Select Language

イベントカレンダー

1
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ 10:00
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
3月 10 @ 10:00 – 6月 7 @ 17:00
焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ @ 国立民族学博物館 本館企画展示場
チラシダウンロード[PDF:2.9MB] 会 期 2022年3月10日(木)~ 2022年6月7日(火) 会場 国立民族学博物館 本館企画展示場 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 休館日 水曜日(※ただし、5月4日[水]は開館、6日[金]は休館) 主 催 国立民族学博物館、五木村 協 力 人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「北東アジア地域研究」(国立民族学博物館拠点) 公益財団法人千里文化財団 後 援 熊本県 観覧料 一般580円(490円)、大学生250円(200円)、高校生以下無料 ※( )は、20名以上の団体料金、大学等の授業でご利用の方、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)。 ※大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程  ※障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。 ※大学生、一般の方は万博記念公園各ゲートで、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めください。同園内を無料で通行できます。 ※高校生以下、「国立民族学博物館友の会」会員の方は万博記念公園各ゲート有人窓口で、みんぱくへ行くことをお申し出いただき、通行証をお受け取りください。 ※万博記念公園をご利用になる場合は、同園入園料が必要です。 ※全国の主要コンビニで観覧券をお買い求めいただけます。  ▶ 詳しくはこちらから 展示概要 焼畑は人類の歴史とともに長い伝統を持ち、現在でも熱帯地域では欠かせない生業基盤のひとつになっている。しかし東南アジアなどでは森林破壊の原因のひとつと見られ負のイメージが強い。 一方で焼畑は、アワ、ヒエ、バナナ、サトイモ、アズキ、ソバ、カブなどが栽培されて、収穫後は畑地を森にもどす再生型の農耕であり、その間には狩猟や採集がおこなわれる。このため今日の日本では自然に優しい持続型農法として注目されている。 本展では、佐々木高明が熊本県五木(いつき)村で撮影した焼畑の写真や現地で使用されてきた道具をはじめとして、日本や世界の焼畑がどの地域でどのような環境のもとおこなわれてきたのか、各地域の焼畑の特徴はなにかを紹介する。また、五木村を中心とした世界の焼畑をとおして、人間と自然との共生のありかたについて考えてみる。 展示記録パノラマムービー 佐々木高明 SASAKI[...]
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 10:00
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
3月 17 @ 10:00 – 5月 31 @ 17:00
日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」 @ 国立民族学博物館 特別展示館
.hover1:hover { opacity: 0.6; } .cover01{ background-image: url("/assets/posts/ai1ec_event/29506/zuroku_c.jpg"); height: 100%; } .cover02:hover { opacity: 0; } チラシダウンロード[PDF:3.9MB] 会 期 2022年3月17日(木)~ 5月31日(火) 会 場 国立民族学博物館 特別展示館 開館時間 10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日 水曜日(※ただし、5月4日(水)は開館、6日(金)は休館) 主 催 国立民族学博物館 協 賛 在徳島モンゴル国名誉領事館 協 力 国際モンゴル学会、モンゴル科学アカデミー、モンゴル国立公文書館、チンギス・ハーン博物館、ボグド・ハーン宮殿博物館、ザナバザル美術館、HIS Mongolia、ロシア地理学教会、ロシア民族誌博物館、オーブルチェフ記念キャフタ地方伝承博物館、ロシア科学アカデミー・ピョートル大帝記念人類学民族学博物館(クンストカメラ)、ロシア科学アカデミー物質文化史研究所、アメリカ議会図書館、アメリカ自然史博物館、オスロ大学文化史博物館、ウプサラ大学図書館、フィンランド文化遺産庁、デンマーク国立博物館、フランス・オー・ド・セーヌ県立アルベール・カーン美術館、ポーランド科学アカデミー、国立大学法人鳥取大学 乾燥地研究センター、国立大学法人鳥取大学 国際乾燥地研究教育機構、総合地球環境学研究所、千里文化財団[...]
2
3
モンゴルのぼうしをつくってみよう 13:00
モンゴルのぼうしをつくってみよう @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)、特別展示場
5月 3 @ 13:00 – 5月 4 @ 15:40
モンゴルのぼうしをつくってみよう @ 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)、特別展示場
チラシダウンロード[PDF:4MB] 日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展 「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」関連 モンゴルの人びとにとって「ぼうし」はとても大切なものです。100 年前のモンゴルの人が身につけていたぼうしを展示場で観察したら、毛糸や画用紙でかざったオリジナルのモンゴルぼうしをつくりましょう。 開 催 日 5月3日(火・祝)、5月4日(水・祝) 時  間 13:00~15:40 会  場 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)、特別展示場 講  師 島村一平(国立民族学博物館准教授) 諏訪正和(美術家) 対  象 小学生以上(小学3年生以下は保護者同伴で参加のこと) 定  員 定員に達しましたので申込受付は終了いたしました。 各日 10名 参加方法 参加費300円(大学生・一般の参加者は要特別展観覧券) 事前申込制(先着順)  ・イベント予約サイトまたは往復はがきにて要事前申込。 ・1通につき2名まで申込可能。 応募期間 2022年4月5日(火)~ 定員に達し次第受付終了 (往復はがきは4月5日到着分から) 主  催 国立民族学博物館 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止する場合がございますのであらかじめご了承ください。 中止の場合はホームページにてお知らせする他、お申込の方へは個別でご連絡いたします。 講師[...]
