国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

みんぱくゼミナール

2020年8月15日(土)
出稼ぎ先は「小さな国連」――国際貿易都市・浙江省義烏市に暮らすムスリムたち

金曜礼拝後の義烏モスク

中国内外から多くのムスリムが集まる「世界最大の卸売市場」といわれる浙江省義烏市。そこに暮らすさまざまな出自を持つムスリムたちがどのようなコミュニティを築いてきたのかを考えます。

 

○ 講師
奈良雅史(国立民族学博物館准教授)

○ 場所
国立民族学博物館 講堂

○ 日時
2020年8月15日(土)13:30~15:00(13:00開場)

○ 定員
112名(要事前申込)
申込方法は下記をご覧ください。

○ 参加費
無料(展示をご覧になる方は展示観覧券が必要です)

 

申込方法

※手話通訳を希望される方は、7月31日(金)までにお申し込みいただき、その旨をお知らせください。

オンライン予約(定員74名)

期間:7月27日(月) ~ 8月13日(木)
本人を含む2名まで。定員になり次第受付終了します。

当日参加申込(定員38名)

11:00 から本館2階講堂前にて受け付けます。

 

お問い合わせ

国立民族学博物館 企画課 博物館事業係 イベント予約担当
E-mail:yoyaku-event@minpaku.ac.jp