Select Language

イベントカレンダー

1
Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~ 10:00
Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~ @ 国立民族学博物館 特別展示館
9月 1 @ 10:00 – 11月 23 @ 17:00
Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~ @ 国立民族学博物館 特別展示館
会  期 2022年9月1日(木)~11月23日(水・祝) 会  場 国立民族学博物館 特別展示館 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休 館 日 水曜日(※ただし、11月23日(水)は開館) 主  催 国立民族学博物館 後  援 朝日新聞社、NHK大阪放送局、京都新聞、国立国語研究所、産経新聞社、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社 観 覧 料 一般880円(600円)、大学生450円(250円)、高校生以下無料 ※本館展示もご覧になれます。 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程。 ※20名以上の学校団体(大学)については、国立民族学博物館展示割引観覧料相当額(大学生200円)でご覧になれます。 ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。 ▶ 詳しくはこちらから 展示概要 身近にありすぎてほとんど振り返ることのない「コトバ」をテーマに、言語学のみならず、文化人類学、工学系、教育系、脳科学、認知心理学等の50名を超える国内外の研究者が協力して、その不思議をお見せします!さらに展示の一部として、映像作家の山城大督がことばをイメージした作品を公開! Homō loquēns 「しゃべるヒト」 ことばの不思議を科学する 特設サイトはこちら 関連イベント[...]
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア 10:00
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
9月 8 @ 10:00 – 12月 13 @ 17:00
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
海の貝が象嵌されたニューギニアの舞踏用面(2022年小野撮影・標本番号H164885) 会 期 2022年9月8日(木)~ 2022年12月13日(火) 会 場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日 (ただし、11/23 は開館、翌24日は休館) 観覧料 一般580円、大学生250円、高校生以下無料 主 催 国立民族学博物館 協 力 国立科学博物館、沖縄県立博物館・美術館、沖縄県立埋蔵文化財センター、公益財団法人千里文化財団、NIHUグローバル地域研究プログラム「海域アジア・オセアニア研究」国立民族学博物館拠点 特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」 後 援 日本オセアニア学会、東南アジア考古学会、日本動物考古学会
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
いざ、ウルドゥー語入門(せめて文字だけは編) 14:30
いざ、ウルドゥー語入門(せめて文字だけは編) @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
10月 23 @ 14:30 – 15:15
いざ、ウルドゥー語入門(せめて文字だけは編) @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 特別展「Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~」関連 身の安全のためにも言語は大切だ パキスタンの国語であり、インドにも多くの話者が居るウルドゥー語。話せる人が2億人を超えるこの大言語ですが、どうしてなのか日本での知名度は今一つです。けれども語学を始めるのに遅過ぎるなんてことはありません。今日もその門扉は開かれています。 話者 吉岡乾(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室 日時 2022年10月23日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
24
25
26
27
28
29
30
「世界を見せる」から「世界観に触れる」へ ―― 誰のための点字考案200周年なのか 14:30
「世界を見せる」から「世界観に触れる」へ ―― 誰のための点字考案200周年なのか @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
10月 30 @ 14:30 – 15:15
「世界を見せる」から「世界観に触れる」へ ―― 誰のための点字考案200周年なのか @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう 特別展「Homō loquēns 「しゃべるヒト」~ことばの不思議を科学する~」関連 点字筆記具の変遷 (木製点字盤、点字タイプライター、点字電子手帳) 2024年は点字考案200周年に当たります。ルイ・ブライユは視覚障害者が自力で読み書きできる「さわる文字」として点字を考案しました。人類にとって触覚で情報を入手・伝達するとは、どんな意味があるのでしょうか。 点字から始まる「さわる文明」の可能性についてお話しします。 話者 広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室 日時 2022年10月30日(日)14:30~15:15(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
31