4
5
6
休館日
休館日
5月 6 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
7
8
マヤの焼畑 ―― 儀礼と世界観 14:30
マヤの焼畑 ―― 儀礼と世界観 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
5月 8 @ 14:30 – 15:00
マヤの焼畑 ―― 儀礼と世界観 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう トウモロコシの収穫を感謝する儀礼 企画展「焼畑 ―― 佐々木高明の見た五木村、そして世界へ」関連 メキシコから中米地域にかけて居住するマヤ民族は、古代マヤ文明の時代から現代まで、主食のトウモロコシを栽培するために焼畑を続けてきました。焼畑での農作業に関連してマヤの人びとがおこなう雨乞いや収穫の儀礼と、その背景にある世界観についてお話しします。 話者 鈴木紀(国立民族学博物館教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年5月8日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
9
10
11
休館日
休館日
5月 11 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
12
13
14
15
16
17
18
休館日
休館日
5月 18 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
19
20
21
ドキュメンタリー写真家B.インジナーシが見た現代モンゴル 13:30
ドキュメンタリー写真家B.インジナーシが見た現代モンゴル @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
5月 21 @ 13:30 – 15:00
ドキュメンタリー写真家B.インジナーシが見た現代モンゴル @ 国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) / オンライン(ライブ配信)
みんぱくゼミナール 身長測定(B.インジナーシ撮影ⒸInjinaash,Bor、2016年) 日本・モンゴル外交関係樹立50周年記念特別展「邂逅する写真たち――モンゴルの100年前と今」関連 本ゼミナールではモンゴル人ドキュメンタリー写真家B.インジナーシと研究者たちとの座談会をおこないます。写真で自己表象することの意味や他者表象との違いなどを考えます。 講師 B.インジナーシ(写真家) 港千尋(写真家、多摩美術大学教授) 川瀬慈(国立民族学博物館准教授) 島村一平(国立民族学博物館准教授) 聴講方法 ①国立民族学博物館 みんぱくインテリジェントホール(講堂) ②オンライン(ライブ配信) 日時 2022年5月21日(土)13:30~15:00(13:00開場) 定員 ①会場参加 200名 ②オンライン(ライブ配信) 300名 申込方法は下記をご覧ください。 いずれも事前申込先着順です。 参加費 無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です) 助成 公益財団法人 三島海雲記念財団 申込方法 ※手話通訳を希望される方は、2022年4月29日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。 イベント予約サイトからのお申込み 期間:2022年4月18日(月)10:00 ~ 2022年5月18日(水)17:00まで 定員になり次第受付終了します。 会場参加については本人を含む2名までお申し込みできます。 イベント予約サイトへ移動 当日参加申込(会場参加のみ定員40名)[...]
22
特別研究 第7回オンライン研究会 Performing Arts and Conviviality 10:00
特別研究 第7回オンライン研究会 Performing Arts and Conviviality @ オンライン開催
5月 22 @ 10:00 – 12:00
特別研究 第7回オンライン研究会 Performing Arts and Conviviality @ オンライン開催
特別研究「パフォーミング・アーツと積極的共生」関連 日時 2022年5月22日(日)10:00 – 12:00 場所 オンライン開催 使用言語 英語 対象者 一般公開(参加無料/要事前申込/定員50名) 参加申込 登録フォーム (5月20日締切) 問い合わせ E-mail:fken●minpaku.ac.jp ※●を@に置き換えてご送信ください。 Program Conviviality through “Hip-Hop Edutainment” in Cameroon: The Power of Entertainment and Education by Hip Hop Musicians for[...]
23
24
25
休館日
休館日
5月 25 終日
団体でのご利用に関してはこちら 開館時間および休館日 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:毎週水曜日(※ただし、水曜日が祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始(12月28日~1月4日) 気象警報に伴う休館について 大阪市または北大阪地域に「暴風警報」が発令されるか、自然文化園が休園となった場合は休館になる場合があります。また、当日開催を予定しております各種イベントにつきましても、中止になる場合がありますので、あわせてお問い合わせください。 電話:06-6876-2151(代表)
26
27
28
29
メディア化されたイスラームと知識人 14:30
メディア化されたイスラームと知識人 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
5月 29 @ 14:30 – 15:00
メディア化されたイスラームと知識人 @ 国立民族学博物館 本館2階 第5セミナー室
みんぱくウィークエンド・サロン――研究者と話そう ブックフェアの宗教書コーナー(カイロ、2008年) 預言者ムハンマドは「知識を求めよ、果ては中国までも」と言いました。仏教やキリスト教と違い、イスラームには教会や聖職者が存在しません。信徒はどのように学んでいるのでしょうか?宗教がメディア化された今日における知識人の役割を探求します。 話者 相島葉月(国立民族学博物館准教授) 場所 国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F) 日時 2022年5月29日(日)14:30~15:00(14:00開場) 定員 42名[先着順/申込不要] ※当日14:00より本館2階セミナー室前にて整理券を配布します。  また、定員になり次第受付終了します。 参加費 無料(ただし、展示観覧券が必要です。) お問い合わせ 国立民族学博物館 企画課 博物館事業係06-6878-8210(土日祝を除く9:00~17:00)
30
31