Select Language

イベントカレンダー

1
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア 10:00
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
9月 8 @ 10:00 – 12月 13 @ 17:00
海のくらしアート展――モノからみる東南アジアとオセアニア @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:6.1MB] 会 期 2022年9月8日(木)~ 12月13日(火) 会 場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日 ※ ただし、11月23日(水・祝) は開館、翌24日(木)は休館 観覧料 一般580円、大学生250円、高校生以下無料 主 催 国立民族学博物館 協 力 国立科学博物館、沖縄県立博物館・美術館、沖縄県立埋蔵文化財センター、公益財団法人千里文化財団、NIHUグローバル地域研究プログラム「海域アジア・オセアニア研究」国立民族学博物館拠点 特別協力 船の科学館「海の学び ミュージアムサポート」 後 援 日本オセアニア学会、東南アジア考古学会、日本動物考古学会 キャッチフレーズ モノからみる東南アジアとオセアニア 展示概要 東南アジアやオセアニアの海域世界には、海と密接に関わりながら、島や大陸の沿岸部にくらしてきた「海の民」とも呼べる人びとのくらしが営まれてきました。その長い歴史のなかで日常的に利用され、洗練されてきた様々なモノがあります。 「カニ筌漁師と筌と舟」フィリピン・セブ州マクタン島 2005年 辻貴志 撮影 「潜水メガネを使ったクモガイの採捕の様子」フィリピン・セブ州マクタン島 2005年 辻貴志 撮影 たとえば漁具は、島世界にくらす人びとの必需品ですが、そこには海や捕獲対象となる生き物たちと向かい合ってきた人類の知恵と工夫があふれています。舟は海上で人びとの命を守る最も大切なモノともなります。そのため海の民たちは舟や櫂に彫刻や彩色を施し、美しく装飾してきました。同時に舟は死者や霊を乗せ、この世とあの世をつなぐモノとなることもあります。 「木彫や装飾が美しい儀礼用櫂」(標本番号 H0168179、H0173470、H0138462、H0162458) 「クラカヌー用[...]
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30