・祝)は開館) 主  催 国立民族学博物館 協  力 一般社団法人撫子寄合(NAYO)、大阪大谷大学文学部日本語日本文学科杉本ゼミ、大阪工業大学、学校法人明晴学園、公益財団法人千里文化財団、国立科学博物館、国立研究開発法人情報通信研究機構、手話引き辞典開発プロジェクト、ソフトバンク株式会社、多摩美術大学、筑波技術大学ISeee プロジェクト、東京医科歯科大学、東京湾岸リハビリテーション病院、同志社女子大学現代社会学部現代こども学科吉永ゼミ、特定非営利活動法人Yes, Deaf Can!、豊能障害者労働センター、法政大学沖縄文化研究所、明和電機、横浜市瀬谷区聴覚障害者協会 後  援 朝日新聞社、NHK大阪放送局、京都新聞、国立国語研究所、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社 観 覧 料 一般880円(600円)、大学生450円(250円)、高校生以下無料 ※本館展示もご覧になれます。 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程。 ※20名以上の学校団体(大学)については、国立民族学博物館展示割引観覧料相当額(大学生200円)でご覧になれます。 ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。 ▶ 詳しくはこちらから ※[...]
2
3
4
5
6
7
8
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア 10:00
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
9月 8 @ 10:00 – 12月 13 @ 17:00
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:6.1MB] 会 期 2022年9月8日(木)~ 2022年12月13日(火) 会 場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日 ※ ただし、11月23日(水・祝) は開館、翌24日(木)は休館 観覧料 一般580円、大学生250円、高校生以下無料 主 催 国立民族学博物館 協 力 国立科学博物館、沖縄県立博物館・美術館、沖縄県立埋蔵文化財センター、公益財団法人千里文化財団、NIHUグローバル地域研究プログラム「海域アジア・オセアニア研究」国立民族学博物館拠点 特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」 後 援 日本オセアニア学会、東南アジア考古学会、日本動物考古学会 キャッチフレーズ モノからみる東南アジアとオセアニア 展示概要 東南アジアやオセアニアの海域世界には、海と密接に関わりながら、島や大陸の沿岸部にくらしてきた「海の民」とも呼べる人びとのくらしが営まれてきました。その長い歴史のなかで日常的に利用され、洗練されてきた様々なモノがあります。 「カニ筌漁師と筌と舟」フィリピン・セブ州マクタン島 2005年 辻貴志 撮影 「潜水メガネを使ったクモガイの採捕の様子」フィリピン・セブ州マクタン島 2005年 辻貴志 撮影 たとえば漁具は、島世界にくらす人びとの必需品ですが、そこには海や捕獲対象となる生き物たちと向かい合ってきた人類の知恵と工夫があふれています。舟は海上で人びとの命を守る最も大切なモノともなります。そのため海の民たちは舟や櫂に彫刻や彩色を施し、美しく装飾してきました。同時に舟は死者や霊を乗せ、この世とあの世をつなぐモノとなることもあります。 「木彫や装飾が美しい儀礼用櫂」(標本番号 H0168179、H0173470、H0138462、H0162458) 「クラカヌー用[...]
9
10
11
モノが語る海のくらしと人びとの精神世界 14:30
モノが語る海のくらしと人びとの精神世界 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
9月 11 @ 14:30 – 15:15
モノが語る海のくらしと人びとの精神世界 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 企画展「海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア」関連 神像付き 椅子 メラネシア パプアニューギニア(標本番号H0010329) 東南アジアやオセアニアの島世界で製作され、使われてきたモノからは人びとが海でのくらしを豊かなものにするための創意工夫や、さらには精神世界を垣間見れます。ここでは企画展資料をとおして、島世界に生きる人びとの知恵や海洋適応の様子を紹介します。 話者 小野林太郎(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室 日時 2022年9月11日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[当日先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階会場前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) 特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
12
13
14
15
16
17
モノからみる海のあるくらし――東南アジア・オセアニアの漁具・舟具・装飾品 13:30
モノからみる海のあるくらし――東南アジア・オセアニアの漁具・舟具・装飾品 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
9月 17 @ 13:30 – 15:00
モノからみる海のあるくらし――東南アジア・オセアニアの漁具・舟具・装飾品 @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂)
みんぱくゼミナール マレー半島やタイ南部の漁船コレック(2020年撮影) 企画展「海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア」関連 海域世界となる東南アジア島嶼部やオセアニアには、さまざまな漁具や舟、貝などの海産資源を素材とする装飾品があります。両地域での共通性も高いこれらのモノ達から見えてくる人類と海の歴史・文化について紹介します。 講師 小野林太郎(国立民族学博物館准教授) 聴講方法 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) ※ オンライン(ライブ配信)はありません。 日時 2022年9月17日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 会場参加 200名 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2022年8月26日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 イベント予約サイトからのお申込み 期間:2022年8月22日(月)10:00 ~ 2022年9月14日(水)17:00まで 定員になり次第受付終了します。 本人を含む2名までお申し込みできます。 オンライン(ライブ配信)はありません。 イベント予約サイトへ移動 当日参加申込(定員40名) 11:00 から本館2階みんぱくインテリジェントホール(講堂)前にて受け付けます。 お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
18
海のくらしの手工芸――パンダナスで編むものづくり 10:30
海のくらしの手工芸――パンダナスで編むものづくり @ みんぱくインテリジェントホール(講堂)、企画展示場、オセアニア展示場
9月 18 @ 10:30 – 9月 19 @ 16:30
海のくらしの手工芸――パンダナスで編むものづくり @ みんぱくインテリジェントホール(講堂)、企画展示場、オセアニア展示場
パンダナスの木(撮影:小野林太郎) 企画展「海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア」関連 開催日 9月18日(日)、9月19日(月・祝) 時 間 午前の部10:30~13:00(10:00~受付開始) 午後の部14:00~16:30(13:30~受付開始) 会 場 みんぱくインテリジェントホール(講堂)、企画展示場、オセアニア展示場 講 師 小野林太郎(国立民族学博物館准教授) ピーター J. マシウス(国立民族学博物館教授) 指 導 池原美智子(石垣島やちむん館工房館長)ほか、1名 対 象 小学5年生以上 観覧料 要展示観覧券(ただし、高校生以下は不要) 参加費 各回500円 持ち物 汚れてもよい服装 定 員 各回12名 応募方法 事前申込制(先着順)※ 定員になり次第、受付終了 ・受付期間:8月18(木)~ ・申込みフォームまたは往復はがきにて。1通につき2名まで応募可能 特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止する場合がございますのであらかじめご了承ください。 中止の場合はホームページにてお知らせする他、お申込の方へは個別でご連絡いたします。[...]
