国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

催し物のご案内

催し物は7月より、随時再開しています。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、催し物ごとに会場、定員、申し込み方法などが異なります。詳しくは、各催し物のご案内ページでご確認ください。
なお、「要事前申込」の催し物については、イベント予約サイトよりお申し込みください。

ご入館にあたって

新型コロナウイルス感染症対策としてご来館の皆様には次のことをお願いしております。
以下に該当するお客様は入館をお断りしております。
 ※ 入館時の検温で37.5℃以上の発熱がある方
 ※ 体調がすぐれない方
 ※ 過去14日以内に発熱や風邪の症状等で受診や服薬等をした方
 ※ 入国制限のある地域や国への渡航歴が14日以内にある方

 

 ・ お客様には、マスクの常時着用をお願いします。
  (体質等でマスクを着用できない方は、スタッフまでお申し出ください)
 ・ 他のお客様と2メートル程度を目安に、十分な間隔を保ってください。
 ・ 館内の混雑を緩和するため、やむを得ず入場制限をおこなう場合があります。
 ・ 飛沫感染防止のため、大きな声での会話はお控えください。
 ・ こまめな手洗い、手の消毒にご協力をお願いします。
 ・ 館内で激しく咳込まれるなど、風邪のような症状のある方にはスタッフがお声がけし、
   ご退出をお願いする場合があります。
 ・ 館内で体調が悪くなられた場合は、お近くのスタッフまでお申し出ください。

 
 

◆ みんぱくでは、世界の諸民族についての理解と認識を深めてもらうために、研究成果を社会一般に向けて親しみやすく公開するみんぱくゼミナールや研究公演を実施しています。

◆ 講堂は新型コロナウイルス感染症防止のため、前後左右に1席ずつ間隔をあけて、ご利用いただきます。そのため、座席は112席となります。また、講堂内でのお客様同士の会話は最小限にとどめていただきますようお願いいたします。

 

開催予定スケジュール

アイコン
出稼ぎ先は「小さな国連」――国際貿易都市・浙江省義烏市に暮らすムスリムたち
  • 日時:2020年8月15日(土)13:30~15:00(13:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 講堂
  • 講師:奈良雅史(国立民族学博物館准教授)
  • 一般公開(参加無料/要事前申込/定員112名)
出稼ぎ先は「小さな国連」――国際貿易都市・浙江省義烏市に暮らすムスリムたち
アイコン
オンライン展示の条件――民族誌資料、著作権、公開適正化
  • 日時:2020年8月23日(日)14:30~15:00(14:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
  • 話者:伊藤敦規(国立民族学博物館准教授)
  • 定員:42名[先着順/申込不要]
オンライン展示の条件――民族誌資料、著作権、公開適正化
アイコン
コーヒーと西アジア、そして日本
  • 日時:2020年8月30日(日)14:30~15:00(14:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
  • 話者:菅瀬晶子(国立民族学博物館准教授)
  • 定員:42名[先着順/申込不要]
コーヒーと西アジア、そして日本
アイコン
判決、ふたつの希望
  • 日 時:2020年9月12日(土)13:30~16:30(開場13:00)
  • 場 所:国立民族学博物館 講堂
  • 参加無料(要展示観覧券)/要事前申込/定員112名
判決、ふたつの希望
アイコン
デジタル技術でみる「梅棹忠夫アーカイブズ」
  • 日時:2020年9月13日(日)14:30~15:00(14:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
  • 話者:丸川雄三(国立民族学博物館准教授)
  • 定員:42名[先着順/申込不要/要展示観覧券]
デジタル技術でみる「梅棹忠夫アーカイブズ」
アイコン
現代に活かす「知的生産の技術」
  • 日時:2020年9月27日(日)14:30~15:00(14:00開場)
  • 場所:国立民族学博物館 第5セミナー室(本館2F)
  • 話者:飯田卓(国立民族学博物館教授)
  • 定員:42名[先着順/申込不要/要展示観覧券]
現代に活かす「知的生産の技術」