殺魚棒とオタマトーン 14:30
殺魚棒とオタマトーン @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
9月 18 @ 14:30 – 15:30
殺魚棒とオタマトーン @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 特別展「Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~」関連 オタマトーンを持つ明和電機、土佐氏撮影:三橋純 明和電機 土佐氏は、1992年にみんぱくにて殺魚棒に出会い「道具としての芸術をつくる」と決意し、現在のオタマトーンまで続く明和電機の軸を生みました。今回のサロンでは、殺魚棒とオタマトーンという「顔がある道具」をとりあげ、道具における機能性と呪術性について解説します。 話者 土佐信道(明和電機代表取締役社長) 菊澤律子(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室 日時 2022年9月18日(日)14:30~15:30(14:00開場) 定員 42名[当日先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00) ※ 手話通訳がつきます。
19
20
21
22
23
複言語・複文化脱出ゲーム 中国語編「本の世界からの脱出」 10:30
複言語・複文化脱出ゲーム 中国語編「本の世界からの脱出」 @ 国立民族学博物館 本館2階 第2、3、5、7セミナー室
9月 23 @ 10:30 – 16:00
複言語・複文化脱出ゲーム 中国語編「本の世界からの脱出」 @ 国立民族学博物館 本館2階 第2、3、5、7セミナー室
冬休みに図書室を訪れたあなた。宿題のために本を探していると様子のおかしい本が。気になって本を開いたあなたは友人と共に本の中の世界に迷い込んでしまう。舞台は言葉も文化も分からない、お正月を迎えた中国。たくさんの人の手を借りながらあなたは元の世界へたどり着けるか。鍵となるのはランタン祭り?さあ、あなたも中国正月之旅へ。 特別展「Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~」関連 実施日 9月23日(金・祝) ※ 同じ内容で10月29日(土)、11月12日(土)も開催します。 時 間 午前の部 10:30 ~ 12:30 (10:10~受付開始) 午後の部 14:00 ~ 16:00 (13:40~受付開始) 会 場 国立民族学博物館 第2、3、5、7セミナー室(本館2F) 講 師 菊澤律子(国立民族学博物館教授) 杉本香(大阪大谷大学准教授) 稲垣裕史(大阪大谷大学准教授)  大阪大谷大学文学部日本語日本文学科杉本ゼミ生 対 象 小学生以上(小学校2年生以下は保護者または高校生以上の同伴者と一緒に参加であれば可能) ※ 脱出ゲームのレベルと内容は小学校高学年程度を対象としています。 定 員 各回20名 応募方法 事前申込制(先着順)/参加無料 受付先は大阪大谷大学 ※ 申し込みは下記より 主 催[...]
24
ムンナ兄貴とガンディー 13:00
ムンナ兄貴とガンディー @ みんぱくインテリジェントホール( 講堂)
9月 24 @ 13:00 – 16:15
ムンナ兄貴とガンディー @ みんぱくインテリジェントホール( 講堂)
みんぱく映画会 チラシダウンロード[PDF:545KB] 開催日 2022年9月24日(土) 時間 13:00~16:15(開場12:30) ※開場時間と上映開始時間がこれまでより30分早くなっております。 場所 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) 参加費 無料/要展示観覧券 定員 200名(要事前申込) ※事前予約の方へ入場整理券を11:00から本館2階会場入口にて配付します。 主催 国立民族学博物館 協力 在大阪・神戸インド総領事館 東京外国語大学 TUFS Cinema Vidhu Vinod Chopra Film Pvt.Ltd. Director Rajkumar Hirani (India) 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、会期・イベント等を変更・中止する場合があります。事前にホームページでご確認ください。 みんぱくワールドシネマ 映像から考える<人類の未来>第52回上映会 ムンナ兄貴とガンディー / Lage[...]
25
26
27
28
29
30